不正レビューはここまで進化してきたのか?


(UpDownUp) #1

1

★5にしないとレビューできないようです。


アカウントが勝手に作られて請求された。
(Taka) #2

弊社に攻撃をかけてアカウント停止となった悪質中国セラーが、何度も復活するので、なぜそこまで日本に固執するのか不思議なり、その動機を調べてました。


この数カ月で、レビュー、広告、検索結果、ランキングに対する異常な状態が、更に深刻化しています。

レビューサービス業者と思われる販売者からテストバイをし、複数にレビューが入るかテストしているのですが、特定のカタログに対して、レビューが投稿できなくなっています。

(1) レビューモデレーターはカスタマーサービス部署から外れたらしい

(2) 新しいレビューのプロセスは、レビューモデレーターが全てチェックを行い、その後に反映される。

(3) テクサポからは、ストアレビューは、レビューモデレーターがチェックをしないため、レビューを入れたいなら、ストアレビューにするようにと案内がされる。

不正レビューアカウントによるカタログをバリエーションに組まれると、在庫ゼロとなるとレビューだけ残り、販売からは表示されなくなる。よって、以下のような総合レビューが出来上がっている。

11

550件も評価5しか入らない製品など、現実からの乖離が進んでいます。

レビューモデレーターの組織変更およびそれに伴う内部プロシージャーの変更と関連しているのでしょうね。


Amazon米国とアマゾン日本では、顕著に動きが違ってきています。
米国ですが、不正レビューが多い出品者のカタログには、一切のレビューが入れられなくなったようです。

2年ほど前に偽レビューが多かった以下の販売者ですが、USサイトではレビューが一切なくなっており、その後に米国では販売停止になっているようです。

04

Fakespotで見ると、以下のようなレビューカウントがされています。

16

このようなレビュー詐称に問題があるカタログは、米国ではレビュー停止・販売停止処分を受け、その後に新アカウントでの再開もできないようになっているような動きがあります。

12

米国・欧州で販売停止処分を受けた中国セラーは、アマゾン日本に流れ込んでいるのでしょう。 日本でランキングに入っている製品を海外で調べると見つからない場合がでてきております。


(UpDownUp) #3

新アカウントでの再開ができないとのことですが、このAsinで再開できないとの理解でよろしいでしょうか?
そうであれば、ご存じのように、中国では簡単に法人を作れますので(売買もできる)、新しいアカウントを申請し/新商品として出品/同じ手法で不正レビューを行い等々繰返すのではと思います。

アカウント停止のセラーが何度も復活するについて、根本的にCSBAのあの問題を解決しないと難しいかと思います。


(UpDownUp) #4

それより米中貿易戦争で関税の引き上げによる悪質セラーが日本に流れ込んでしまうのは怖いですね。


(UpDownUp) #5

日本版のFakespotのようなサイトがあればいいですね。
フィックレビューを研究する論文を拝見したことがございますが、いずれにしても「多分 フィック」ぐらいしか言えないレベルだと記憶しております。
それにしても、Fakespotは結構参考になれますので、日本版の作れる会社があれば助かります。
(法律上は問題がないか分かりませんが)


(Taka) #6

Amazon日本は、Fakespotのような機能はすでに開発済みだが、使用していないだけかと思います。 (商品コードのGEPIRとのチェック機能と同様かと思います。)

例として、以下のカタログがあります。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07CVCXZ5H/

このカタログはIroquois International Industries Inc.社の事業者コードで作られており、この事業者は車のパーツを作っている会社です。 取扱製品に、該当商品はない不正カタログと思われます。
http://www.iroquoisind.com/japanese/assemblies.html

上記のレビューは以下のように、自動判定機能で星5は反映されておらず、星1のみが総合レビューで反映されています。

22

これは、他の中国不正レビューを追いかけると、関連付けでててきたので、気がつきました。

関連付けから、同じ不正レビューサービスの利用者かと想定しているのですが、なぜかこのカタログだけが不正レビュー対策機能がONになっております。

アマゾン日本は、不正探知機能を保有済みですが、実際には使っていないだけでしょう。 GEPIR連携のAPIと同じで、技術と機能はあるが、オフにしている問題があるのでは?


(DBO) #7

こうやって一般誌のweb版にも取り上げられることでamazon離れや買い控えが起こることをamazonさんがどう思ってくれるか?

https://www.dailyshincho.jp/article/2019/05150731/?all=1


(UpDownUp) #8


家電批評の2018年2月号で特集を出しましたが、その後むしろ不正レビューの悪化しています。(CSBAに関係あるのではと思われますが、詳しく言えませんので)

我々セラーたちはAmazon離れなどよく言いますが、統計データからそんなことを読み取れません。よって、法律の面で規制を厳しくしない限り、AMZ本社から離れている日本でメディアの報道(今のレベルでは)だけ根本を変えるのは難しいと思います。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO39764710Y9A100C1000000/


(UpDownUp) #9

アマゾン保有済みのであれば、投稿者のIP,購入パターン、入力スピードなどのデータが取れますので、他の会社より間違いなく正確さが高いでしょうね。
挙げて頂いた商品のレビューは、投稿日付、日本語、アマゾン購入など特におかしい点がないので、恐らく投稿者の投稿パターンから不正レビューが判定されたようです。(★5の投稿者はほかの商品でも全部★5つでした、もしかしたら、不正レビュー専用のアカウントのでは)


