新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

危険物判定に必要な情報および文書

フルフィルメント by Amazon(FBA)で新しい商品を出品する際は、特定の危険物情報をAmazonに提供する必要があります。

出品情報の作成後、安全データシート(SDS)または適用除外シートの提出が必要になる場合があります。この情報の提出を怠ると、配送処理が遅延したり、購入者への配送がキャンセルされる場合があります。

SDSまたは適用除外シートをアップロードするには、危険物の分類を管理するに移動します。

重要: 危険物として規制されていない商品であっても、商品を出品する際は、提供可能な危険物の情報や文書をAmazonに提供することをお勧めします。これにより、処理の遅延を減らすことができます。

このページでは、以下について説明します。

新規の出品情報 FBA出品情報の作成時またはFBAへの切り替え時に求められる危険物情報、および情報の提供方法
既存の出品情報 出品情報をFBAに変換した後に必要となる危険物に関する書類:安全データシートおよび適用除外シート

新規の出品情報

FBAの出品情報の作成時またはFBAに変換する際は、電池および危険物として規制されている商品の両方について、危険物情報を含める必要があります。(ワークフローの危険物情報を追加をクリックして開始します。) 商品が適切に分類され、商品の販売が停止されることのないよう、必ず正確で完全な情報を提供してください。

電池に必要な情報

電池情報で、商品自体が電池なのか、または電池を使用している商品なのかを通知してください。はいと回答した場合、以下に説明する詳細情報が必要になります。

電池はこの商品にどのように使用されていますか?

ドロップダウンメニューから、以下のいずれかを選択してください。

  • 商品が電池単体(ノートパソコンの交換用バッテリーなど)である場合、または、電池を電源としない商品の付属品として販売される(充電器の付属品として販売される携帯電話用電池など)場合は、電池単体を選択します。外付け充電器(モバイルバッテリーなど)は電池とみなされます。
  • 電池が電池を電源とする機器内に装着されていない状態で同梱されている場合は、電池は機器に付属を選択します。たとえば、携帯電話と一緒に梱包される着脱式電池はこれに該当します。
  • 電池が商品にプリインストールされている場合、または商品内に組み込まれている(Kindleタブレットなど)場合は、電池内蔵を選択します。
  • 商品に電池が含まれていない場合は、別売を選択します。

電池の成分

ドロップダウンメニューから電池の組成(例:アルカリ、リチウムイオンなど)を選択します。この情報は通常、電池本体や外装に印字されています。

バッテリー商品に電池が使用されている場合、危険物である可能性があり、次の一部またはがすべての情報が必要です。

電池の種類とサイズ

ドロップダウンメニューから電池の種類を選択します(例: AAA、CR123Aなど)。この情報は通常、電池本体や外装に印字されています。電池の種類が不明な場合は、不明を選択します。

電池の個数

予備品なども含め、電池の合計個数を入力します。

電池の重量(グラム)

含まれるすべての電池の重量合計(g)を入力します。これは、電池単体の重量で、パッケージや機器の重量は含みません。

電池1個当たりのセル数

予備を含めたセルの合計個数を入力します。

注: 「セル」とは、正と負の極をもつ単体の蓄電ユニットです。「バッテリー」とは2つ以上のセルが接続されて構成された電池です。たとえば、テレビリモコンの場合、一般的に背面のケースに2個のセル(単3)が入っています。また、単体のノートパソコン用バッテリーの場合には、バッテリーのプラスチックケース内に6個のセルが含まれていることがあります。複数のセルで構成されたバッテリー内のセルの個数は、通常、電池の外装やメーカーの技術情報に記載されています。

リチウム電池の梱包

ドロップダウンメニューから正しい梱包状態を選択します。梱包状態は、機器に対し電池がどのように梱包されているのか(商品に組み込まれているかなど)を選択します。

電池当たりのワット時

商品がリチウムイオン電池を内蔵している、あるいは同梱されている場合、電池当たりのワット時定格量(Wh)を入力します。この情報は、一般的に、電池本体、外装、またはメーカーの技術情報に表記されています。

注: ワット時定格量の表記がない場合は、公称電圧(V)と定格容量(Ah)から算出できます。これらの情報は、一般的に電池本体、外装、またはメーカーの技術情報に表記されています。ワット時定格量の算出に使用する電圧は、電池の公称電圧(通常は「電圧」と簡単に表記されています)です。「入力電圧」、「出力電圧」、または「最大充電電圧」と混同しないでください。商品のワット時定格量を算出する

リチウム含有量(グラム)

商品がリチウム金属電池を内蔵している、あるいは同梱されている場合、電池のリチウム含有量(g)を入力します。この情報は、通常、メーカーの技術情報に表記されています。

注: 該当する場合、メーカーが提供するリチウム含有量を入力してください。製造業者がこの情報を提供できない場合で、セルごとのアンペア時定格容量(Ah)率がわかる場合は、リチウム含有量を算出できます。商品のリチウム含有量を算出する

危険物判定に必要な情報

製品規制情報で、商品が危険物と判断されるかどうか、または商品が輸送、保管、廃棄もしくは3つすべての規制対象となる危険物と判断されるかどうかをお知らせください。商品が危険物と判断されない場合は、いいえと回答します。

はいと回答した場合は、種類を入力ドロップダウンメニューから該当するものを選択します。選択した内容に基づいて、以下の詳細情報が必要になります(これは不明と回答した場合にも適用されます)。詳細情報には、以下のすべて、または一部を提供してください。

UN番号

この情報は、安全データシート(SDS)またはメーカーから入手できます。先頭に「UN」を含めて、スペースを挟まず番号を記載してください(例:UN1266)。

製品重量(キログラム)

