偽物を販売する相乗り出品者への対処法


(yossy1) #1

当社は商標を取得しており、Amazon Brand Registry での登録も済ませています。
その上で自分の商標を用いたブランド品として出品している商品があります。
それに対し相乗り出品をしている店舗がいます。
ただ、当社で作成していて、ロゴも入っている商品ですので、実質的にその店舗は偽物を販売していることになります。

何度か警告を送りましたが無視されたので、まずBrand Regsitry にて権利の侵害の申請ページより、
「商標権の侵害」として、特定の相乗り出品をしている店について指摘したところ、テンプレメッセージで対応を拒否されました。メッセージ内容は以下です

#####引用はじめ
平素は Amazon.co.jp をご利用いただき、誠にありがとうございます。
 
権利の侵害に関する報告をお送りいただき、ありがとうございました。この件につきましては、以下の理由で対応いたしかねますことをご了承ください。
 
Amazonは、製品の独占販売契約を締結する製造者の権利を尊重します。ただし、かかる契約の違反が知的財産権の侵害となるわけではありません。これらの契約の履行は製造者と小売業者間の問題であるため、Amazonが契約の履行を支援するのは適切ではありません

知的財産権(IP)に関する申し立ての処理は、一度に1件に限らせていただております。ご報告内容について迅速で質の高い解決ができるように、特許、商標、著作権などの侵害の報告フォームまたは「権利侵害を報告する」フォームで選択された、特定の申し立てタイプについてのみ処理を行います。その他にもIPに関する問題がある場合は、侵害報告を別途送信してください。

たとえば、商標権侵害を選択して、著作権の問題について報告した場合、この報告は商標に関する申し立てとしてのみ処理されます。商標権と著作権の侵害は、それぞれ別の申し立てを送信する必要があります。
#####引用終わり
侵害ページでは「該当商品を購入し、商品またはそのパッケージに貴社の商標が使用されていることを確認しましたか」には「いいえ」で入力していました。

次に、テクサポに問い合わせたところ、Amazon.co.jpにある
「 知的財産権侵害についての申し立てとその手続き」
の、オンラインフォームのリンクから飛べる「 知的財産権の侵害を申告」から対応してほしいとのこと。
そこで同様の指摘をしたところ、こちらもテンプレメッセージで以下のような対応でした。

#####引用はじめ
平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。

権利の侵害に関する報告をお送りいただき、ありがとうございました。この件につきましては、以下の理由で対応いたしかねますことをご了承ください。

ご提出いただいた商標に関する報告への対応はできません。Amazon では、記述的で、権利を侵害しない形で使用されている商標登録された語句については、削除いたしません。この通知の不承認が誤りであると思われる場合には、それらが商標の侵害であることを明確に示す情報を記載した通知を再度ご提出ください。
#####引用終わり

このような機械的な対応から先に進めず困っております。
どうすれば偽物を販売している店舗の販売を止めることができるでしょうか?
力をお貸しいただけましたら幸いです。


(5f163bd873a4cb44be2e) #2

極めて主観的なので、偽物の証明になりません。

相乗りセラーから購入して現物で確認するなど、「偽物である」という客観的な証明が必要です。


(05833ed36707d7485390) #3

う~~~ん
アマゾンブランド登録と商標登録が交錯しているように見受けられます。
工業所有権の商標登録済みであるならばその番号を連絡すれば良い筈ですが・・・・。
アマゾンブランドの場合はマネするな!程度なんですかね?

シッカシ、アマゾンブランド品をニセの商品でアマゾンに出品すると言うのも結構度胸が要りますね。
商品自体等を見てないので単なる文章からの推測の意見です。


(貧乏暇なし評論家) #4

https://www.meti.go.jp/policy/ipr/infringe/remedy/remedy03-2.html

この一番下に相談窓口がありますから、一度ご相談を。

基本は裁判所による法的強制と、刑事告訴できるかですが、刑事については少なくともテスト購入で証拠を集めないとだめですね。仮処分は出せば一旦終わるので、弁護士会か弁理士会で相談してみてください。


(Facebook) #5

一度購入してみて
証拠を出してアマゾンに通報しよう


(5f163bd873a4cb44be2e) #6

これを読む限り、商標侵害があるように思えませんが・・・

もしかして、商品自体はノーブランドで、箱に御社の商標を付しているとかじゃないですか?


