引当金について、皆さんに質問があります。


(why_wha) #1

初めて投稿させてもらいます。
当店、昨年12月からamazonで大口で販売を開始した新規店ですが、amazonの売上金の支払いについて
どうも理解できないことがあります。

引当金についてです。

amazonは月2回、売上金の入金がありますが、毎回、引当金の名目で売上金の一部を留保されます。
しかし、この引当金について、数年やっている他セラーに聞いたところ、そのようなものはないと言っています。

この件で、テクニカルサポートに問い合わせたところ以下のような回答がありました。

------
アマゾンの仕様変更により、比較的新しい出品者様には、必ず引当金が発生するようになっており、この引当金を解除することができかねるということが判明致しました。

引当金が発生する理由ですが、Amazonでは商品配達後に購入者様から返金希望があった際に確実に返金できるよう、
売上金を引当金として留保させていただいております。
こちらの仕組みにつきましては、購入者様により安心してアマゾンで購入頂けるように導入された仕組みになっております

その為、注文のお届け予定日から7日間は売上金が留保され、7日経過後の決済日にお支払いが開始される仕様になっております。

-------

セラーの皆さんに質問があります。

引当金は発生しないセラーの方は、どれくらい前から販売を開始しているのでしょうか?

なお、余談ですが、この仕様は、かなり不当なもののように感じてなりません。
もし仮に、月商500万、FBAで販売したとして販売、出荷手数料等を全体で約25%とした場合、1回の入金額
は約180万円。 このうち、引当金に充てられる金額が、入金日前より7日ですから、引当金は約90万円となります。(注記:日商が毎日同じとした場合)
月2回の支払額のうち、引当金がない場合は、180万×2回=360万円ですが、引当金があると (180万-90万)+(90万+180万-90万)=270万円となります。

なにが言いたいかと言うと、月商が大きくなるにつれて引当金額も大きくなり、運転資金を圧迫してくる可能性があります。もちろん、それを見越して運営する必要があります。

しかし、参入時期が違うだけで、このような仕組みを押し付けられると、運転資金が少ない新規参入組は参入できなくなってきます。

ここ最近、amazonは新聞に載ることが多いですが、こんな差別的なことを平気でする企業なのかと思わずにはいられません。


売れた商品の一覧を見るにはどうしたらいい?
(友造) #2

こんにちは。
いつのまにかそんな改悪がなされていたんですね。
「かなり不当なもののように感じてなりません。」と言うお気持ちは良く理解できます。
私はAmazonのセラーになって6年ほどですが、引当金は発生した事がございません。
そもそもの話、ペイメントが0になったところで返金が発生すれば
Amazonからクレジットカードに勝手に課金されますので引当金など不要な気もいたします。
今後改善されれば良いですね。


(why_wha) #3

友造 様

ご存知なかったということは、仕様変更などのアナウンスはなかったのでしょうか?
この話を聞いた知人も、こんな話は知らないと言っていました。

4月24日以降、配送手数料が改変されたアナウンスは1か月前くらいからメール等でありましたが
一番重要な支払いについての改変のアナウンスは、ないのでしょうか。

テクニカルサポートも最初は「調査します」の返事でしたが、「判明しました」という、自分たちも
知らなかったというような言葉で返してきました。


#4

初めまして。

いつもはセラーフォーラムを閲覧する側ですが、とても共感できる内容だったので、投稿させていただきます。
当店はおととしの年末あたりに大口出品者に登録しましたが、同じく引当金を取られております(-_-:wink:
2016年の後半から仕様が変わったと聞いております。
またネット上には実績を積んで優良出品者になると、引当金も徐々に少なくなり、そのうちなくなるよとの
書き込みもありますが、今のところ毎回取られております。

商売が右肩上がりになると、売上金額よりも仕入金額が多くなり、また入金と支払のタイムラグに、
引当金まで取られると、本当に苦しくなります。
Amazonに掛け合ったこともありますが、改善はされません。
本当に新規の出品者には酷な仕様だと身をもって体験しました。


(UnaNRWh5Aj) #5

こんにちは

当店のアカウントは2016年以前のもので引当金はありません。
支払いの改変はされておらず、変更がないため、アナウンスはありません。

どこかのブログか何かで、現行(引当金のある)アカウントは
ペイメント画面に「振り込みをリクエスト」というボタンがあると見た事があるのですが、
それはありますか?
そこから「今すぐ振り込む」を実行することで2週間毎の周期関係なく、入金処理が行われるようです。
24時間に1回だけできるようですが、引当金に対する救済措置なのかなと考えていました。


#6

おはようございます。
確かに今すぐ振り込むというボタンはありますので、振込申請をしたら振込手続きが開始され、
6営業日以内には振り込んできます。
しかし問題なのは振込額です。
全額振り込んでくることはまずありません。
振込申請日が、もともとの支払予定日より遠ければ遠いほど振込額は少なくなります。
振込申請すると、そこからまた14日間カウントされますので、あまり意味がないように思えます。


