納品分全量「販売店による破損」となった原因は何が考えられますか?


#1

食品の納品でメーカー様のケース単位で毎週のペースで納品している商品がございますが
件名の通りで、1回の納品分全てが「販売店による破損」で販売不可になっております。
ヤマト曰く全量破損レベル(そうなると恐らくは梱包にも破損が見られると思われる)だと
FC納品でも引き渡しはしないそうなので、なにが原因として考えられるでしょうか?
あと、最近はFCでの在庫調査に10日とか普通ですか?
同じようなケースをご経験の方、御教示くださいませ。
よろしくお願いいたします。


#2

全くの憶測ですけど、倉庫側の受け入れ基準が変わったとかですかね。

どんなパッケージですか?それによったら厳しいチェック係が見たら
食品にふさわしくない包装とかで破損扱いになったりするかも。


#3

サポートを通して聴けば、もう少し詳しい内容教えてくれることもあります
当方では過去に1か月くらい調査かかったこともあります
(そういうのが嫌でFBA卒業しましたが)


#4

箱詰めされたお菓子ですね。
例えるなら「白い恋人」「東京ばな奈」のような物です。

何も変わっていないのですが、急に基準が変わって包装紙が紙だとダメとか
なにかなったのでしょうか。だとしても相乗りの方々は追加納品を継続的に
されておりますので疑問ですね。


#5

今朝、ようやく3日ぶりに返事がありましたが結局同じような文面です。

=============== 以下引用(一部伏字等を行っております) ===============

大変長らくお待たせしております。

お問い合わせいただきました、ASIN:0000000000についてご案内いたします。

恐れ入りますが、上記ASINが販売不可在庫に計上されている理由につきましては、現在、社内チームと協力して、出品者様のケースの解決に向けて取り組んでいます。
出品者様が早急な対応を希望されている事は担当部署に対して報告を行っております。

詳細が分かり次第、Amazonからご連絡させていただきますので誠に恐れ入りますが、今しばらくお待ちいただきたく存じます。

今後とも、Amazon.co.jpをよろしくお願いいたします。

========================================

だそうです。10日経ってもFCとの連携ができていない印象です。

もうFCは大変な状況なのかもしれませんね。
人手不足とか。

Yahoo!のヤマトフルフィルメント使ってますが
CSVの仕様が酷過ぎる以外は、概ね満足しております。

楽天出店さんに聞けばRSLが急速に良くなっているようで
マルチはFBA辞めてRSLに切り替えたそうです。というか最近個人的な買い物でも
Yahoo!やポイント消化でその他モールで購入した時にRSLで届く事増えました。
ウチで調達している梱包資材屋さん2社も昨年からFBA辞めてRSLで届くようになりました。

大手さんがそんな動きをしているのを見ると、FBAは厳しい印象です。
このままDS増やしてフレックス地域が増えていく中でも運賃はRSLや
ヤマトフルフィルメントより高いままではカート優位以外はマルチに限らず
FBAのメリットがあまりないんじゃないかと思えてきました。

妄想ですけど、ベゾスさんがCEOから退いてちょっと購入者としても出品者としても
amazonに「んんんんんっ??amazon大丈夫か?」と思う事が増えた気がします。


#6

私は数日前、A、Bバージョン違いで2個づつ合計、4納品したのですが、Bのみ在庫4 Aは在庫切れとなったままでしたので、チャットで内容と伝えた所、配送業者のミス、または本当にいれていますか?と言われました。同じ箱に入っていた別の物は普通にカウントされているのに、配送業者は関係ないですよね。と突っ込んだ所、調査して対応します。と言われた二日後、販売店による破損2となっており、Bの在庫は2に減っていました。どういうことなのか?理解に苦しみます。
同日納品している、別の商品2種類2個もカウントされず、・・・初心者で、うまく利益商品に出会えずかなりの薄利・または赤字で回している身としてはかなりの損失です。勉強代とは思っても、納品するのは不安に思えてきているのが現状です。都合が悪くなると、販売店の破損で終わらせようとするんでしょうかね?