(太郎) #7

ところで、そちらで使用している商標は特許庁に登録されているんですか。
登録されていなければ、商標権侵害は主張できません。
商標権は登録されているとして、商品ページの画像に明示されていますか。
商品そのものに商標が付与されていますか。

他人が登録商標を使用していないと侵害になりません。

http://www.ishioroshi.com/biz/kaisetu/shouhyou/index/singai_siyou/
まず、商標法2条3項は、以下のとおり、商標としての使用が何かを定めています。

(1) 商品または商品の包装に商標を付する行為

まず、「商品に標章を付する行為」とは、商品自体に標章を貼付、刻印、印刷、下札等によって表示することをいいます。この点、コンピュータプログラムについては、プログラムを起動する際などに標章が表示されるようにすることも、商品に標章を付する行為であると考えられています。

また、商品の包装に標章を付する行為とは、商品を入れる包装紙、容器、箱などに標章を印刷その他の方法で表示することをいいます。

さらに、商標法2条4項は、商品自体やその包装を標章の形にすることも、商品や包装に標章を付する行為に含まれるとされます。例えば、化粧品の瓶をある標章の形状にすることなどです。

(2) 商品または商品の包装に商標を付したものを譲渡、引渡し、譲渡または引渡しのために展示、輸出、輸入、電気通信回線を通じて提供する行為

まずここでいう「譲渡」とは、所有権の移転をいい、有償・無償いずれかを問わないと考えられています。また、「引渡」とは商品に対する現実的支配を移転することをいいますので、所有権が移転しないレンタルなども含まれます。

また、「電気通信回線を通じた商品の提供」とは、例えば、インターネットウェブサイトをを通じ、映像、音楽、ソフトウェア等をダウンロードさせたり、ストリーミング提供したり、電子メールに添付して送信する行為などいいいます。

(3) 役務(サービス)の提供にあたり、需要者が利用する物に商標を付する行為や、その物を用いて役務(サービス)を提供したり展示したりする行為

これは、サービスという形のないものの提供に当たって使用する形のある物をいいます。例えば、飲食というサービスを提供する飲食店であれば、食器やグラスに商標を付したり、これらを使用して飲食物を提供する行為がこれに当たります。

また、小売店であれば、売り場の案内板、ショッピングカート・買い物かご、陳列棚、包装紙、買い物袋等があります。

(4) 役務(サービス)の提供にあたり、需要者の物に商標を付する行為

例を挙げれば、クリーニング店で、クリーニングを終えた顧客の洋服に、その店のタグを付する行為が含まれます。

(5) 電磁的方法による映像面を介した役務(サービス)の提供にあたり映像面に商標を表示して役務を提供する行為

例えば、テレビやインターネットウェブサイトの通信販売で、顧客のテレビ画面や端末の画面に表示される映像面に商標を表示するという場合が含まれます。

また、ネットバンキングやオンラインゲームなどで、顧客の端末の画面に表示される映像面に商標を表示する行為も含まれます。

(6) 商品・役務(サービス)に関する広告、価格表、取引書類に商標を付して展示、頒布、電磁的方法によって提供する行為

「広告、価格表、取引書類」については説明するまでもないでしょう。なお広告は媒体を問いません。紙媒体のみならず、看板、ネオンサイン、テレビ広告等も含みます。また、「電磁的方法」とは、インターネットウェブサイト上の広告等を含みます。

また、「商品・役務(サービス)に関する」という記載のとおり、商品等との具体的関係における使用である必要があります。それで、名刺や封筒に、会社自体の名称等を印刷して表示した場合、商品等との具体的関係における使用とはいえない場合が多いと考えられます。


(6b471a3e215dd61ddae5) #8

れを読む限り、商標侵害があるように思えませんが・・・

もしかして、商品自体はノーブランドで、箱に御社の商標を付しているとかじゃないですか?


(モードデラカーサ) #9

パッケージや商品ロゴを替えただけでは、侵害になりません。

もともと、ノーブランドの商品に、自社ロゴや説明書を付けただけで、「ブランド侵害」と称する方とよく出会います

1.商標朗禄をしていない(日本国特許庁)
2、誰もが卸から買える、ノーブランド商品、あるいは、メーカーがブランドを持っている商品。(ノーブランドで出品)
3.アマゾンでランド登録していても、JANが同一の商品。

以上は相乗りされても文句は言えません


(yossy1) #10

お返事ありがとうございます。

相手方は、(一般に流通させていない)当社で作製している商品に対し、同一商品として相乗りをしている状態です。
また、特許庁へ商標を登録し、その承認も得ています。
流通させていないのでJANは現在ありません。

こういった塩梅です。


(5f163bd873a4cb44be2e) #11

アマゾンで買って、アマゾンに出品することも可能なため、一般流通させていないから偽物とは言い切れない次第です。

テクサポからの回答「記述的で、権利を侵害しない形で使用されている商標登録された語句については、削除いたしません。」ですが、どういうことでしょうか?

差し支えない範囲で教えていただければ、皆様からもう少し具体的なアドバイスをいただけるかも知れません。(※個人や店舗を特定できる情報は控えてください)


(モードデラカーサ) #12

Amazonでのブランド登録はしてありますか?

