書籍の販売手数料につきまして疑問に思いますこと。


(A→Z(いまだ下流です)) #48

¥257*冊数(セット物は1冊) 5等分はされません(大口、注文ごとなら可能、ただやらないでしょう)

規則・規定はありません(セラーの判断にゆだねられています)
赤字でも出荷しなくてはなりません
出品する前に送料がどれくらいかかるのか?セラーとしては基本ですよ

各配送会社送料値上げで各セラーも(特に中・大手)
ama送料値上げたり、重量サイズによりますが¥1もやらない所も出てきました
¥257は大口セラーでは少なくなってきてます(他セラーの研究もしましょう)
昔は文庫¥1で儲かりましたが今は利益も薄く、昔みたいにセラーはあまりやりません
やっているセラーは競合値下げか売れ残るなら処分でしょう

同梱の規定はありません、選択権はセラーにあります(規約はないですが)
購入者様は1冊ずつ送料を(基本デフォルトは)払っているのですから
1点ずつ出荷するのも同梱出荷するのもセラーが決めることです

但し、5~10個別出荷より、大方は同梱した方が実費送料も安くつくと思います
また、何個も個別出荷(ポストにも入らないでしょうし)良い気分ではないと思われます
でも、送料も返金せず全額入金されたいなら個別出荷にすれば問題は無いと思っております
(1冊出荷でもサイズ重量により¥257-16.2%(15%消費税)-86.4(カテゴリ成約料)より
高くつく実送料は多くなりました)

規定はありません

基本過ぎてわずかはありますが、トピはそんなにないと思います
ご自分でフォーラム検索して参考コメ探してください

ご不安はわかりますがネット販売を行なうなら
最低限、配送会社情報は必要です
・どこの配送会社または出荷をするか?
・配送方法により送料は変わるのだから金額は把握しないと
例:日本郵便 ゆうパック¥ レタパ¥360-510 クリポ¥185
ゆうメール¥ ゆうパケット¥
私は更にヤマト・佐川 の地域別まで把握しておりますが

送料+カテ成約料+販売手数料+小口は1点¥108(梱包材費もかかります)で
赤字にならないように厚い本・重量本は扱う扱わないはご自身で決めましょう

大口のメリットはあると思いますから
簡単な考えは月49冊以上売るか売らないかで判断しているセラーも多いのは事実です
大口ならプロモーション設定で2冊目¥100値引きなど設定も可能です

これで全ての回答になったと思います
(送料返金の意味ではなく)自分がお客様の立場になれば解ってくることだと思います

色々調べてからフォーラムで質問されているかとは思いますが
今後も検索調査(出品大学も)してからなら、フォーラム質問する方向でお願い致します
多分(自分の知っている分野・今回書籍)、私の回答も多いでしょうから
お気軽に質問してくださいね(他のセラーにためにもなりますし
質問自体をためらっているセラーの方もいるは事実です)
お役に立てるのであれば

ponpoko55様、わざと古トピなのに:いいね:して私に振りましたか?笑
どなたかが回答しなければどうせレスしていましたがね
先に:いいね:見つけたので、古トピなのになんでかな?と思ってしまいました
お気を使っていただきありがとうございます(いい意味で勝手にそう思っています)

追記
そうそう、読んだらネチケットとして
レスくださいね(読んだかどうかわかりませんし私自身が気にするタイプなので)
違うと思うことや質問くれても全然OKです
無視しないで回答していますから


(f9f9dfef9c6e9e2c7df4) #49

早速ご指導を頂き有難うございます。先輩方の有益なサゼッションとして、心して参考に致します。


(A→Z(いまだ下流です)) #50

暗示・仄めかし・入れ知恵・思いつき・サジェスチョン
あまりよい言葉の意にはとらないと思いますよ
あまり使わなく適切な言葉とは私は思えません

提案・助言として感じてくれたのならいいですが


(kem25) #51

「サジェッション」を悪い意味に取るというのは一般的ではないでしょう。
通常は肯定的なニュアンスで使う言葉と思います。
レストランでコックさんにおすすめ料理を尋ねる場合など。

少なくとも質問者さんが肯定的な意味で使ってるのは明らかなのでそのまま受け取ればいいかと。


(A→Z(いまだ下流です)) #52

アドバイスありがとうございます

サジェスチョンは聞いたことがあるのですが
サゼッションは聞いたことがなく
ネット検索かけたところ数社の辞書?には
↑の良くなさそうな言葉多く
↓の提案・助言の意がこれくらいしか出ておりませんでした

