極端のバリエーション濫用(日亚也滥用变体泛滥了吗)


(アイウエオ) #1

すべてのカタログでブランドを検索すると、各数百個の出品が出ます。
そして並べ替え:レビューの評価順をクリックすると、レビュー数多い商品が沢山あります。

でも本当にそんなに良い商品でしょうか。
例え、
https://www.amazon.co.jp/dp/B07NSS7FBV
https://www.amazon.co.jp/dp/B07R2L8TDD
2019年出品したばかりの商品なのに、 241件と 367件のカスタマーレビューはありえないでしょう。
よく見ると、バリエーション濫用でレビュー数多い商品をハイジャックするわざが発見しました:
ブランドのB07NSS7FBVは2013年出品されたブランドのB00DE83SQIをハイジャックした。
ブランドのB07R2L8TDDは2013年出品されたブランドのB00G14W6XIをハイジャックした。

自分の新品商品が売れる目的で、ブランド全ての商品はこういうわざで別ブランドの商品のランキングとレビューをハイジャックしています。**
店名は別々ですが、同じ会社が持ってる店だと思います。

このまますれば、殆どの未登録ブランド商品がハイジャック、改竄されます。
どうすれば良いでしょう。
アマゾンテクニカルサポートに報告しましょう。


(Taka) #2

中国の出品者ですか?
バリエーションの一つに41円での送料無料があります。

10

中国から日本への国際便は5元、 船便は4.7元とすると、計算が合わないです。
これは注文を受ける度に赤字になりませんか?

今までと違う形の不正レビュー作成目的のカタログにも感じます。
本当の目的がイマイチ読み取れずにいます。