年末年始なのに、ページビューは低迷時期とおなじぐらいです。


(カル) #12

いきなり4分の1のページビューになるのは検索システムの変更、カテゴリ改変等で順位が極端に下がったりしなければありえないかと思います。売上が4分の1なら色々要因はるでしょうけど。。
私は12月から微減程度。
11月に比べて12月後半から減るのは私の場合例年です。なぜかと言うとクリスマス関連の商材がクリスマス後もしばらく検索上位に残っているので落ちやすい時期です。


(井庭荘) #13

ありがとうございます。大変勉強になります。


(abcdefg) #14

ここのセラーに多い勘違いですが、自分の売上が落ちてるからアマゾン全体の売上も落ちてると思い込むのはやめた方がいいです。
ググれば簡単に分かりますがアマゾンの売上は毎年右肩上がりです。
セラーの数も増えてるので必ずしも個々のセラーの売上増につながらないだけです。


(Taka) #15

Amazon.co.jp全体のアクセス数は、現在は堅調に感じます。

51

個別にて問題がないか調べた方が良いかと思います。


(4842917a7d570c983065) #16

米アマゾンの話だか、Q3の売上、Q4の見通し、共に前年比増だが、予想を下回る。日本は知らん。


(井庭荘) #18

ありがとうございます。大変勉強になりました。


(いぬやしゃん) #19

Amazonの客数(利用者数)が増えるとともに、客層が悪くなったのは、実感できます。

「価格が安いから」、「送料が無料だから」と言った、金額面を購買の第一理由にするお客様は、すぐにクレーマーになる率も高いというのは、色々なサービス業界で定説になっているようです。

Amazon Japanがそう言ったお客様を大いに引き寄せた結果かと考えています。

そこから抜け出せれば、以前のように色々な面で余裕のあるお客様に出会える機会が増えるような気がします。


#20

今回の3連休は売れた~って声たくさん聞きました。
ページビューも凄く良かったのかな。

ここのフォーラムだけですね、
売れてない売れてないという人が多いの。
周りの人は皆、売れてる売れてるしか言いません。


(Shiny) #21

自分の商品のページビューが下がったことに関しては、
出品ジャンルの流行り廃りも関係しているのではないかと思います。

例えば水着を販売しているとして、今の時期にとんでもないページビューを叩けると思います?
普通に考えるとどんどん夏に向かっていくほうがページビューは稼げそうと思いますよね?

まずはご自身の商品ジャンルがどの時期によく検索されているかを調べられたほうがよいと思います。
AmazonじゃないですけどGoogleのキーワードプランナーみたいなツールですね。
月別にサーチボリュームを出してくれます。
Amazonに関してもアメリカのツールが多いですが、日本Amazon対応の同様のサービスが無料で使えるものも存在していますね。


(井庭荘) #22

ありがとうございます。人気なおもちゃの販売しています。よく売れるの話を聞いたら、ほっとした。
ページビューが低くて、顧客が減少してるのが心配です。でも、売れています。


(Shiny) #23

おもちゃならば、クリスマス過ぎると一旦関心が薄れそうな気がするんですが・・・


(井庭荘) #24

たぶん、その関係があると思います。でも、昔は正月でも忙しかったです。


(西瓜直売処) #25

おもちゃ業界においては常識の話ですが、年始はおもちゃの売り時ではありません。
クリスマスはおもちゃ、年始(お年玉)はゲームという市場の流れがあります。
年始はおもちゃ売り場もフェアなどは開催しますが、多くはクリスマスの売れ残りセールです。
これはリアル店舗に限らず、Amazonも同様です。

クリスマスを過ぎればおもちゃはしばらくオフシーズンに入ります
1月は本当に何もありません。大きな新商品の発表もありませんし、モノも大して売れません。
というか、一部のイレギュラー人気品を除き、おもちゃの売上のほぼ大半はクリスマスに傾注します。


(井庭荘) #26

なるほど、ありがとうございます。季節による、品類が変わるのが必要だ認識しています。


(ももんが寅さん) #27

ふだんあまりビジネスレポートを見ないのですが、気になって見てみました。
月単位のページビューで見ると、最近は段々減少傾向である事は確かです。

ビジネスレポートの期間は2年間で2017/01/15以前のデータは参照する事はできません。

よって2017年1月のデータと比較する事はできませんか、2018年1月と2019年1月14日までのページビューを比較すると、昨年比37%です。
同じペースと仮定して1/31までの数値を推測すると、昨年比83%、マイナス17%となります。

2017年(2-12月)と2018年(2-12月)で比較すると、ページビュー総数 マイナス5%、売上マイナス15%です。

確かにページビューだけでなく、年初の売上が例年に比べて勢いがありません。
私の場合は商品の市場の性格(PC周辺機器)や競合多発の中であまり値下げしない点も影響しています。

以前からダウンロードする習慣をつけておけばよかったと思います。


(FXビンボー) #28

今までページビューを知らずにきました。
レポート⇒ビジネスレポート⇒
やはり広告をはじめてからページビューかなりあがりましたが
最低価格にしても結構広告費用かかります。
5%くらい、、


#29

こちらもそうです。今までページビューに気にしなくやってきました。


(4842917a7d570c983065) #30

おもちゃは、アマゾンが多目に仕入れて、途切れないようにしているという話が有るけど。真実はどうなの?
セラーまでお鉢が回って来ないとか……


(Fryotuc-JP) #31

良いお質問ですね。こちらは新米セラーです。答えとはいえないですが、当店の去年12からの販売上の変化を皆さんに話させていただきます。

去年11月後半から多い注文数が出る広告のクリック率が下がり、12月ごろからひどくなり、まったくその広告から注文は出なくなりました。ほかのキーワードをも試しましたが、それでも効果はなし。

もう一件は、ページビューなんですが、平均ページビューは下がっていないと思いますけど、波が激しいです。前日は60でしたら、今日は90とかになる時はおおいです。
それとともに、注文数も激しく下がったり、上がったりしています。売れる日は去年の12月に負けないほどです。平均注文数は12月より大きく下がっていないです。

以上は最近弊店の目立つ2現象です。ご参考になればと思います。


(system) closed #33

このトピックは最後の返信から180日が経過したので自動的にクローズされました。新たに返信することはできません。