#7

「販売店による破損」となっているのに10日も理由がわからないなんてちょっと異常ですね。
なにか倉庫でトラブルがあったような気配を感じます。


#8

うちも100%カートが取れるオリジナル商品に限っては、
FBAからRSLにフルフィルメントを移してます。
多少売上が落ちたり手間がかっても2個以上売れた場合の手数料が
天と地ほどの差が出てくるので十分利益が出ます。

FBAは出品者へのサービスから利益を得る倉庫業に代わりつつある
気がします。昔はほんとに出品者に優しいサービスだったんだけどなぁ。


#9

楽天物流で一度失敗していますからね。
弊社関連でも切り替えたところがありますが、100サイズまでならピックアップから発送まで1pcs470円ぐらいなので、RSLでamazonの購入者に配送することもできる価格になりましたね。
弊社のその食品はFBAをやめてRSLを使うことを検討中。

FBAでマルチチャネルを使うときに発生するストレスで大きいのは、発送のタイミングだと思いますが、FBAはマルチチャネルはベストエフォートで後回し、RSLは楽天向けもamazonなどほかのモールも当日15時で翌日お届け。

あとは、
運送会社
amazon:ヤマトもあるが悪名高い運送会社に当たる可能性がある
楽天:基本的に日本郵便

梱包
amazon:今回のトピックのように、FCとタイミングによって、突然「これまでの梱包ではだめ」といわれる可能性がある。
弊社も数年販売していたガラス瓶入りの食品がある日突然「エアキャップで梱包が必要」とか言われて、エアキャップとラベルで1個当たり合計51円?払わされるようになった。

楽天:今回のトピ主さんの商品も弊社のガラス瓶も、楽天+日本郵便では多分OK。
倉庫の数が少ないので、今現在は倉庫内業務の品質は安定している。

OKであれば、その分だけでもRSLに切り替えるメリット大。

最近流山方面にうちのボスが良くいくらしいが、倉庫街の送迎バスを待っている人を見ても、楽天の流山倉庫とamazonの流山倉庫とスタッフの質に差があるんじゃないかと。
5chにamazon流山スレッドがあるらしいが、倉庫内業務の管理を悪名高いファイズ(デリバリプロバイダやめて庫内業務やっている?)がやっているらしい。

人を募集しても倉庫に送っても、バイトの仕事の質の管理は、、、
弊社は流山に納品することのないように毎回祈りをささげています。


#10

いえいえ
10日で対応できないことも
多々ありました

また、FBAの場合倉庫による、対応の違い
ひどいときは、倉庫のユニット(班)によっても、時間とか対応が違います
その辺も考慮する必要があります

私が最盛期には、特に年末分とかは
1か月以上前に別々の倉庫に入れたものです
今でしたら、情報作成時に出てくる倉庫を選ぶため
何回もやり直しが必要なのかな?
ともかく、どこそこの倉庫は、入庫迄時間がかかるとか、対応がひどいとか
色々聞いて、それらの倉庫を避けていたことはありました


#11

同じ箱の中に入っていて、当初はカウントされず後に販売店による破損。
なんだかなぁと思いますね。
理由ぐらいは知りたいですね。破損だとしてその時点では打ち込みなどもしないのでしょうかね。

このような事が無いように願いたいです。


#12

そのトラブルが何か等入力したりしないのですね。
以前は破損等で調査依頼すると、テクニカルサポートでも「受領時の破損」
「運送時の破損」といったデータが見られるようで、その点だけでも早い段階で
回答があり、翌日か翌々日にはFCから詳細理由と状態の画像が送られてきました。

今は破損の場合、別のレーンに流すだけで終了なのかもしれませんね。

昔は酷かった印象ですけど、今は早い安いようですね。
amazon主軸でないならFBAよりRSLやヤマトフルフィルメントで良い気がします。

昔は高品質な印象でしたね。
フルフィルメントサービスの早い、安いの代名詞ぐらいに思えました。


#13

安いですね。
マルチでもその価格帯なら楽天の営業さんが「RSL目当てに出店するお店さんもありますよ」
は嘘ではないですね。(当方楽天には出店しておりません。)

それでいて

コレです。
私はYahoo!のヤマトフルフィルメントですが、こちらは100%ヤマトです。
郵政やヤマトは配達力が違います。あの家はいつ頃不在とか把握していますし
返送される事が殆ど無い。

RSLが15時締切は驚異ですね。
ヤマトフルフィルメントは12時締切なので正午ギリの注文は翌日発送になります。
それでもFBAマルチのよりは良い印象ですが。

突然、正式なリリースも無くってのも考えると怖いですね。
それで全量廃棄とか。
私もガラス瓶の食品を納品しておりますが、私もエアキャップ請求が起きる可能性ありますね。
つまり、私はスルーされて受領されているという事は、この点でもamazonFCで
コンセンサスが取れていないという事ですね。

