Amazon MWS を利用した他店舗間の在庫連携について


(9RdefQHgRJPahQ2ytDCm) #1

Amazon MWS を利用した他店舗間の在庫連携についてご質問させていただきます。
現在、他店舗でも販売を考えているため売り越しなどを防止するために、Amazonと他店舗間での在庫連携にMWSの利用を考えております。
Amazonで注文された商品の在庫を他店舗の在庫から減らすフロー構築のために、Amazon MWS レポートAPIを利用して在庫数の定期的な取得を考えいます。
参考:https://aws.typepad.com/jp_mws/2011/09/inventory_sync.html

具体的な手順といたしまして、

  1. (Amazonで商品が注文された想定で)MWS フィードAPIのSubmitFeed にてフラットファイル 価格と数量更新フィード(列挙子:POST_FLAT_FILE_PRICEANDQUANTITYONLY_UPDATE_DATA)を利用して在庫数を減らすリクエストを送信
  2. フィードAPIのGetFeedSubmissionListとGetFeedSubmissionResult にて完了を確認
  3. セラーセントラルの在庫管理画面で在庫数が変動していることを確認
  4. 数分間隔で MWS レポートAPIのRequestReportにて すべての出品商品のレポート(列挙子: GET_MERCHANT_LISTINGS_ALL_DATA)作成のリクエストを送信
  5. レポートAPIのGetReportRequestListで完了確認後、GetReportを送信して結果を取得

取得したレポート内容を確認したが在庫数に変動がありませんでした。
しかし1時間くらい後に同じ手順で実施した場合には在庫数に変動がありました。

これを踏まえた質問と致しましては、
・RequestReport で出品レポートを要求して作成されたレポートにはリクエスト時の値ではなくタイムラグなどがあるのでしょうか? またその具体的な時間などありますでしょうか?
(SumitFeedからセラーセントラルの画面への反映はすぐ行われるので参照しているデータベースが異なるなど、、、)
・別手順としてRequestReport 要求時にStartDate、EndDateを指定することで取得するデータの範囲を変更できますでしょうか?
またこれらの時間範囲指定にSubmitFeedにて在庫数が変更された時間とは関係ありますでしょうか?
(StartDate < SubmitFeed完了時間 < EndDateになるように時間を指定しましたが変動後の値が取得できなかったため)

長々となってしましましたが、これらについてどなたかご存知の方いらっしゃいましたらご回答いただければと思います。
また上記 MWS API利用手順にて誤りや、代替案などがありましたらご教授いただければと思います。


(Tad(サングラス!)) #2

当方はこちら方面には専門知識が無いため、Amazon推奨の外部ツールを使っております。

外部企業が提供するツール・ソリューション一覧

当店はこの中でTEMPOSTARを使用しております。
設定には少し時間が掛かりますが、FBA連携していますので、こちらを選びました。

宣伝ではございませんが、代替案としてご紹介しておきます。


(9RdefQHgRJPahQ2ytDCm) #3

Tad(サングラス!) 様
早速の返信ありがとうございます。

店舗の用件などを柔軟に取り込み、拡張できればと思い自社でのツール作成を考えておりました。

Amazon推奨の外部ツールですね。
一度資料をダウンロードして用件の実現と使いやすさ、金額などが見合っているか、
また自社ツールの開発期間と相談しつつ、代替の一案として検討させていただきます。
ありがとうございます。


(DBO) #4

MWSのリクエスト(所謂データの要求)は項目ごとに制限があり、これをamazonではスロットリング(所謂トランザクション)の制限と言っているのかな?
例えば弊社はRでは3分に1回注文の差分を見に行ったりしていますが、在庫などは各セラーが膨大なアイテムのデータを数分ごとにリクエストすると回線やサーバーにかなりの負荷がかかります。
そこでリクエストに制限をかけるわけですが、「MWS スロットリング」で検索すると、利用しているコマンドごとの制限がわかると思います。
その制限の中でパラメーターを設定するので、自作でも外部ツールでも限界値は同じです。

外部ツールの場合、サポートの関係で決め打ちで作っているものもあるので、設定が可変かどうか確かめる方が良いですね。

最近、下手にリンク貼ると投稿停止になるので、リファレンス文書を確認をしてください。

概要は

フルフィルメント納品APIセクション、フルフィルメント在庫APIセクション、フルフィルメント出荷APIセクションの全てのオペレーションは、最大リクエストクォータ30回、回復レートは1時間ごとに7,200リクエストを共有します。


(9RdefQHgRJPahQ2ytDCm) #5

DBO様
ご返信ありがとうございます。

レポートAPIのスロットリングについてはリファレンスを参照の上、制限がかからないように意識をしています。
試してみた例ですと手順.4 のレポートAPIのRequestReportは2分間隔でリクエストを送信しています。
回復レートは1分で1リクエストですので制限にはかからないと想定しています。
またレポートで取得するデータは10件にも満たないテスト用の商品データですので負荷も少ないかと思います。

フィードAPIを利用して在庫数を更新後、レポートとして取得するデータに反映されるまでにどの程度時間がかかるのか、
あるいはレポートAPIの使い方やパラメータの設定に誤りがないかなど、もう少し検証をしてみたいと思います。

またあまりリンクを貼らない方が良いのですね。勉強になりました。m(_ _)m
ありがとうございます。


(アクビ!()) #6

横レスですけど 外部リンクだけが ダメなだけで
Ama内リンクなら OKですよ

外部リンクだけなく 文面も外部からの完全コピペは 削除対象のようです。
要約するとOKかも・・・これは 開示無いので分かりませんが・・・


(9RdefQHgRJPahQ2ytDCm) #7

アクビ!様
ご指摘ありがとうございます。

なるほど。そういうことでしたか。
例えば、「〇〇に掲載の△△を使用すれば同じ機能を実現できますよ。以下参照 ttps:://〜」などは
あまり良くないということですね。
機能実現に関する情報交換などであればAmazonさんのシステム改善にも繋がりそうですが。。。

本題とは異なりますが、フォーラムの使用方法などについても勉強していきたいと思います。

情報提供ありがとうございます。


(アクビ!()) #8

あまりではなく 即削除されます(;‘∀’)
で 赤色の封筒で警告のメールが moderatorさんから届きます(+_+)
なので やめた方がいいですよぉ

数か月前までは 禁止であっても ある程度は黙認してくれてましたが
やはり 目に余ったのかもしれないですね。
さすがに
ブラクラなどはる人はいないと思いますが・・・

今は 経産省のURLを貼っても削除されますが、Ama内のヘルプの中に
経産省 厚生省などのURLが貼ってあるので
ヘルプを貼ればいいのかなと思いました。
少しづつですがヘルプも充実させてくれるかも

あ、これ
ここのヘッダーに 投稿方法とガイドライン ←ここに色々あります


(9RdefQHgRJPahQ2ytDCm) #9

そうだったんですね (; ̄ー ̄ ) 気をつけます。

セラーフォーラムなのに様々な資料にまだまだ目を通してきれていなかったようです。
ガイドラインありがとうございます。参照させていただきます。