ここで、ブランドというと、メジャーなブランド品か、Amazonでブランド登録してあることが前提です。特許庁に商標を出願しただけで、登録が終わっていない、また、その商標登録をもとに、Amazonにブランド申請をしないと、

記述的で、権利を侵害しない形で使用されている商標登録された語句(アマゾンにブランド登録されていないが商標登録はある)で返信されていると思います

今まで、散々、フォーラムで語られてきたことですが、自社商品を、自社ブランド品とするには、高い壁があると思います


(EXTRA) #13

一般に流通していないものがアマゾンで売っているっていうのも少々意味が分かりませんが…
卸売りせず直販のみということでしょうか?
だとしても御社が販売したものを買ってアマゾンで販売するケースもありますので
それが即偽物ということにはなりません、他に書いている人もいる形で
御社自ら該当商品を購入して新品として販売していることに対して真贋依頼をかけるのが現実的かと存じます


(yossy1) #14

Amazonのブランド登録はしてあります。
Amazon Brand Registryにて登録は完了しています。

卸売りをせず直販のみということです。
ネットのみで販売しています。
>御社が販売したものを買ってアマゾンで販売するケース
確かにそれはその通りですね。
同じ値段で相乗り出品されているので、考えにくいですが、理屈の上では想定されますね!
真贋依頼をかけたいと思うのですが、一度

「 知的財産権侵害についての申し立てとその手続き」
の、オンラインフォームのリンクから飛べる「 知的財産権の侵害を申告」

にて、事情を記述したうえで、特定の相乗り先に真贋調査をお願いしますと申請いたしました!
それでもテンプレが返ってきたら、再度みなさんのお力を貸していただきたいです。

相乗り1つにここまで苦労するとは思っていませんでした。。。


(tana) #15

みなさん何か勘違いされていると思いますが
Amazonでのブランド登録は商標の登録は必須です。

Amazonでのブランド登録=商標の登録済みです。


(日本製_鞄のお店) #16

やはり実際に商品を入手した上で
偽物であることを証明するほか、手立てはないように思います。

当店も自社ブランドを保有しており、Amazonのブランド登録も済んでいますが、
商品を入手せずに知的財産権の侵害を申告して、認められたのは
当店が製造している商品とは全く異なる商品(中国製の量産品)に
勝手に当店のブランド名を付けて販売されていたケースに限ります。

「どこにも卸していないはずなのに相乗り出品している!おかしい」

という主張だけでは、やはり客観性に欠けます。
まずは試しに購入してみて、偽物が送られてきたという事実を添えて
再度知的財産権侵害の申し立てを行うべきです。


(太郎) #17

特許庁に登録済みの商標は、どのように使用してるのですか。
商品に印字されてるとかでしょうか。
もし商品に印字されていて、アマゾンの商品画像に明瞭に
そのことがわかる画像が使われているなら、文句なしに商標権侵害に
なります。商品に印字すること自体も商標権侵害になります。
商標の種類、文字なのか図形等なのか、商標の使用のしかた、
商品画像に商標が入ってるかどうかなどが不明です。

アマゾンで本物買って売ってるとしても商標権は本物贋もの
は直接関係なく、本物であっても商標権者が侵害を申し立てれば
商標権侵害になります。専用権と禁止権をもってるからです。
https://www.jpo.go.jp/system/trademark/gaiyo/seidogaiyo/shotoha.html
商標権者は、指定商品又は指定役務について登録商標の使用をする権利を専有します(専用権、商標法第25条(外部サイトへリンク))。さらに、他人によるその類似範囲の使用を排除することができます(禁止権、商標法第37条(外部サイトへリンク))。

商標権者は、権利を侵害する者に対して、侵害行為の差し止め、損害賠償等を請求できます。

商標権の効力は、日本全国に及びます(外国には及びませんので、外国で事業を行う場合は、その国での権利を取得することが重要です)。


(WXYZ) #18

まず、いろいろな可能性を考えてみては?
たとえば、
●流通ルート→たとえば、考えたく無いかも知れませんが、従業員か誰かが横流ししているとか?(従業員がいない場合はスルーで)
●出品が数個の場合は、購入者が購入したが、思った物とは違ったが、返品期間が過ぎていたので、仕方なく出品した。
→規約違反で報告出来るでしょう。

他にもいろいろと考えて疑って見るべきだと思います。
その上で、実際に1個購入して、自社で真贋調査をしてみては?


(太郎) #19

削除の可能性高いですが、商標権登録番号と商品ページAS\IN
を教えてもらえればもっと具体的にわかるとおもいますが。


(5f163bd873a4cb44be2e) #20

個人または店舗を特定できる情報の提供を促す投稿はマズくないですか?
フォーラムに慣れていない方だと、鵜呑みにして開示してしまう恐れがあります。

トピ主様
登録番号、ASINがあると具体的な回答を得やすいですが、店舗名なども特定されてしまいます。
個人や店舗を特定できる情報は控えてください