保留 嫌がらせ注文 法人/個人事業主


(various522) #1

お世話になっております。

FBAで特定のメーカーの特定の商品に対して同じ注文者と思われる法人/個人事業主から当方の抱える在庫すべて保留注文にするという嫌がらせを受けています。
もちろん最大注文数1にしていますが、10個あれば10個連続で注文をいれてくる法人・個人事業主がいます。
テクニカルサポートに連絡をし、明らかに不正注文と思われるためキャンセル依頼をしキャンセルしてもらいましたが、在庫が戻ればまた注文をいれてきます。
モノレートでも売れ筋の商品で当方がカートをとっているからかもしれませんが、他出品者からの嫌がらせの可能性が高いです。1個単価が当方にとっては安い商品でないため、通常販売できる状態にならず大損害です。
テクニカルサポートから該当部署へアカウントの件含め依頼しましたが、同様の商品で同様の注文が入った場合、注文をとめていただけるような返答はいまのところなく困っています。
代引きとかコンビニに払いや請求書払いなどが要因かと思い代引きとコンビニ払い不可にしたのですが、FBAの場合はコンビニ払いや代引きなどチェックをはずしても無効にできず注文されてしまうとのことでした。請求書払いに関しては、月単位で入金になる前に発送になりその時点で保留ではなくなるため、今回のケースではやはり法人/個人事業主でコンビニ払い等の可能性があります。
もはや現状打つ手はなく、購入者評価でクレームがはいるかもしれないことを覚悟のうえでテクニカルサポートへ連絡をしキャンセルを都度いれるしかない状況です。ただ、在庫が戻って1時間もしないうちにまた嫌がらせ注文が入り通常のお客様に販売がまったくできず大損害です。
他にも同様なトピックはあるかもしれませんが、どなたか有効な手立てがあれば教えてください。
よろしくお願い致します。


(WXYZ) #2

まずは、いくつか同時並行で戦略を考えましょう。
●その購入者を不正行為者としてアカウントを停止するようにテクサポに交渉する。
●その商品のみ出品者出荷の在庫を半分(もしくは全て)持って、出品者出荷しましょう。
→その購入者からと思われる保留注文(もしくは保留が3日以上の注文)は、実際は発送不要と想定して、その分の在庫を永遠に再出品を繰り返す。
●実際の在庫が不足しないように気を付けて小まめに仕入れる。


(various522) #3

ひとつめの不正と思われる法人個人事業主アカウントに関してはテクニカルサポートへアカウント停止などの依頼はしました。保留中なのでテクサポでは特定は難しいと思いますが該当部署がどのように対応してくれるかは不透明です。
それとFBAから出品者出荷に変更してとのことですが、在庫を半分もっておいてというところはなるほどと思います。ただ、当方では極力FBAでやりたいためなにかFBA在庫が復活してすぐにまたFBAで注文が入るのですが、そこでなにかできないかを模索中です。いいアイディアがありましたら教えてください。


(asylum) #4

最低限注文アカウント特定可能な方法(県名、郵便番号)は、面倒ですが下記にて ↓ ↓

フルフィルメントレポート→売上→注文レポート(XML)をそれぞれ当該の注文日でダウンロード→当該の商品の注文番号と県名、郵便番号が合致していれば、同一のアカウントとほぼ特定できます。但し、コンビニ受け取りなどを複数個所利用されると特定が厳しくなります。
それを証左としてテクサポに徹底抗議。当方、過去2回、同様な事案で購入アカウントを撃退(多分)しました。


(WXYZ) #5

FBA在庫を復活させるためには、
●保留注文以上に、どんどん納品するか、
●パフォーマンス低下覚悟でバンバンキャンセルするか、
●毎回テクサポに頼んでキャンセルしてもらう
しか無いでしょう。

出品者出荷で正規の注文が入った後、保留注文をキャンセルした在庫を、すぐさまマルチチャネルで発送するという複雑な方法が考えられますね。


(various522) #6

お世話になります。
ご教授ありがとうございます。
さっそく試してみます。


(various522) #7

なるほど。出品者出荷でマルチチャンネルというのはまったくもって考えつきませんでした。参考に致します。


(various522) #8

さっそくやってみました。
ずばりビンゴでした。
法人個人事業主でしたので会社名もわかりました。
住所も郵便番号は同一でした。
さっそくテクサポに言ってみます。


(WXYZ) #9

咄嗟に、さっき思い付きました。
「そんな都合の良いアイデアは有りません」と返信するところでした。


(asylum) #10

そのセクションは人災の宝庫なので諦めずに徹底抗議して下さい。劣化の止まらぬAmazon jpで生き残るには自己防衛に徹するしかありません。

以下、蛇足です。当方昨日初めて著作権侵害でアカウント停止に一時的になった模様です。初めてアカスペとやりあいましたが速攻アカウント再開しました。但し、ペナルティ履歴は申告者が取り下げない限り消えないようです、幸い申告者は個人的に特定できているので来週対面の上、然るべき処置を実行予定です。


(WXYZ) #11

誰?元従業員?身近な人っぽいですね?:sweat_smile:


(various522) #12

何度も不正注文に対してテクニカルサポートへ依頼をしてキャンセルをしてもらいまたFBA在庫に計上されまた悪質保留注文が特定の法人個人事業主アカウントから繰り返される無限ループ状態に陥っています。
アマゾンさんもサポート上の文面では該当部署から悪質アカウントに対してなんらか対策を検討しますというものも同じことの繰り返しです。
どなたかなにか他にできること特にアマゾンさんがその不正アカウントや注文に対してどのように対策してくれるのかわかれば教えてください。


(信楽狸) #13

ですから、テクニカルサポートでは何の権限も無いので具体的には何もできません。別部署で検討したからといっても打開策が打てるわけではないのです。
これは「ぼのぼの」におけるアライグマくんの
「話は聞いてやったぞ。だから何だ?」
と同質のものです。

Ama.jpは中国/インドブロックと日本ブロックとの二層構造となり、主な権限はあちらにあります。日本ブロックは下働きに徹せよ、手出しは無用と厳命されているので動けやしません。
諦めて従いましょう。


(信楽狸) #14

また注文数が激減したと思ったら、検索では表示されないカタログページもあります。

日本語の表記は怪しくなる一方だし、そろそろ御臨終ですかね。