Banggoodという海外のショッピングサイトについて


#1

Banggoodという海外のショッピングサイトがあるようです。

某仕入れサイトと価格が変わらず、1個単位で購入でき送料も無料でした…。
(品切れは多かったですが)
中国輸入をしてAmazonで販売している商品は、
今後厳しくなるのでしょうか?


#2

>Banggoodという海外のショッピングサイトがあるようです。
>某仕入れサイトと価格が変わらず、1個単位で購入でき送料も無料でした…。
誰でも購入できるサイトで「仕入れ」・誰でも一点から同価格で購入可。
小遣い稼ぎ程度なら「商品選択の勘」で出来るかもしれませんが、
結果は考えればわかる事ではないですか? いわゆる背取りと同じですよね。
しかし「仕入れ」には「商品の安全性」は必須です。疑似品や不良品を掴むわけに参りません。

ご指摘のサイトで購入してからAmazonに出品、そして購入までどの程度の日数が必要でしょう?
お客様に届いた時点で「不良」と分かった時点では、既に遅いのでは?
返品規定はAmazonほど緩くはないですよね。

通常、当方が中国製品を扱う場合は必ず商社を通します。
商社は必ず「不良率歩留まり」を考慮して、商品を購入します。
当方は「不良返品」の安心を確保して購入します。
この契約時点で、他社販売可・他社販売不可・中国生産から全て他社販売不可等の条件で
価格・購入ロットが変わります。

そもそも「売れる商品」なら、ご指摘のサイトよりもっと根っこのところで購入する所が
販売している又は販売するでしょう。誰でも同じ価格で購入では・・・・・・
(弱肉強食の理論です)

それでなくとも昨年後半よりAmazonが中国のマケプレ出品者や中国のベンダー(amazon.co.jp販売・発送)等が急増しています。(当店の競合商品でも中国の疑似粗悪品がamazon.co.jp販売で出だしています)
これはAmazonが自社の営業部門の活動として積極的に動いています。
ご注意下さい。


#3

私も輸入品を扱っていますが、海外サイトよりも
中国の製造者が直接amazonで売り始める事の方が脅威です。
発送も日本の倉庫FBAを使い、同じように見える品を「安かろう悪かろう」で売りまくってくる。

海外のショッピングサイトは購入者から 安物買いの銭失い と信用され難い。
支払いのカード情報をペイパルに入力する事すら不安に感じる購入者が多いと思う。
個人消費でMILANOOで購入したが、
配送が遅いのは覚悟していたけど・・・・関税取られた。

円安も進みそうだし、利益率は下がる一方・・・・
薄利多売を狙うと、売れ残りのリスクも高くなる。
amazon以外の販売場所も作っていかないと・・・キビシイ事は間違い無い。


#4

あのー、失礼ですが、Banggoodってどこの国の通販サイトですか?
BanggoodよりもAliExpressのほうが敵だと思います。


#5

ご回答ありがとうございます。
海外のショッピングサイトに抵抗がある方が多いのですね。

薄利多売が売れ残りのリスクがあるとは…。
勉強になります。


#6

Amazonは固定客がいるのですね。
今後のAmazon離れは心配との事ですが、
Banggoodは敵ではないとの事で大変安心致しました。

とても参考になるご意見ありがとうございます。


#7

ご回答ありがとうございます。
言葉足らずですみません。

Amazonの相場より、Banggoodが安いのです。
お客さんがBanggoodに流れていかないでしょうか?


#8

>Amazonの相場より、Banggoodが安いのです。
Yahoo! でも楽天でもAmazonより商品が安いのは普通であり、数多くあります。
Amazonの初めである書籍・CD・DVD等でも他サイトの方が安いではないですか?
(一部Amazonが安い商材はあります)

Amazonが支持されるのは、早い・返品期間が長い・信頼(私は疑問がありますが)であり、
数多くのネット通販登録していない年齢層のお客様(高齢層)の指示が高いのでは?
この層や女性は一ヶ所にカード情報を含む個人情報を登録すると、他サイトに登録するのを嫌がります。
特にAmazonは何でも揃うと言う事も含め、これらの顧客はかなりおられると思います。

現に私個人の家族(特に女性陣)はAmazonに登録したからと言う理由で、
他サイトは安くとも見向きもしませんでした。
(Amazonの倉庫の梱包の酷さなどで、今は他サイトに変わりましたが)
しかしオークションや携帯フリマ等は今も全く信用しません。

したがってAmazonの特異性で、検索上位になると値上げをしても(目立たない程度の価格なら)
売上は落ちない、つまり他サイトより高くとも売れている事実があります。
独自の商品を販売(相乗り者がいない)している当店では、Amazonは最も高額です。
(経費が最も高額ですので当然ですが)
それでも、それなりに売れ続けています。

この事から考えても今は大丈夫と思いますが、Amazonは返品ポリシーと速さ重視で
顧客の囲い込み作戦に後れを取っていますし、
真の意味でのCS(customer satisfaction)に劣る会社ですので、
ネット通販中心の世代になれば、今のシェア獲得はは無理と思います。
(現実にAmazon離れは始まっていると見ています)

しかし乍ら、
>Banggoodに流れていかないでしょうか?
これは考えられないと思います。
拝見しましたが、何一つ信頼出来る要素は無く、日本市場向きとは思えません。
因みに当店の主力カテゴリーは『でたらめな粗悪品』が殆どでした。
このカテゴリーでは、一度購入するだけで二度と買わないと思います。


#9

別に流れてもいいのではないでしょうか?
競争原理が働けばアマゾンも手数料下げようとかなるかも知れないですし。笑

それを心配するのは時間の無駄だと思いますよ。


#10

①配送が遅いため、納期確保できない
②品切れが多い
③模造品の比率が高い
④不具合の場合、クレームを訴えても対応してくれない


closed #11