アマゾンにより価格が勝手に変えられ再販されていた


#1

4月12日
【障害報告】として2件「在庫情報の更新に障害が発生しています」「 FBA在庫/出品者出荷への切り替えに障害が発生しています」とありますが、同じ日当店では出品停止をくらっていた商品が、勝手に最低価格に変更され再販されていました。((この障害のせいかは未は調査中の為不明です))
それは当店で販売していた2点の商品です。
この2点は数ヶ月前より価格が高すぎるとの事で「価格の誤設定の可能性により出品停止」となっていた商品でした。
何度価格を設定しても再販されないので、販売は諦め、在庫管理の「出品価格を修正」のところに放置され(他にも何点かあります)ずっと販売停止状態でした。
再販されていたのに気付いたのは翌日13日の朝、出品停止してた商品が低価格で売れていたからです。
急いで価格を変更→自動的に価格が高いでまた販売停止→この件についてアマゾンに問い合わせました。
「金額を変更した履歴」を調べてもらったところ、アマゾンからの回答は…
①の商品→日本時間4/12 13:37に19,990円と設定をされていらっしゃり、その後4/12 13:40に14,200円に変更されておりました。また、本日4/13 8:39に20,700円にご変更(←コレは焦って変更した時の)
②の商品→日本時間3/31 16:50に650円と設定をされていらっしゃり、その後4/12 13:40に458円に変更されておりました。また、本日4/13 8:36に650円にご変更(←焦って変更)
当店側が変更しているので、差額の負担などは出来ないのとの回答でした。
ですが当店では4/12に金額変更はしていないので、納得がいかない為、4/12の自分の行動をメール履歴やウェブサイトのアクセス履歴を元に調べました。(自分で調べた結果は後ほど)
その結果2点の商品の変更金額もアマゾンから教えてもらった金額と、別で送信されていた【「価格の誤設定の可能性により出品停止」のメール】に表示されている金額が一致していない事が判明しました。
これによりアマゾンで管理されている「金額変更の履歴」には信用性が無い事もわかりました。
↓↓↓↓↓((私が調べた結果))↓↓↓↓↓
①の商品について
「4/12 13:37に19,990円と設定」ウェブアクセス履歴にて13:37分は別のお客様へ私はメールを作成中でした。13:38に送信済み←アマゾンに送信履歴あり
又、アマゾンからは「19,900円」との事だったが同日時来たこの商品の「価格の誤設定の可能性により出品停止」のメールの価格は「20,000円」でした。
ここで金額の不一致が発覚。
②の商品について
「日本時間3/31 16:50に650円と設定」とあるが、この日にも変更していない。
この商品に関しては、3/9に658円から655円に変更したところ、また価格が高いとの事で出品停止となりました。ここで変更を諦めた為、販売停止のまま放置。
アマゾンからきた「価格の誤設定の可能性により出品停止」のメール履歴を調べました。
変更したという【日本時間3/31 16:50】前後のこのメールを確認すると…
「3/30」のメールは655円のままです。3/31を過ぎた「4/1」のメールでも655円のまま。「4/5」のメールでも655円のままでした。
3/31に変更していたのは別の商品でしたがそれも又、出品停止をくらっています。
アマゾンの情報とメールで案内された価格が一致していないのです。変更された形跡もありません。

そして①②の「4/12 13:40」同時に低価格に変更されている件について
これはウェブアクセス履歴からの憶測です。
①の商品の時にきた13:37分の「価格の誤設定の可能性により出品停止」のメール
いつもの連絡メールだと思いながらもこの商品の型番で在庫管理より検索してました。(13:39)
その後「出品価格を修正」ページに飛んでいます。(13:39)
「出品価格を修正」のページは最近変わった様で、今は「更新」のボタンしかない仕様になっていました。
私はここで更新ボタンなどは押さず、この「出品価格を修正」ページにて販売停止にされている一覧から上位にあった①と②の【商品ページ】に13:40分飛んでいました。
そのすぐあとの履歴はヤフーに飛んでました。
履歴を見る限りでは「【出品価格を修正のページから】商品ページに飛んだだけで、価格が勝手に変更になった?」という事になります。