(Taka) #10

以下のスレッドであげた不正レビューサービス会社との関係性が気になります。
https://sellercentral-japan.amazon.com/forums/t/2019-5-5/12998

足跡として、以下のような同じフォーマットのレビューワーが見られる事が疑惑のポイントとなります。

01

また、不正レビュー作成サービス利用者と思えるカタログに対し、製品が届かないという星1を入れる行為は、レビューモデレーターは却下します。

この現象につながります。

アマゾン日本で見られる不正レビューですが、一律性が感じられます。 特定する中国レビューサービス会社が高いマーケット占有率を持っているのでないか? Amazon中国の賄賂・汚職問題だが、出品者だけでなく不正サービス会社とも行なっていた場合は、大問題になるでしょう。

これらの疑惑がわかないためにも、保有している不正レビュー検知機能尾とGEPIRの連携を、すべてのカタログにたいしてONにする事がAmazon日本が取るべき行動と思われます。

これを行わない場合、一部の者のみ庇護・加担という疑惑が生まれ、これは平等な検索や表示がされていないコンプライアンス違反に繋がってしまいます。


(UpDownUp) #11

ただのIT手法では「★5つにしないと投稿できない」するのは極めて難しいと思います。(アマゾンのシステムはそんなにバカじゃないので)
賄賂絡みと思わざるを得ません。


(UpDownUp) #12

法律面の介入も必要でしょう。
但し、アマゾンのネット販売は中国から撤退した為、このような不正は中国の消費者にあまり影響しませんので、中国のEC法にひっかり政府からの介入は当分難しいと思います。(トランプ大統領にツイッターに挙げて頂いたら、中国政府は反応するかもしれませんが)
*実際にタウバオでレビュー操作によって、EC法により2019年1月中国で業者が逮捕された例は聞いたことがあります。実際の効果は様子を見る必要があります。

新経連のような団体から日本政府に働きかけ、法律の強化が必要だと思います。


(Taka) #13

セラーではなく、消費者の立場になって進めないと、現行法では厳しいでしょうね。

消費者は、海外のプラットフォーム事業者を利用することもあり得るが、
日本法の適用に関係のある規程としては、上記第3の5のとおり、法の適用 に関する通則法と民事訴訟法がある。
法の適用に関する通則法では、消費者契約の成立及び効力は、当事者によ る準拠法の選択がない場合には、消費者の常居所地法によると規定されて おり(法第 11 条第2項)、その場合には、消費者が日本に在住しているとき には、日本の法律が適用になる。


(05833ed36707d7485390) #14

不適切発言も多々あり残すには忍びないので削除しました。
あしからず。


(Taka) #15

知らないという事は、時にして幸せであったりします。

高い発ガン性物質が含まれた塗料が使用されている幼児玩具、バクテリアや糞尿が米国で報道され日本に流れてきた偽物コスメ、 米国にて裁判沙汰になっているダイエットサプリ。

このようなカタログが不正レビューや検索結果で上位に表示され販売されている事実は知らなかった方が幸せなのでしょう。 被害を受ける日本国民を見て見ぬふりは、他の方に推奨する内容ではないかとも思います。

レビューは正しく伝え、信頼性が非常に重要な事であり、これを歪める行為は社会悪と思っています。 また、アマゾン職員の一人一人が理解し、意識しないと、表面だけで終わり、本当の重要な部分が改善されないかもしれません。


(05833ed36707d7485390) #16

ここが違います。
不心得社員に何を意識しろと言うのでしょうか?
不心得社員を精査するのはその上司、その上司を精査するのはその上司、順番に繰り上がって行ってCEOになります。
CEOから順番に下へ下への精査無くしては何もできないシステムであろうかと考えます。
合議方式システムとは違うシステムと言う事だと思います。


(Taka) #17

今のグローバルな大企業ですが、全ての者が支社長直轄(Country Managerの直轄)という作りでできていません。米国本社直轄の立場の者の場合、Country Managerに報告義務はなく、権力も及びません。

一部が汚職に染めており、ここが現在の指揮系統を狂わせていると推測しています。 ここが崩れるのを見ている方もいるでしょう。 崩れるには切欠が必要ですが、これが発生できずにいるように感じてます。


(05833ed36707d7485390) #18

善悪に関する指揮命令系統が無いと言う事ですかね?
そんなバカな・・・・・・。
アガリが多い少ない等に於いては全権を委任する事は有っても善悪に指揮系統が及ばない事はないと思いますけど・・・・・・。

一部と言えど、どこの部位かも解らずに推移するのは死んでいる様なもんでしょ。
不心得モンがいる集団の中で不心得モンが誰かも解らずに糾弾しても何の足しにもならん!と言う事になりませんかね?
逆にその中の不心得モンから狙い撃ちにされる可能性が排除が出来ない以上、何も言う事は出来ないと言う事になろうかと思いますけど・・・・・。


(Tad) #19

恐縮ではございますが、日産の例を取り上げますと、前CEO(カルロス・ゴーン氏)が背任容疑で逮捕されています。

バカなことは往々にしてあり得るものと存じます。


(05833ed36707d7485390) #20

言っている意味が違うかと・・・・・・。
あれは社内の上中下の話で善悪とは違いますし、これからの話で判断です。
内輪の話ですね。
今回は外部に関する話です。