突然のアカウント停止に何も手につきません


#1

お世話になります。
詳しいことはアカウントスペシャリストの判断に委ねられることは重々承知しておりますが、現時点で出来ることがあればアドバイスいただけないでしょうか?

昨日の朝、突然のアカウント停止メールがAmazonより届きました。
商品は国内玩具メーカーの販売しているフィギュアなのですが、真贋調査に抵触しているためにアカウント停止させて頂きますとの内容でした。

こちらの商品を登録したのが6月9日
昨日までに販売した数は0です。
つまり、お客様からの偽造品を疑われる事項は当店にはございません。

しかも、こちらの商品は発売から七年が経過しており、90日以内の領収書も請求書も提出することが難しい状態であるため、テクニカルサポートに相談致しました。その上で、真贋調査に抵触した商品の出品終了と削除処理をいたしました。

その他にアカウント停止に至る事項があるかと思い、テクニカルサポートに問い合わせたところ、クレーム、返品、遅延、返金保証ともに0%、評価は100%のため、アカウントに何の問題もないとのご連絡をいただきましたが、テクニカルサポートも電話をする度に対応が違い正直不安です。

Amazonはマニュアルに厳しく、顧客至上主義であるため、領収書の提出ができなければアカウント再開は絶望的なのでしょうか?

テクニカルサポート上席のアドバイスにより、アカウントスペシャリスト宛に、今回の経緯、抵触した商品の販売停止及び今後も販売しない旨を含む対策案、何より当店では販売実績のない商品であることを強調し、改善対策をメール送信しました。

真贋調査というのは、お客様の偽造品を疑う声によって行われるのでしょうか?

だとしたら、出品停止警告すらなく突然行われた今回のアカウント停止に納得がいかない気持ちです。

頑張っていくぞ!と仕入れも増やした矢先の出来事に呆然とし、抱えた多数の在庫にアカウント閉鎖の恐怖で何も手につかない状態です。


3年前に停止したアカウントの申し立て資料の作成
#2

真贋調査については

権利者サイドの人たちは「すぐに停止しろ」
セラー側は「一度の真贋調査の申し立てですぐ停止するのはひどくないですか?
立場が違えば難しいですね。

90日以内の仕入れ書類が存在していないということなのですぐに応じることは難しいかもしれません
ただ、本業で継続して仕入れている仕入れ先なら何らかの取引書類を(状況証拠として)提出可能かもですね。
その商品の仕入れが個人からの買取などで正規ルートでないなら
そもそも真贋はどちらにしろ証明することは難しいのでは?


#3

発売から七年が経過した商品とのことですが、
登録は6/9に行ったということは最近仕入されたものではないのでしょうか。
それとも7年前からずっと所持していた商品を出品されたというわけではないですよね?

販売された商品がいくら古いものとはいえ、
貴社で仕入を行った以上は卸からの仕入明細などなど存在するはずです。

突然の停止というのは確かに理不尽ですが、
仕入明細を提示し正規の商品であることを証明すればよいのでは。


#4

ご回答をありがとうございます。

こちらの商品は、実は私の私物です。
七年ほど前に購入してから保管していたのですが
誰もが知るおもちゃメーカーがウェブにて数量限定の抽選販売をしていたものを複数点出品したのですが、なぜか今回の商品だけが真贋調査の対象となったため、どのように対策すべきか思案しておりました。

ただ、お客様から当店の販売した商品の真贋について問われるのであれば納得もいきますが、販売実績のないものに対して真贋調査の対象としてアカウント停止という措置は、客観的に見ても厳しすぎないだろうか?とは感じております。

商品登録の際にAmazonに出品許可を得る旨の警告が出る商品など山ほどある中で、今回の商品は登録の際に表立った警告もなく、商品登録が出来たにも関わらず、真贋調査の対象商品ですと言われましても商品登録の際に見分ける術がなければ今後も同じことが起こりうる可能性は極めて高いと思います。

アカウント停止の前に出品停止もしくは警告などがないのは普通なのでしょうか?
アカウントスペシャリストより現状では返信もないため、途方に暮れています。


#7

すみません。
肝心な部分を記載し忘れました。
こちらの商品は、私自身がメーカーから購入してから保管していたものですので間違いなく本物です。

メーカーから購入した旨を証明する2011年のクレジットカードの利用明細はございますが、90日以内のものを提出せよと限定されても、提出することが難しいのです。

回答していただくのはありがたいですし、こちらに落ち度がないとは申しませんが、あなたが100%悪いと断定されるのは納得いかないです。


#10

私物ですか…
それだと話が変わります
もしかして「新品」として出品したのではないですよね?
それでしたらそもそも既約違反です

7年前にネットのみで限定で販売した商品を
全く取引のないところが「新品」として販売開始したら
メーカーなどは真贋調査かけますよ。


#11

「これは本物だ!私がそう言うのだから間違いない」という理屈が通るのはメーカーだけです。
証拠は無いけど信じろ、なんて理屈はどの社会においても通用しません。

というか、もしかして7年前の私物を“新品”で出品されていたんですか?