ウェブ履歴のスクショやメール履歴の証拠をアマゾンへ提供し、現在回答待ちです。
うちだけなのか?たまたま障害時(13:40分)に【出品価格を修正のページから】商品ページに飛んでしまったばかりに変更・再販されたのか?
1度は障害ではないとの事だったが、同じ4/12に障害報告が起こっている事もありますし、そもそもの価格が一致してませんし、アマゾンには不信感しかありません。

他の店舗で同じ事があったかどうかは分かりませんが、停止中の商品が再販されていても「再販したよ!」って通知が来るわけでもないので、店舗側は気づいていない可能性も?あると思い、このような状況が今週ありましたという情報提供でした。
この1週間セラーフォーラムに上がらないか確認してましたが、やはりうちだけなのかな?
長文・乱文にて分かりづらく申し訳ございません。


#2

長文で詳細なのでポイントが見えづらいのですが、
「再販」の意味が今一つわかりかねます。

・貴社の出品として再び販売されたのか
・Amazonのリテールとして販売されたのか(これもたまにあります)

前者だと思いますが、そのうえで、この現象は
「価格の自動設定」機能によるものではないのでしょうか?
違っていたらすみません。

「価格の誤設定の可能性により出品停止」は
当社でもよくある現象なので、諦めることが多いのですが、
【勝手に】という言い回しが気になります。

もし「価格の自動設定」をしていた場合、【勝手に】Amazonが価格変更をすることは同意しているわけで、それにより販売再開(再販)されるのは仕方がないように思えます。

一方で、そうではない場合、明らかに障害ですね。
そうならば、TSとのやり取りは長期にわたりますが、頑張ってください。

ちなみに在庫一覧で「 出品価格の下限・上限」設定をされているか否か
確認してみてはいかがでしょうか?
されていれば「価格の自動設定」が機能している状態です。

もし、意味不明、的外れな回答であればお詫びいたします。


#3

追記になります。
この現象は当社でもよく起こります。

なんだかんだと「価格の上限・下限」の設定を外す(空欄にする)と
以降、問題が起こりません。

またもや勘違いならすみません。
私も前から気になっている現象なのでどなたかのお知恵をお借りしたいです。


#4

いうならamazonの「価格の誤設定の可能性により出品停止」が正しく機能していない、
価格の修正にタイムラグが大きく、反映されている金額をユーザーが確認しにくい、というところでしょう。
それを「amazonが勝手に価格を変えている」なんて言っても通じるわけがないです。


#5

貴重なご意見頂きありがとうございます。

当社の出品として再び再販してありました。

「価格の自動設定」というものも、この日初めて知った機能で、当社では設定は行っておりません。
この「価格の自動設定」も勝手に設定されたのか?とも考えいました…

「 出品価格の下限・上限」は販売停止になった時に、設定しないと再販できないと思い、設定はしておました。
しかしこの「勝手」という表現ですが、当社が設定した最低価格で販売されていたなら納得はいきますが、それよりも安い「Amazonがオススメ」する価格に変更になっていたので、勝手にと表現しました。

空にする設定!なるほどですね…
以前は「出品価格を修正」のページに飛ぶと、その設定が出来るページだったのですが、今は「更新」のボタンの表示しかなく…
在庫管理から「価格設定を管理」に飛んでも「販売価格」と「法人価格」しか設定が出来ません。
「価格の上限・下限」はどこへ…?
↑こちらについてもAmazon問い合わせていますが、やはり返答には時間がかかりそうです…。


#6

設定してないのに 設定してるようになってたのは
当店 今年の1月にありました。

商品は削除されなかったけど
価格の自動設定をしてないのに 価格が高いとなってる商品が 2点アップされてましたので
放置してたら 増えてきたので
価格を下げてから元に戻す設定をしても すぐに 価格が高いとアップされる

おかしいと思い テクサポへ問合せると 価格の自動設定をしてないのに
高いとなるのは おかしいという事で 修正をしてもらいました。
その後 価格が高いとなった事がありません。