FCの業務をファイズがやってるんですか!?
・・・oh…。

昨晩、事務所閉めたのが深夜で、仕方なくドンキに買い物に行った際に
テレビ売り場で番組名はわかりませんが「なぜamazonは配達が早いのか?」
みたいなテロップで特集していました。1-2分しか見ていませんが
色々改善しているみたいな事を言って、社員食堂では箸でアンケート取る事で
合理的かつ意見を集められる(的な事)言ってましたが
「何言ってんだ?」と冷めた目でチラ視しましたが、今のamazonは
大企業にありがちなズレを感じますね。

社食の箸の返却時なんて周囲に人が居て誰が見てるかもわからんのに
「1(悪い)」に箸入れる人はあまり居ない…。
私の勤めてた会社もですが、メディア用ってのはサラリーマン経験者ならわかる。
「明日テレビ、ラジオが取材来るからバックヤード片付けておけよ!」のあの風景を思い出す。
脱線失礼。

そこだけですかね?
なんか1か所だけとは思えなくなってきました。


#14

ひぇぇ
酷いですね。
機能テレビでamazon絶賛するような番組やってましたが
(買い物中1-2分チラ見しただけですが)
配送速度や業務の効率化とか色々言っていたようですが
どこが?と思えてきました。

10日以上放置されてますよー!とSNSでテレビのリアルタイムで言いたいぐらいです。
SNSやってませんけど(笑)

DBO様のコメントを見ても思いますが、その感じはありそうですね。
ダメじゃん。どこが効率的なんだ。

ここまで来るとそういった外部サイトが出来そうですね。
FCの評価投稿できたり、テクニカルサポートの評価出来たり
正にamazon自体に星付き評価できるとか。
「今はどこどこFCは辞めたほうが良い」とか。

あ、突如そんなサイトが開設されても私ではありません。(笑)


#15

弊社の場合、KIX方面も鬼門ですが、そこもファイズが入っていましたね。

エアキャップの要求はたまたま納品先がKIXのひとつで、破損させた上に、納品した30個入りの箱15箱のうち、56個が納品不備(エアキャップ必要)で戻ってきました。

タイミングとしてはヤマトパートナーキャリアの無料枠を試しに使って納品した時ですので、
ヤマトパートナーキャリアの配送品質が弊社の契約する通常価格のものと違っているのではという疑問もわきました。

バイト求人サイトで「amazon」と入れて検索すると、全国のFCの求人がゾロゾロと出てきますが、
受領も発送もFCの質は現場の庫内作業スタッフですからね。
amazonは手荷物のチェックが厳しいので、作業中に破損させる以外のモノの紛失は少なそうです。

いま外部リンクがNGなので紹介できませんが、求人サイトの口コミもありますし、元2chの5chにはamazonFCのネガティブな情報が満載です。

建物:大手ゼネコン →問題無し
システム:amaon →問題無し
庫内業務管理:ファイズなど外注
配送:宅配便会社

ま、ここまでamazonのロジの評価を落としたのは、どういうわけか過去に何の実績も無いのにある突然デリバリプロバイダ業をはじめ、そっちをクビになった会社が、これもどういうわけか実績のない庫内業務を請け負っているからじゃないかな。
創業者はD通ワンダーマンダイレクトで、英語圏ではマーケティングで評価されている会社なので、amazonの上の人がそこで、、、

「英語」で評価するのは牛肉だけにして欲しい。


#16

回答が来ました。

「結論よりお伝えいたしますと、販売不可在庫に商品が計上されている原因といたしましては、商品にラベルが添付されていないことにより販売不可となっている事が確認できました事をご報告させていただきます。」

だそうです。
JAN商品で、今までJANでというか日を1日ずらして別FCに納品した分を含めて
今まで受領されてきたのにラベルが貼っていないので受領出来ないと。
その上JANを貼る手数料を千円程請求された上に販売不可のまま
賞味期限切れで廃棄という有様です。

まさにKIX1(堺)です。
もうKIX出たら納品削除して辞めます。
元々KIXだと絶対値で売れませんしね。

ヤマトの場合ベースでの仕分けで区別はないと思います。
分けるほうが手間ですし。
特に今は多くの地域でベースは自動ラインになっています。
ただ、地域によっては今でもシューターで手仕分けしていて
外国の労働者が多い故に「なんだこの伝票は」となる可能性は少しありますが。