わたし的に解りやすくコメしたつもりです、愚痴になります
Kem251様はわかりませんが、一般的に時給¥1200の計算だとすると
1分¥20です、各セラーどなたも暇をもてあそんでいるわけではございません

困っているからトピしてたりテクサポはチンプンカンプンで
私が知っていることでお役に立てばと思い
受注確認の合間にフォーラムいつも参加しております

もちろん、悪い意味合いでないレスだと私も思いたいですが
裏表のある意味のカタカナ語を使用されますと
トピ主の本意が解りかねなく私はなってしまいます

羅列しての質問を完璧ではないかもしれませんが
わかりやすく丁寧に回答したつもりです
ましてや新しいトピを作成すれば他のセラーのアドバイスもあったでしょうが
悪いとは言いませんし使い方もわからなかったのでしょうが、多数コメのある
数か月前の他の方トピ内に新たに質問してくるのなら・・と思ってしまいます

知識のある方ならサゼッションの意味を即座に理解するのでしょうが
私みたいに日本語中心の生活・やり取りをしており
理解・読解不足の人間もいるという認識でご理解いただければと思います


(kem25) #53

サジェッション、サジェスチョンは日本語としての表記・発音の揺れでしょう。
あまり気になさらないのが吉かと。質問者さんは純粋にA→Zさんに感謝の意を示しただけですよ。

Kem251様はわかりませんが、一般的に時給¥1200の計算だとすると
1分¥20です、各セラーどなたも暇をもてあそんでいるわけではございません

ではスレの趣旨に則して。

私も書籍専門の個人出品していますのでコストはシビアに計算します。

またコスト計算の際、人件費、特に自分の人件費を度外視しがちなことに警鐘を鳴らしたいという立場です。本は出品にしろ梱包・発送作業にしろ存外時間を食います。

ただ、その趣旨で書いたら上の方で叩かれましたけど(笑

正直、個人出品で送料+価格で500円以下の本を売るならコンビニで働いたほうがマシだと思います。本人も疲弊するだけだし、同業他社(他者)にも迷惑になります(購入者は喜ぶでしょうけど)。

最近はフォーラムの雰囲気変わったんですかね。昔は全体として安売り・値下げ業者に対しては否定的意見が多かったと記憶していますが、逆になったのかな。今は書籍関連のトピックしか読んでないですが。


(A→Z(いまだ下流です)) #54

レスありがとうございます
そのようにいたします

Kem様も経験歴おありだったと思っております
最近はメディア品の扱いではなくメディア以外品の特に中国製造品
の話題が主になりました、ama内販売率も多いのでしょう
(書籍が廃れてはいないと思いますが、なにせ単価が安いですし
フリマサイトの影響でしょうね)

BMVD品がamaメイン扱いの頃は、確かに
安くすると他のセラーも連動し価格が安くなるからとか
送料でも利益が取れる時代だったのでディスカッションも多かったのですが

テクサポの質も落ちたのか?競合セラーや購入者の悪意ある行動
ばかりなってきました

わたしたち、メディア品がメインのセラーは(まだ書籍なんか販売しているの?
ama新刊書籍も送料無料隠すようになっていますし、等)
そのうち淘汰されるかもしれませんね

ですから、今回のf9f9dfef9c6e9e2c7df4様の投稿には
コメできる嬉しさもあるのです

Kem251様が思うように最近のフォーラムは
メディア品扱いセラーとメディア以外品扱いセラーとでは
規則・規約も違うこともありニュアンスが違うなと思うことが多くなりました
(カテ成約料有無・返金手数料が全額でも有無・ダウンアップロード・他違うこと)


(kem25) #55

(書籍が廃れてはいないと思いますが、なにせ単価が安いですし
フリマサイトの影響でしょうね)

私は単価の安い本は大手業者に任せておけば良いという立場です。単価の安い本が流通すること自体には社会的・文化的意義があると思いますが、個人がわざわざレッドオーシャンに乗り出してもケガをするだけです。

同業の人でもびっくりするかもしれませんが、私は一冊出品するのに30分以上時間をかけます(正確にはかけることがあります)。ターゲットは昭和中期・初期、戦前、場合によっては明治・大正の本で、まだアマゾンに登録されていない本です。そういう本を探し出してきてコード免除申請し、書影(スキャン撮り)や書誌情報の登録、詳しいコンディション説明を加えているとそれくらいの時間がかかります。しかも出しても売れるのは数年かけて三分のニくらい程度です(残りは売れ残り)。