(milkyway()) #7

私の場合 5年目になります。引当金の存在自体 この質問で初めて知りました。
ペイメントを確認すると 引当金の項目は、ありますが
計上されたことは無いようです。全ての決済情報 で0円になっていましたので
5年目で該当しないからでしょうか。


(健康食品販売会社) #8

こんにちは。

当方、2017年頭よりセラーとして販売しておりますが、
引当金の割合など初めて知りました。

というのも、先ほどペイメントの画面をみましたところ、
「前回決済の引当金」という項目はあれど、そこが「0円」以外に
なっているのを見た事がありません。

思い当たる区別としたら 出品されるカテゴリ、出品者の属性(個人・法人)、月商、FBAの利用、在庫数 くらいでしょうか・・・。

友造さんがおっしゃっているとおりクレジットカードを登録しているから
留保する意味がよくわかりませんね。

なんだか不思議な制度・・・。


(名無し) #9

日頃のお勤めご苦労様です。

参考になるかわかりませんが

弊社はAmazonを開始してから約2年になります。

現在は引当金等はありませんが当初は発生しておりました。

恐らく半年ぐらいかな。

確証は持てませんが、ある一定の売上金があれば引き当ては発生しないように思われます。

購入者がいつ返品してくるかわからない状況で売上金がなければ返金は出来ません。

日々や月間の売上が少ない場合、引当金として抑えられる事が大いに考えられますね。

どうぞご参考までに。


(76588fd4888ad9b4f017) #10

弊社も引き当て金が発生しています。
2017年から始めていますので、それが当たり前だと思っておりました。
まさか引き当て金がなかった時代があったなんて・・・

全額振込して欲しいと思いつつもそれがルールかと思っていましたので、とてもためになるトピだなと思っています。

何の役にも立たないコメントで申し訳ありません。


(why_wha) #11

皆さん、お忙しいなかお返事ありがとうございます。
(追記:改行がうまくいかず、読み難い文章となり申し訳ありません)

この件について、2点の質問をテクニカルサポートしたところ新しい回答があったので掲載します。ご参考になればと思います。

1.比較的新しい出品者には、この引当金が発生する仕様とのことですが、この仕様になったのはいつからなのでしょうか。
回答:本件の仕様開始につきましては、2016年8月31日以降に登録いただきました出品者様が対象となります。

2.数年販売をしているセラーは、このことを知らなかったと言っていますが、この仕様変更について、全セラーにどのように連絡しているのでしょうか。 4月24日の出荷手数料改定のように、変更前の何日前から連絡が行われているのでしょうか。
回答:大変恐れ入りますが、本仕様変更につきましては、2016年8月31日の出品者様は対象とはならないため、本件についてマスメールは配信していないものとなります。
しかしながら、2016年8月31日の出品者様もパフォーマンスが下がった際は引当金の対象となるため、パフォーマンスが下がった出品者様に対しては個別に引当金についてマスメールの配信を実施しております。

まず、この件で重大な問題は、質問2の回答にあるとおり、出品者の支払いに関する重要な部分についてamazonが全出品者に仕様変更を周知させていないことです。

また、仕様適用前の出品者でもパフォーマンスが下がると引当金を適用するとあります。
ここにお返事頂いた仕様変更前の出品者様は、パフォーマンスが下がると仕様適用のことはご存知ですか?

お返事頂いた内容で気になる言葉を記します。

・健康食品販売会社 様は、2017年初頭から販売開始されているようですが、引当金は発生しないといわれています。

・名無し 様 は 当初はあったが半年位でなくなったといわれています。

仕様が適用されている出品者とそうでない出品者がいる可能性があります。

余談ですが、kkk_o_yo 様が言われるとおり「振り込みリクエスト」は、ほぼ意味がありません。
引当金の適用は「注文のお届け予定日から7日間は売上金が留保され、7日経過後の決済日」のため、
その月の振り込み日の2日後に「振り込みリクエスト」を申請しても、「振り込み日の7日前から6日前の2日間」の売り上げ金しか振り込まれません。
その申請をすると、振り込み日が、その日から14日後にズレるだけです。

この仕様は、出品者の資金を保留することで仕入れを半ば強制的に止める可能性があり、販売の機会を平等に与えていないことと同意と思うのですが、違うでしょうか?