昔、コミュニケーションが苦手な友人が、あるテレビショッピングの倉庫で
バイトをしていたそうですが、短期間バイトとか大量募集系の倉庫だと
現地社員でさえ非常に杜撰だとは言っていました。
特に布団とかの場合、どうせ破損はしないぐらいに靴のまま商品を踏んで
高い位置の商品を取ったりしていたとか。

バンドやってて髪の都合で倉庫やイベント設営バイトしか出来ない友人も
同じく「基本大量募集バイトってなんの教育もないしな」とアレやコレや
内情聞いて驚きました。

ま、私も運送会社のベース支店で契約社員で働いていましたが
中元歳暮の時期は「うわぁ」なんて思う事多数でしたし
「大量募集」「誰でも簡単」「常に募集」はどうかと思います。

私の最寄りに現在DCの建設が進んでいます。
(施主はamazonではなく倉庫会社)
そこで正社員募集とアルバイト募集やっていますが
地元で「amazon3Kでしょ?こんな地方で人が集まるんかね?」と。
ただ、ヤマトのベースが同時期に新設されて、今まで手仕分けで働いていて
ベトナムを中心としtアジア系の労働者さん方が行先を失うので
amazonに流れる可能性はありますが。

昔はamazonFCって花形に思われたんですけどね。
ある出品者さんが派遣会社のコーディネーターやってて
今は無き某FCの担当だったそうですが、昔は楽なバイトだったそうです。
黙々とハンディターミナル見ながらカートでピックしていくだけとか
ひたすら流す、ひたすら箱を閉めるとかだったそうです。

ところがアメリカのみならず、日本のルポライターの内部潜入書籍等があるように
最近はネガティブな話も見かけます。

私が運送会社のベース仕分けをしていた時に「あそこは3K。しかも肉体労働」と言われましたが
私は華奢でしたが、全然余裕でした。寧ろ楽しかったです。気が付けば4時間過ぎていて終わり。
機械的に流れてくる荷物の「11-11?4番バース」とか分けていくだけでした。

なので、amazonの倉庫もネガティブ情報がどのようなものか実際はわかりません。
人数が増えれば不平不満を言う人は出てきますし。
ですが、火のない所に煙は立たぬでもありますしね(笑)

安けりゃ何でもよい
数字上問題なければ良い

でamazonが判断しているならばこれからトラブルは増えるでしょうね。
例えばamazon直営なら倉庫担当者がうっかり手を滑らせて破損させたとして
「出品者様の納品商品をamazonが破損しました。補填します」となるでしょうけれど
外注だと倉庫担当の統括責任者が「自分達が破損させたとなるとamazonから
ペナルティ喰らうかもしれんから、出品者の納品時点で破損していたと処理してしまえ」
という事も起きかねません。

杜撰な体制で、バイトの訓練もせず大量募集大量離職でやっつけ業務で
様々な数値で契約更新の管理をされていれば、事故が起きた時にどうなるか。
可能性の話でしかありませんが「嘘をつく」人は一定数出てきますしね。

いくつかのデリバリープロバイダが切られた時
「苦情や破損件数が多いので契約解除した」とメディアにも書かれていました。
そのような体制であればどうなるか。お話のとおりFCが外注でその外注先が
かつて事情があって契約解除された事業者であった場合どうか。
更に言えば業務経験の浅い会社であった場合どうなるか。

FBAの先が不安になります。


#17

この話は他のセラーさんがどこまで興味があるかわからないので
fromkixさんにPBをするような話かもしれませんが、、、

販売店による破損」の問題ですが、
同じ梱包、同じ配送方法で送っていても、ある日突然「梱包に問題がある」とか言われたのだと思います。
fromkixは全量、弊社の場合は全量の中の特定の個数。

それまで何回も納品していて問題が無かったものが、ある日突然問題ありと言われる。
多分、その納品物を受領したFCで事故が起き、庫内業務を行っていたファイズなどの会社がレポートとして
「梱包形態に問題あり。この梱包方法では今後さらに破損などの問題が起こりうる。」
と自社の庫内作業の品質には言及せず、セラー側の問題に転嫁しているような気がします。

いま現在FCは27か所だったかな?
一番レベルの低いところに合わせるというか、他で問題が出なくても、庫内業務の作業品質の最も低いところにレベルが合わされてしまいます。
まさに「悪貨が良貨を駆逐する
そして「エアキャップ」が必要です、ラベル貼り作業が必要ですと、エキストラコストを求められる。