それでも単価をそれなりにつけられるので、1円本を扱うよりは利益が出ます。なんにせよ、アマゾンで一番強気に価格をつけられるのは出品者が自分一人だけの時だし、自分で登録すればしばらくは(運がよければ数年以上)単独出品者でいられますから。

上の手法はそんなにマネするのも簡単じゃないし、マネされてもそんなにこちらに影響ないので書きましたが、他にも比較的単価の高い本で勝負する方法はありますし、私が知らないところでなんぼでもあると思います。

個人(零細古書店含む)でやるなら廉価本で疲弊するよりブルーオーシャンで伸び伸びやるのがサジェッション(笑)、というか生活かけるならそれしかないでしょう。大手はマスで勝負するしか無いでしょうからそっちで頑張ってください。

メディア品扱いセラーとメディア以外品扱いセラーとでは
規則・規約も違うこともありニュアンスが違うなと思うことが多くなりました

これは大いにあります。とくにカートについて捉え方。

私のように超古書を扱ってるとコンデション説明読まずに買われるのが地雷なのでカートに入れられるのはまっぴらですが(そのためあえて可にして出品することも)、それは特殊としても、多くの書籍出品者にとってもカートはそれほど重要視されていないと思います。しかし一般商品の場合はカート取れるかどうかが生命線のようで、熾烈なカート獲得競争の話を読むたびに、大変な世界なんだなぁとつくづく感じています(他人事モード)。

(以上、一応トピ趣旨に則ったつもり)


(A→Z(いまだ下流です)) #56

素晴らしいじゃないですか?
古書以外の最近の本でも競合者多く、その割合でさばききれません

同じ販売方式の古書店の方も存じ上げております
真似できないないかもしれませんがノウハウ公開戴けなくても
良かったので逆に心配してしまいます

忙しいところ、申し訳ございませんがひとつ、ご質問させてください

amaシステムがコロコロ変わるので最近はわかりませんが
・登録のない書籍→新しい本や除外出版社→ISBN・JAN等で新規登録不可のはずでしたが
・古書も年代により→新規登録できない時もあり→免除申請で登録可能なのでしょうか?
数年前、いきなりできなくなり他のセラーはYオクやJP古本屋に移動していると
伺っていたのですが、新規カタログ作成は現在では可能なのですか>
(いちいち、ヘルプも確認しておりませんが数年前は申請不可になっていたような気がします)

大手も販売しているので売れないわけではなく、やり方次第だと思いますが
レッドオーシャンでやらざるえないセラーもいるのが現実ではないでしょうか
Kem251様みたいにブルーオーシャンができればいいのですが
貧乏性のせいか何でも販売してしまう気質を変えたいのですが
中々出来ません、不謹慎な発言となりますが
火事でも起こり、パソコン含め全ての出品商品が無くならない限り
そのようなことを実行はできないかもしれません
(考えてはいませんが、そうすればすごく楽になり、
ama無限ループ?からも逃げられるかもしれませんし)

お付き合いありがとうございました


(kem25) #57

おっしゃる通りアマゾンの、少なくとも書籍の自己登録に関しては本当にコロコロと、しかも予告もなく、いや変更の告知すらないこともあるので、ついていくのは大変です。私もこのフォーラムで、前のシステムのときの申請法を解説したことがあるのですが(今も残っていますが)現在はまったく役に立たない内容になっています。

細かく書く時間はなく、書いてもまたすぐにシステムが変わるかもしれないので簡単に説明しておくと、現在は

  1. コード免除申請はメーカー単位。権限はメーカー・カテゴリごと(ここでは本の場合なので出版社・書籍カテゴリ)に与えられる
  2. ただし申請時には申請したい具体的な一冊本の著者・タイトル名およびその画像が必要(私は表紙と奥付ページ画像の2枚をつけています)。その本が登録済だったりしたらその時点で却下されます。つまりある出版社の権限を得たい場合、その出版社のアマゾン未登録の本が一冊手元に必要、ということです。
  3. コード免除の許可がおりたら(=その出版社に対して書籍カテゴリに登録する権限を与えられたら)、次回以降その出版社に関してはあらためて申請は不要。権限を与えられた出版社に関しては、アマゾン未登録の書籍なら申請しなくても登録可。

