delivery-Instructionsにどう対応していますか?


#1

注文データを見ていると「delivery-Instructions」という項目に、お客様からの配達時の注意点などが書かれている場合があります。
例えば、
「中まで入って来ていただくと二軒の家があるので、左手の家にお願いします。不在の場合はどちらかの家の玄関先に置いていただいても大丈夫です。」
というように具体的な事が長文で書かれていることが多いです

しかしながら、当店ではデータからクロネコヤマトのB2に送信して出荷伝票を作成しているので、
「delivery-Instructions」に書かれた文章を挿入する場所がありません。
「記事」欄は全角16文字しかないので、長文を書かれてもほとんどが入りません。

このような場合は、どのように対処されています?
手書きで書き写すくらいしか思いつきませんが。。


#2

置き配と同じでヘルプまたは購入過程に
ama出品以外(マケプレセラー出荷)は対応できなような
記載あったと思います(未検索)

宅配便など送り状方式なら住所欄(文字制限以内)に記載できるからいいのですが
送り状方式ではなく伝票住所貼りつけ方式ですと
その宛名部分をカット貼付け方式がルール(変更不可・そのまま出荷)ですので
不足・不備は困ることもあります

受注データ取得方式ではないセラセン出荷の場合は
その項目もいちいち見るセラー様も少ないと思われますので無視でいいかと思います


#3

注文レポートの見方

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/G201648780
delivery-instructions 購入者が入力した配送に関する指示事項。
Amazon.co.jpでは使用しません。

delivery-instructions この項目 購入者が 商品を買った時 どのタイミングで
どこで入力するのか?
使用しませんとなっているのに 入力出来るのです・・・

USのシステムを まんま導入してるから誤認させるシステム導入だと思います。

delivery-Instructions%E8%B3%BC%E5%85%A5%E6%99%82%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%8A%9B%E7%94%BB%E9%9D%A2

たまに見たら 長文の人もいましたが 放置しています。

宅配便で発送されてるなら ラベル用紙に 内容を印字して貼っておくといいかもしれません。


#4

なるほどですねありがとうございます
参考になりました


#5

ありがとうございました。そのようにします