パートナーキャリアの配送との区別は何か問題が起きた時の報告相手。
配送ビジネスとしての契約相手。
セラーが自社の契約で配送会社を使う場合の違い、このトピのように「販売店による破損」と言われたなら、以前ならばセラーが配送会社に連絡し、破損した分は保険が効かないかなどと配送会社の補填を要求したりしました。
ただ、amazonが巨人になり、ヤマト、佐川などとの取引量が拡大するにしたがって,amazonへの納品時のトラブルについては「amazonが納品途中で破損したと言っているぞ」と配送会社に伝えても「amazonがそう言ってますか、、、」配送会社もamazonと事の真偽で戦いたくないという姿勢になってきたような気がします。
そして「パートナーキャリア」「マケプレ配送」は契約主体はamazon。
もし配送中にトラブルがあったとしても、セラーではなくamazonに連絡が行く。
交通事故の示談交渉じゃないが、配送会社も何か問題が起きても発送元のセラーとやり取りしなくてもよいというのは楽だろうし、全ての事故の原因がセラーの梱包形態に集約されてしまう可能性もと、というか事故率高すぎるのはそのせいじゃないかと。

さて、ASIN単位で今後「エアキャップが必要」とか言われてしまった場合どうやって対処するか?
fromkixさんへのレスで先に楽天の物流コストを書いたが、楽天のRSLとamazonのFBAは倉庫の保管料の計算がちょっと異なります。

100サイズまでならピックアップから発送まで1pcs470円ぐらいなので

RSLは1000cm3の1pcsが月7.5円とpcs単位なので、460円に7.5円で470円と書きました。
以下にRSLの楽天向け、RSLマルチ(楽天以外への配送)、FBA、FBAマルチ(amazon以外への配送)の価格の比較を書きましたが、80サイズから160サイズまでならRSLといい勝負になってきました。

メール便
…………RSL…230円………RSLマルチ…230円………FBA…257円………FBAマルチ…586円
60サイズ
…………RSL…460円………RSLマルチ…460円………FBA…404円………FBAマルチ…713円
80サイズ
…………RSL…460円………RSLマルチ…460円………FBA…427円………FBAマルチ…738円
100サイズ
…………RSL…460円………RSLマルチ…460円………FBA…499円………FBAマルチ…789円
120サイズ
…………RSL…600円………RSLマルチ…600円………FBA…905円………FBAマルチ1,019円
140サイズ
…………RSL1,020円………RSLマルチ1,020円………FBA…957円………FBAマルチ1,069円
160サイズ
…………RSL1,020円………RSLマルチ1,020円………FBA1,001円………FBAマルチ1,1200円
180サイズ以上
…………RSLは非対応

こうなると、もうFBAを使っていて、次からはASIN単位で「エアキャップが必要」とか「ラベル貼りが必要」とか、1pcs数十円の追加コストがかかってくるようだと、すぐにRSLに連絡をして「この商品、この梱包形態で受けてもらえますか?」と確認し、請けてもらえるのであればその追加コスト分が前述の料金表でFBAに料金にそのコストをのせたものと考えて検討すればよいのではないかな。

さて、弊社は結構真面目に商品ごとのRSLへの移行を考えています。

エアキャップ梱包を求められた商品など60サイズでもRSL460円vsFBA455円(404円+51円)とマルチも考えたら、もうすぐにでもRSLに切り替えた方が良いのだが、何が躊躇させるか?

RSLは利用するには、ツールとしてハングリードのBOSSというシステムを使用しなければいけない。
楽天系はどこもかしこも「システム」に関しては弱くて、「タコなシステム」のモノが多いのですが、この楽天の資本が入っているハングリードのBOSSを使うということは海底で巨大なタコに遭遇したようなもので、毎日の業務の中で危険と隣り合わせになるのではないかと懸念します。
弊社としては必ず生きて生還することができないとどうにも踏み切れません。
楽天がAPIを公開して、自社製とか他のシステムをつないでも良いのであれば、直ぐにでも切り替えるのですが、、、