というシステムです。権限さえ得られれば、従前のどのシステムよりずっと楽に登録できるようになっています。雑誌も登録できます。

問題はどの出版社なら申請が通り、どの出版社はダメなのかということですが、具体的な社名をここに書くのは適当でないような気がするので書きません(出品者=私の属性にもよるかもしれませんし)。ただ、私がこれまで申請した181の出版社のうち、今日現在で許可されたのが167社、されなかったのが14社なので(許可率92.8%)、わりと許可率は高いと思います。また、制度開始当初より最近のほうが許可率が上がってる気がします。

大手出版社ほど不許可(権限を与えられない結果)になることが多いですが、絶対ではありません。これまでISBNの出版社コード一桁の(超大手)出版社全10社のうち7社ほど申請しましたが、私の場合3勝4敗、つまり3社は申請が通りました。逆にISBN出版社コードの無いような零細出版社でも許可されないこともありました。

正直このへん、権限付与に確たるルール・基準があり、それが担当者・申請タイミングによらない統一した判断に基づいて適用されてるのか、確信は持てません。

ただ、この申請に対するレスポンスは非常に良いです。担当部門の営業時間中(おおむね朝9時から夜8時くらい?)の申請ならたいがい数分で結果が返ってきます。数社立て続けに申請した場合、大抵はそれぞれ別担当者から返答がありますので(担当者ごとにフォームが違う)、体制はしっかりしてると思います。

あ、そうそう、以前は同じ書籍でもISBNつきとつかない本は厳密に区別されましたが、今は同じ本として扱われます。たとえばISBN付きの本で初版が1978年の本があったとして(つまり初版発行時には確実にISBNがついてなかった本)、現在アマゾンに登録されているのがISBN付きだけであるからと、ISBN無しの本を改めて古書として申請しても却下されます。

以上、何かの参考になれば幸いです。


(信楽狸) #58

古書店と古本屋の住み分けでしょうかね。

知人の経営する古本屋も昭和からの在庫の山を持て余しておりましたが、ようやくオンライン販売でのスタッフと機材が揃い、数年掛けてほぼ捌き終わったところです。
昭和のエの付く本とかマニアがいてくれるので、思いがけず良い相場で掃けたとも。探しているのだなァ。

希少本と言えども、店舗によってはここでは売れないから他を当たってくれと断られたりして。
それぞれの経営理念に従い運営すれば良いでしょう。


(A→Z(いまだ下流です)) #59

ありがとうございます

私はそこまでやるつもりはないのですが
古書を扱っているセラーの方に対しても
とても整理されたコメで助かると思います

申請したことがないのですが出版社単位がミソですね
さすが経験者のお言葉でありがとうございました

何度も返信いただき嬉しいです
お互いそうならいいのですがフォーラム←→注文確定
で連休中出荷もしておりますし、世間では約70%が出かけないみたいで
いつまで続くかわかりませんし例年とは違う
今回のGWさい先、普段の数倍好調です
(もち、廉価品ばかりですが続けば休まない甲斐も出ると思います)
(こういうこと書くと注文止まりがちの法則もありそうで怖いです)

お忙しいでしょうからレス不要です


(A→Z(いまだ下流です)) #61

横レス失礼いたします

見かけたことありませんが?

送料にも手数料かかりますから逃れること
出来ないとおもいますが別の意味でしょうか?

Yahooも法外な送料設定は不可のはずです


(A→Z(いまだ下流です)) #63

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/G200386250

取引後の価格操作および法外な送料:取引完了後に商品の販売価格を上げることは一切禁止されています。また、出品者は、法外な受注手数料および送料を設定することはできません。 Amazonは、その裁量により、出品者が手数料や送料を意図的に操作するなど購入者の誤解を招くもしくは購入者から苦情を受けるまたはそのおそれのある設定をしていると判断した場合、出品資格の停止その他 Amazonが適切と考える措置を講じることがあります。ご注意ください。

https://guide-ec.yahoo.co.jp/notice/rules/auc/detailed_regulations.html
出品者の禁止行為

(2) 送料等
送料等とは、以下の範囲とします。
a 運送業者に委託する場合
運賃および代金引換手数料、速達、書留、冷凍、冷蔵等の運送業者に支払うオプションサービスの手数料の実費、および運送業者が指定する運送用梱包(こんぽう)資材の代金
b 自ら落札者の元へ配送する場合
運送業者に委託した場合の運賃相当額を上回らない金額
c 物流代行業者等に業務を委託する場合
運送業者に委託した場合の運賃相当額を上回らない金額


(DBO) #67

このスレッドはかなり役に立つので荒れるとこまるなぁ、、、


(EXPOP) #68

古書カテゴリーでたまに見かけますね、これは?という送料設定。
手数料逃れでは無く、商品を上位に持って行く為だと思います。
例えば本体を1円にして送料を800円に設定するとか。


(DBO) #69

Don Pishariさんのいう「もっと高額なボッタクリ送料」というのは
そういう送料のことですかね?