単独カタログ Amazon以外に当店と同じ商品は 自店舗にしかないので
他の店舗の商品と比べる事も出来ないはずなのに 高いとアップされる
正直不具合でしょうと思いました。


#7

e1118

これは在庫管理画面の一番右に「設定:非表示●項目」という
グレーのボタンを押すことで、表示させたい項目にチェックを入れることができます。
私も当初知らずに「どこにあるんじゃい!」と怒っておりましたが(笑)

お試しください。
そこに該当商品に上限下限価格が入っていなければ、障害だと思います。


#8

アクビ!様

なんと!そんなことがあるんですね。
それは明らかに障害ですよねー。
勉強になります。


#9

貴重なご意見ありがとうございます。

当店でも他の出品者はいないのに「価格が高い」として販売停止になっている商品あります。
定価を調べた上で、定価よりも高い!って言われるなら、分かるのですが…
全て定価よりも低く、Amazonの販売価格より低い商品もあるのに「高い」として販売停止になると、Amazonが独占販売したいのか?と思ってしまいます。
実際沢山の店舗さんが販売してた(30店舗はあった)のに、今ではAmazonしか販売していないという商品もあります。


#10

価格の自動設定をしてるからではないですか?


#11

お教え頂き、ありがとうございます!
表示設定があるとは知りませんでした…

在庫管理の場所では元々「出品価格の上限・下限」は設定していませんでした。
「出品価格を修正」や「価格設定を管理」のところに行くと前は「出品価格の上限・下限」が表示されていましたが、いつからか表示されなくなっていました。
Amazonの仕様が変わると初期の設定はリセット?されるのでしょうか…


#12

価格の自動設定は個別(商品別)に設定できるものですか?
セラーセントラル上部のバー「価格」の「価格の自動設定」という全体的なものであれば、設定した事はないのですが…
これは自動的に設定されるという可能性はありますか??
ここから「価格の自動設定」が設定されているか確認が出来るのでしょうか?
ここに入ると…
「“価格の自動設定でポイントのサポートが開始されました。価格の自動設定では、価格とポイントの両方が調整されます。価格からポイントを引いた合計は、常に出品価格の下限と上限の範囲内に収まるようになりますのでご留意ください。詳細については、ヘルプページをご覧ください。”」
と表示され「キャンセル」「次へ」ボタンが出ています。
次へに行くと設定されそうなので、行けておりませんが…


#13

自動設定してないので 詳しくないので 下記参照して下さい

価格の自動設定
https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/G201994820

価格の自動設定を利用すると、おすすめ商品(ショッピングカートボックス)
価格の変更などに応じて、カタログ内でSKUの価格を自動的に調整することができます。
これにより、価格の変更が必要になるたびにSKUを変更する必要がなくなります。

価格設定ルールを作成し設定してから、ルールを適用するSKUを選択します。
これは、価格の自動設定は、カタログ全体ではなく、指定したSKUにのみ適用されるためです。

価格の自動設定してないのに 価格が高いってなったなら 不具合じゃないですか?
私は 不具合で修正してもらいましたので それ以降 価格が高いとなる事はありません。


#14

ちょっと気になったので、上記に自分で書いたことの修正として、以下を試してみます。

で。改めて色々見ていると、以下の方法もあるのかな?と。(ちょっと定かではありませんが)

①セラセンの検索窓から「価格の自動設定」で検索
②ツール「価格の自動設定」から「価格の自動設定」画面に遷移させる
③右端にあるアクション欄の「SKUを編集する」ボタンを押して「SKUの管理」画面へ遷移④「SKUの管理」画面の左端の対象となる商品のチェックボックスを指定。
⑤その上にある「一活処理」のプルダウンから「価格変更の停止」を選択
⑥「価格設定ルールから削除」のポップ画面で「価格変更の停止」ボタンを押す



33
44

と、試したところですが、結果がわかるにはまた何か起こらないと何とも言えないですねぇ。

うーん。なんだか混乱してきました。

なんだか心配・・・。


#15

私もそんな気がしてきました…
価格の自動設定が知らない間に適応されている可能性がありそうです。
問い合わせてみます!ありがとうございます。