#18

返信が遅くなり申し訳ありません。

正にご指摘の通りでございます。

思うにこれも疑いたくなるような状況です。

返送指示をした商品が先程着荷しました。
全くなんの破損もしておらず全く持って今まで通り受領されていた商品そのものです。

恐らく(ファイズ委託?)のセンター(KIX1堺)は、JANコードがある商品がそのまま届き
「なんやようわからんけどamazonのラベル貼ったーらへんやんけ、どないやねん」と
バイトさんが「ラベルない奴って破損で処理したらええん?」と言い、バイト仲間が
「ええんちゃうけ?出品者のせいにした俺ら咎められへんやろ。じゃーくさいわー」
等と処理したんじゃないかとさえ思えます。(笑)
笑えませんけどね。そう言った妄想でもして笑わんとやってられまへん。
京田辺、大東、藤井寺、茨木もそんな感じなのか、あるいはこれらは今まで問題無いので
堺だけがファイズなどに変わって悪化したのか、謎ですね。

当面KIXには納品しません。
地雷FCと記憶しておきます。

調査に11日、結果JANも貼ってるのに「ラベルが貼られていない」の一点張りで
調査目的で返送したら普通にJANあり商品。それを出品者が悪いで終了。

委託FCは地雷と思うようにします。
ただ、どこが委託なのでしょうか。
それがわかりません。

こうなると酷い話です。

これは最近感じております。
今回のケースではヤマトで発送しましたが
「amazon引き渡し時点で破損路登録が打たれていないと
amazonが破損したとしか考えにくく、ヤマトとしては対応は難しい。」
と言われ、商品が返送されてきたとしても数日なら待てるが
FBAの返送はいつ行われるかもわかりません。後回しですので
酷いと1週間以上放置される事もザラでしたので、ヤマトでは対応できないそうです。

ですのでamazonも内々でそれがわかっていて、センターでの破損でも
出品者による破損で処理してしまえと言う事で有耶無耶にできます。

コストパフォーマンスと“amazonFCリスク”を総合的に考えると
カート面以外はRSLで良い気がしますね。

当方でもヤマトFFに切り替えて行っております。
本日のamazon出荷もYFFマルチで発送しております。
YFFのマルチは高いですが、FBAより精神的に楽ですし
100%ヤマトなので配達信頼度は高いです。

楽天らしいですね。
ほんとイメージ通りです。

とは言え、YFFも酷いですけれどね。
なんでもCSVという仕様だけは耐え難いです。
ただ、これはツールでの連携であれば苦ではありません。

返送はCSVでしか申請できずそれも倉庫担当者のメアドへ添付ファイルで
送るアナログ仕様は平成中期を感じるのはどうかと思いますが、これも
実態としてはCSVではなく「商品コード〇〇の返送をお願いします」で
最悪受け付けてくれたりします。(本来ダメですけど)

ただし、最も「タコな仕組み」と言えるのは廃棄。
破損着荷や賞味期限切れ、その他様々な理由で廃棄したいと思っても
「廃棄する」という仕組みが全く無いというトンデモ仕様だけは厳しいです。

クリック一つで廃棄依頼が出来るFBAは、その点では素晴らしいなと感じております。
ヤマトFFは廃棄=宅急便着払い定価返送(本当です)で返送着荷後自分で廃棄するか、
廃棄処理事業者と契約してそこに“異動扱い”で輸送して処分して貰うしかありませんので
高くつきます。

FBAはスマートだけどリスキー
YFFはリスクは少なくヤマト100%だが一部の仕様がFFサービスとしてまだまだ。
RSLは…郵政が配達でコストやサービス体制は良好ながらシステムがタコなんですね。

それぞれ一長一短、、、なのか?と思えます。


#19

fromkixさん、

共感いただきありがとうございます。

お時間のある時にファイズのIR資料なども目を通しておくと、事前の危機管理もできるかと思います。
丸和運輸とのアライアンスとか、香ばしい香りがしてきます。

ウンチとハエなど、何事にも相性の良い組み合わせもあり、今後の推移は気になりますね。


#20

DBO様

この度は非常に有益な情報を共有いただきありがとうございます。

丸和がファイズを子会社化していた事に驚きました。

明記されてはいませんが、IR見る限りamazonに関わる記載は無いですが、
小田原、川口、川崎、市川、堺、藤井寺、大東、多治見の各FCと
川口、堺、住之江、尼崎の各DSのそれぞれ同じ市区にファイズの営業所があるので、
これらは直営では無くなっている可能性がありますね。
(デリバリー業務だけの可能性もございますが)

退場となったTMGも含め将来的には元amazonデリバリープロバイダ各社で
合流したりする可能性含めて小さな業界再編が起きる可能性も感じなくないですね。