#12

いいえ。
商品の状態は中古品ー良いです。
迂闊でした


#13

中古で販売されたのですね。

にもかかわらず、アマゾンが
「90日以内の領収書や請求書を出せ」と
言ってくるのは、非常に気になりますね。

通常、中古品であれば古物買取票を請求してくるはず
(一般的に古物の場合は、領収書や請求書があるはずはないので)
なのですが・・・。


#14

ひとつ質問ですが、同じ商品を新品で出品している他セラー様が多数いらっしゃるのですが、同じように真贋調査が入っていると考えられるのでしょうか?

その方たちも、同様にメーカーが七年前に販売終了している今回は請求書の提出は難しいと思うのですが…
一縷の望みをかけ、メーカーに登録しているアカウント経由で商品を送付した上で本物であると証明していただく他、打開策がない気がいたします。
購入者には履歴が5年前までしか遡れませんが、メーカーでは、それ以上遡ることも可能かもしれませんのでお願いしてみようと思います。


#15

あの…
そんなことは思っていませんよ。
私のいうことは絶対正しいだなんて通用しないことくらいわかっています。
だから、こんなに悩み、後悔しているんです。

現に、2011年にメーカーで購入したクレジットカードの利用明細書と請求書がございますから。
ただ、90日と限定されることに困惑したんです。

先ほどからなぜ、人を見下し、バカにするような回答をするんですか?
親身にアドバイスしてくださるようにはおもえないですよ。


#16

ご自身の私物を中古で出品されたのですね。
それであればコンディションガイドライン上も問題は無いように思えます。

ただ個人の私物を「貴社が買い取って中古として出品した」という形に書類上なっていれば、
先ほどの明細その他もクリアできた可能性はあります。

中古の真贋調査は以前にも別のトピックで取り上げられていましたが、結果的に解決しなかったようです。

ピンポイントで貴社が対象になったのがお気の毒としか言いようがありません。
スピード違反と同様でたまたま引っかかったと言わざるを得ないかと。
当然他店の新品は領収書、請求書の類は提出できないことがほとんどでしょう。

サポートには既にお伝えされていると思いますが、事の顛末を詳細に伝えて判断を待つしかありません。
幸いにも貴社アカウントには問題が全くないとのことですから通常であればじきに解除されるはずです。


#17

失礼します。
勝手な憶測ですが、すでにある商品のカタログを新たに乱立させてませんか?

『仕入』という事は、個人出品ではなく事業として出品されているということですよね。
法に触れてませんか?

真贋調査でアカウント停止はあり得ないと思います。


#18

中古だったのですね
それならガイドラインからも問題ないはずなのですが
メーカーに真贋鑑定かけてみるとのことですが
それがいちばんよいかもしれません
アマゾンにもメーカーに真贋鑑定かけるのでと伝えてみるとよいのでは


#19

ほんと怖いですね
「中古で良い」でも、こんな一方的な扱いをうけるなら、いっそのこと出品できないようにしてほしいです

真贋調査を受けやすいジャンルやメーカーやコンディションってあるんですかね?
こういう情報が欲しいです
疑いを晴らす労力をかけるくらいなら、最初から手を出したくないですし


#20

いいえ。
既にあるカタログに出品致しました。
こちらのカタログには他にも15セラーの方の出品がございます。

当店は事業主としてではなく、個人として出品しており、銀行口座やクレジットカードも個人のものを提出しています。


#21

もしかして、自動的に真贋調査をかける仕組みがあるのでしょうか?
例えば、急に出品点数が増えたセラーや急に注文数が増えたセラーは、自動的にマークされるとか


#22

そうなんです。

フィギュアはパチもんと言われる方もいますが、フィギュアが心底好きな当店スタッフからすると、偽物など絶対に売りたくないですし、他の商品は領収書もございます。
フィギュアなんかとは思えないんです。フィギュアだから売りたいんです。

今回も、そんな気持ちから私物の数量限定フィギュアだからこそ、私よりももっと大切にしてくださる方にと思ってしまった出品が迂闊だったと反省しております。
こちらに落ち度がないなどと言いません。
けれど、他セラー様で当店と同じようにフィギュアを扱う方が同じ状況を経験するのは現状目に見える気がいたします。

せめて出品許可が必要な商品の整備だけでもと望んでやみません


#23

私も同じように真贋調査によって特定の商品を出品不可になったことがあります。

Amazonの要望に応えることができないのであれば、こちらはAmazonの売り場を利用させていただいている限り停止措置は仕方のないことだと思います。
あなたが、どのような理由で書類が用意できないかどうかというのは消費者側、Amazon側からすれば知ったことではないです。
私はもちろん諦めました。
ただし、私の場合はアカウントの停止ではなくて特定の商品の出品制限だけでしたが…。


#24

そうなんですよね。
私は、既にこちらの商品を販売することは諦めておりますし、出品削除の処理をしております。

ただ、特定品の出品停止を飛び越え、いきなりアカウント停止の措置となったため困惑し、行き詰まっております。
真贋調査の出品停止ならば、潔く諦めます。
やはり真贋調査は突然来るのですね。
ご経験談をありがとうございました。