【再通知/重要】「適格請求書発行事業者登録番号」の入力をお願いします


#1

Amazon出品サービス(amazon-service-jp@sell.amazon.com)からメールおよびセラーセントラルのニュースでご案内しているとおり、2023年10月1日より、国税庁によるインボイス制度が開始されます。本制度の開始後、法人・個人事業主のお客様が支払った消費税額に対し控除が認められるためには、お客様への請求書に出品者様の「適格請求書発行事業者登録番号」を表示する必要があります。

請求書へ番号を表示するため、セラーセントラル上で「適格請求書発行事業者登録番号」の入力が可能になりました。既に登録番号をお持ちの出品者様は消費税の設定ページから登録番号を入力してください。

まだ登録番号を取得していない場合は、出品者トークンを確認の上、申請予定期間をこちらのフォームから報告してください。

インボイス制度や影響について詳しくは、よくある質問:インボイス制度導入への対応についておよびAmazon出品大学 を参照し、登録番号の取得有無を判断してください。


"Forumアナウンス" 2022年5月分 まとめ
消費税還付方法
#2

適格請求書発行事業者登録番号の取得方法が分かりません。


#4

セラーフォーラムではリンクを貼ってはいけないらしいので、
リンク先を提示できませんが、国税庁のホームページで調べれば、
登録方法は分かるかと思います。

それ以前に、インボイス制度そのものの趣旨など調べることが
先かと思います。適格請求書発行事業者になるということは、
消費税の課税事業者になるということを意味するので、
現状が免税事業者であれば、その点も留意し、メリットと
デメリットを考慮して決める必要があるかと思います。


#5

申請予定の報告したいですが、提示されたフォームに繋がらないです。どうすればよろしいでしょうか。


#6

やり方間違いはないとは思いますし
トピ立てと同じ内容になりますが

新着情報 (amazon.co.jp)

申請予定期間をこちらのフォームから報告してください。

Edgeですが、進めていけそうです
ブラウザ変えてみてはいかがでしょうか?


#7

ありがとうございます。FirefoxでしたがEdgeでやってみます。


#8

分かりにくい!!こうですか?

■内容
「インボイス制度の事業者番号」の登録、または「状況確認アンケート」のお願い。

■対象者
・課税事業者※1
(免税業者は任意だがAmazonBusinessで、表示上不利となる可能性あり※2)

■期日
・即時実施(事業者登録は10月1日までだが、アンケートに回答を)

・取得事業者は、すぐに番号登録
・未取得事業者は、アンケートに回答※3

※1 課税事業者
以下に該当する事業者
・基準期間の課税売上高が1,000万円以上
・基準期間の課税売上高が1,000万円以下だが、特定期間の課税売上高が1,000万円以上
・資本金が1,000万円以上の出品者
・該当しない場合も特殊な事例あり。詳細は国税庁・税理士に応相談

※2 AmazonBusinessでの表示
10月以降AmazonBusinessでは、商品ページ上で「適格請求書」対象業者か識別できるような仕組みとなる予定。番号登録をしない場合、主にAmazon Businessをご利用の法人・個人事業主のお客様からの購買を控えられ、売上に影響を与える可能性があります。

※3
アンケートのフォームで、入力やボタンが押せない場合はブラウザを変えて見て下さい。


#9

「 ご回答ありがとうございました。お忙しい中、ご回答いただき、ありがとうございました。」

アンケート回答時間よりも、アナウンスの内容を理解するのに時間かかりました。


#10

この登録事業者の情報、いまは誰にでもワンクリックで全件ダウンロード(csv)ができるし、API連携もできるので、登録情報が悪用される可能性がありますね。
キャッシュレス推進の時にリアル店舗としてマップに表示されて困ったセラーもいたかとおもいますが、amazonセラーは慌てて登録しない方が良いかも。

登録するにしても
6.個人事業者の主たる屋号
7.個人事業者及び人格のない社団等の本店又は主たる事務所等の所在地
は非表示にしておいた方が良いと思う。

10月1日までには何らかの改善はされそうな気もします。
私は9月に入ってからで良いかと思います。


#11

地元の税務署で申請書類を入手して、国税に送る。
約1ケ月後に登録できるようだ。