(健康食品販売会社) #12

why_whaさま

すみません、先ほどの回答に漏れがありました。
当店は引当金は発生していませんが
逆に「振り込みリクエスト」というボタンは無く、2週間に一回自動的に
振込がされるだけになります。
また振込日を指定する事も、締め日を自分で設定する事もできません。
(これは以前、月内のハンパな日で振込されるのが当社の処理上つらいため
日程が変更できないかカスタマーに確認しました)

これもなにか影響する「区別」にはいるのでしょうかね。


(るんたった) #13

当方も新参者で引当金を払っていますが、仕方ないのかと思っていました。

思い返すと、以前勤めていた会社では小さい会社への支払いを利子を払わずに遅らせる行為は下請法違反になるということで神経を使っていました。私は法律の専門ではないのですが、これは問題にならないのでしょうか?

詳しい方に教えていただけると嬉しいです。


(信楽狸) #14

知りませんでしたねw

唐突に引当金が発生したこともあったものですが、何かの理由があってのことだろうし、いつものように告知がされていないのだろうと見当は付けました。
良く見てみればちょっとまとまった額の返金(保留)もあったものですから、システム上、管理者側も用心して返金が確実になされるように引当金を設定したものと思われたので、しばらくの間は静観していましたが、パフォーマンスが改善されるとまもなく引当金は設定されなくなり、振り込みリクエストのボタンも再生しました。
一定期間、個別の出品者のパフォーマンスをアナライズし、結果により等級分けしたのかも。

資金繰りの困難から仕入れに不便を生じるというのはキャッシュフローの問題になりますので、また別な話題かと。引当金も根拠も無く発生するものではありませんし。


(why_wha) #15

信楽狸 様

コメントありがとうございます。
少し気になったの書かせてもらいます。

>資金繰りの困難から仕入れに不便を生じるというのはキャッシュフローの問題になりますので、
>また別な話題かと。引当金も根拠も無く発生するものではありませんし。

この引当金の話はキャッシュフローとは別物としてみてください。
確かにキャッシュフローの話もありますが、それは私が最初に書いたとおり、それを前提として運営すれば良いだけの話です。
この引当金の仕様が、全出品者に均等に与えられていないことが、問題になるのではないかと言っているのです。

引当金の仕様は、仕様変更後の新規出品者には、おそらく、大半の人に適用されているもので、それが継続するものです。
信楽狸 様はおそらく 仕様変更前の出品者様と思いますが、仕様変更後の出品者にはパフォーマンスの良い悪いに関係なく、出店登録後から継続して 引当金が発生します。
引当金の根拠は、私が一番最初のコメントに記したとおりです。
友造 様が言われるように、仕様変更前の出品者様と同様に 商品返品分の代金はクレジットカードからマイナス請求すれば良いと思います。

また、これは個人的な意見ですが、保留期間分が長いです。
amazonの売上金の支払い間隔は、14日毎です。
引当金の保留期間は「注文のお届け予定日から7日間は売上金が留保され、7日経過後の決済日」です。
これは、売り上げの1週間分の金額しか毎回支払われないことになります。

仕様適用前の出品者様は、1か月に 28日分の売り上げ金額が入金されます。
仕様適用後の出品者様は、1か月に 21日分の売り上げ金額が入金されます。残り7日分は毎次回の支払い日まで保留されます。

この保留分の未払い金の扱いが前者にはありません。


(しん) #16

引当金が新規参入のセラーの方のみに発生している事につきまして、昨今横行し、大きな騒ぎにもなりました、アマゾン詐欺騒ぎが多少なりとも関係しているのかと思います。
新規の出品アカウントを利用した手口でしたので、アマゾンとしては、志のある善意のアカウントとそうでないアカウントの区別は登録の時点で判断はつかず、消費者保護の観点から全ての新規アカウントに引当金の仕組みを導入しているものと考えられます。
資金調達の機会が平等にあたえられていないように感じられてしまうかもしれませんが、あの時の混乱を考えると、致し方の無い措置なのかなと思っています。
出品者のクレジットカードへの請求をする事で補填するやり方が、詐欺を目的として使われているアカウントに対して有効な手段ではないのが、そうできない理由ではないでしょうか。


(05e650f8e9c0eef93f14) #17

当方、4年前から販売活動しており日本amazonアカウントでは引当金を設定されておりませんが、昨年に開設した米国amazonアカウントでは引当金を設定されています。おそらく日本のamazon単独の決定ではなく米国本社の世界共通の決定ではないか、と思われます。


(a81fe6bcb84311c49f11) #18

わたしも「しん」さんと同じ考えです。
クレジットカード請求すればとありますが、クレジットカードが本当に有効か確認できないのであれば、
引当金も仕方ないと考えます。

また、セラー間の違いは、長期契約による信頼というのもあるのではなかと考えます。


(ホビー無線ショップ) #19

此方は最初から引当金されていますね。
売上金額の10分の1だけ入金されますね。


(milkyway()) #20

当店も同じです。振込リクエストボタンは無いので
振込リクエストボタンのあるも知りませんでした。