スレッドをずっと読んでいて、そこのところからは具体例が無いので
「ボッタクリ」とはいくらのことを言っているのだろうか?
と読み手の主観によって違ってくるなと思っていました。

これは検索対策でamazonの手数料は1円+送料800円も800円+送料1円も
同じ?


(中古本屋) #70

>もっと高額なボッタクリ送料を設定して、
手数料逃れをしている悪質な出品者も増えてきましたね

Don Pishari氏はお持ちの情報が古いのか、システムを勘違いしてるのかは判りませんが、今その方法では手数料逃れは出来ません。
現在の書籍カテゴリーの手数料計算式は
【[{(商品代+送料)×15%}+カテゴリー手数料80円]×消費税8%】
と計算されていますので、商品代800円・送料1円でも、商品代1円・送料800円でも、支払う手数料は変りません。
確か去年の後半頃(細かな日にちは忘れましたが)からそうなっています。
※当時もセラーフォーラムでは「値上げ対策をどうするか」等で盛り上がってた筈です。

変な送料設定をしている人の目的は、おそらくEXPOP氏の言われている『商品を上位に持って行く為』にやっているのだと私も思います。
ただ、現状「商品代800円・送料1円」と『商品代1円・送料800円』の横並びの2店がいた場合、どちらが上に表示されるかはランダムだった気がするので、無駄な努力なのかもしれませんね(苦笑)


#71

そうですよね、ここの主観になりますのでボッタクリと感じる人も居るのも事実だと思います。
ですが、送料が800円する商品が実際にどの様な発送方法を使用しているかも考えて欲しい所です。

自己発送の場合、合計が801円とすれば大凡500円ちょっとの売上になりますが、そこから送料を差し引き、
安価な発送方法がない場合、純利益は0円に近いです。

今は、ゆうメールは、1kgまでクリッリポストと同等のサイズまでしかありません、それ以外は廃止です。
そうなると、ゆうメールをわざわざ使う理由がありません。 150gまでが180円 1kg350円
それ以外のサイズや重さの書籍の場合、次に全国一律で発送ができる安価な方法はレターパックプラス510円です。

送料の値上げで、色々と急に対応が迫られたお店は沢山あると思います。
エクセルのアップロード機能を使っていないお店の率も高いです。

そういう状況を考慮すれば、出品中の商品の価格1円の商品と、それ以外の商品も含めて、新しい送料設定の値段と比べて調整するより、現行の出品価格のまま、送料を一律に値上げする方が手間が掛からないと言う事もあります。
そうすれば送料のみを変更するだけで済みます。

昔は、メール便とか、もっと安価な発送方法がありました、その当時は商品代金1円、送料257円とか沢山ありましたが、最近は送料の値上げにより商品代金1円、送料350円が沢山あります。

実際の所、商品代金1円、送料350円の実入りは143円です、クリック185円使えば赤字です。
定形外でも、大口契約以外は赤字になっているとおもいます。

1円出品方法が、見せかけのボッタクリかと言われれば、昔は送料に手数料が加算されなかったので手数料逃れとか色々と批判はありましたが、そもそもAmazonのデフォルトの送料が275円だったので、ギリギリ儲けがでるラインが1円だったと言う所もあります。

どっちにせよ、送料を基準に価格設定をした事で、商品代金が1円とかになったのですが、それを違う主観から見れば、代金を1円で送料で儲けていると捉えられていた事も事実です。
ですが、ちょっと前までは送料も今ほど自由に増やして設定が出来なかった事も当時の理由としてはあります。

送料の値上げねも、短い期間で来るかも知れません。その都度全商品の送料とのバランスを考えるより送料が値上げしたら、送料で全体を調節していくほうが楽で、その方法でしか出来ない人も沢山いると言う事実もある事を書いてみました。


(EXPOP) #73

すいません。当方の例えが悪かったですね。自分も数千円
程の送料を取っている業者は見たことが有ります。(1円出品では無く、3000円位の送料が付いていた)
恐らく出品数からいうと所謂無在庫出品者だと思われます。他にも色々な理由で(在庫切れetc.)で
購入者様からの評価も散々でしたが。