重量をキログラムで入力します(1ポンド = 0.45kg)。

製品寸法(ミリメートル)

ガスまたは液体の容量をミリリットルで入力します(1液量オンス = 29.6ml)。

分類/GHSラベル:

GHS/CLP規格により、商品が危険物と判断される商品の場合は、商品のパッケージまたはSDSに記載されている各ラベルを選択します。(GHSはGlobally Harmonized System of Classificationの略で、CLPは Classification, Labeling, and Packagingの略です。)

GHS/CLPラベルの例については、危険物確認ガイドをご覧ください。GHS/CLPについて詳しくは、UNECEのウェブサイトをご覧ください。

また可能な場合は、以下の情報も提供してください。

  • 安全データシート(SDS)のURL: 商品の安全データシート(SDS)はメーカーから入手できます。安全データシートの詳細については、以下をご覧ください。
  • 引火点: 引火点で商品の可燃性を決定します。商品の引火点を摂氏(℃)で記載します。この情報は、安全データシートまたはメーカーから入手できます。

審査には、商品登録やFBAへの切り替えが終わってから4営業日(祝日を除く月曜日~金曜日)かかります。詳しくは、危険物判定作業(危険物)をご覧ください。

ASINチェックツールを使用して、FBA ASINの分類ステータスを確認します。

重要: 以上の必要な情報が提供されない場合は、FBAでの商品登録、または出品のFBAへの切り替えを見送らせていただくことになります。また、提供された情報が不完全、不正確、または矛盾がある場合は、商品の販売が停止され、追加情報の提供を求められる場合があります(以下参照)。

既存の出品情報

危険物対応の担当部署では、危険物に該当する可能性があると判定された場合、Amazonから出荷(FBA)に変更された各ASINの審査を行います。

危険物情報が完全かつ正確な商品は、2営業日以内(祝日を除く月曜日~金曜日)に審査され、分類されます。情報が不完全、不正確または矛盾がある商品については、FBAでの販売が停止される場合があります。

商品を正しく分類するために、以下のいずれか、または両方の書類が必要となる場合があります。

  • 安全データシート: 安全データシートをまだアップロードしていない場合、アップロードした安全データシートが有効でない、または内容に矛盾がある場合は、メーカーから完全で正確な安全データシートを入手してアップロードしてください。商品に有害な化学薬品(アルコール、酸、ナトリウムなど)が含まれておらず、安全データシートを入手できない場合は、適用除外シートをアップロードしてください。
  • 適用除外シート: 完全で正確な情報が提供されていない場合は、電池や電池駆動商品、または有害な化学薬品を含まない商品に関する適用除外シートをアップロードしてください。

Amazonでは、フルフィルメントセンター内の危険物として規制される可能性のある商品を定期的に審査し、納品が規制や安全基準を満たすよう徹底しています。審査時に危険物情報が不足していることが判明した場合は、安全データシートまたは適用除外シートの提出を依頼されます。

重要: 在庫がすでにAmazonフルフィルメントセンターに保管されているときに、商品が危険物の可能性があると判断された場合は、Eメールでお知らせします。必要な書類の提出期間は14営業日以内です。この期間内に有効な書類が提出されない場合は、在庫は出品者の費用負担により廃棄されます。

詳しくは、危険物判定作業をご覧ください。

安全データシート(SDS)

安全データシート(SDS、旧称:製品安全データシート)には、メーカーまたは輸入業者が作成した16の項目が含まれています。安全データシートには、物理・化学的特性、物性・健康上の危険性、接触経路、安全対策あるいは安全の使用上の注意、応急処置方法などが記載されています。

安全データシートを提出いただくと、Amazonでは以下のことが可能となります。

  • 商品が危険物として規制されているかどうかを確認する
  • 危険物か危険物ではないか、商品を正しく分類する(商品分類によって商品の保管や輸送方法が決まります)
  • フルフィルメントセンターにおいて商品に漏れや流出が生じた場合の適切な対処方法と廃棄方法を特定する
  • 商品が危険物の規制対象外の商品であることを確認する

適合する安全データシートは、以下の条件を満たす必要があります。

  • 過去5年以内に作成または更新されている
  • 新しいGHS/CLP危険認識情報が含まれている
  • 商品の出品情報と一致している
    • 出品情報の商品名(商品詳細ページに表示される商品名)が、安全データシートに記載されている商品名と一致している
    • 安全データシートに記載されている商品のメーカー名またはブランド名が商品詳細ページに表示されているものと一致している
  • 安全データシートの16の標準項目すべてが含まれている

安全データシート(SDS)のアップロード

安全データシートをアップロードするには、危険物の分類を管理するに移動します。危険物担当チームが、安全データシートを2営業日(祝日を除く月曜日~金曜日)以内に審査します。

分類の遅延を避けるため、安全データシートが上記の要件に準拠していることを確認してください。上記のASINチェックツールを使用すると、商品のステータスを確認できます。

重要: 複数の化学薬品系の商品を含むセット品やキットを出品した場合、対象のセットまたはキットに含まれる各製品の安全データシートを提出する必要があります。

適用除外シート

安全データシートが不要な以下の2つのカテゴリーの商品についてのみ、適用除外シートを使用できます。

  • 電池および電池駆動製品
  • 有害化学薬品を含まない製品
重要: これら2つのカテゴリーに入らない商品の適用除外シートを提出した場合は、申請が却下されます。適用除外シートが承認されるよう、必ず完全かつ正確に記入してください。危険物担当チームが、適用除外シートを2営業日(祝日を除く月曜日~金曜日)以内に審査します。

適用除外シートをアップロードする

まず、商品カテゴリーの情報を検索します。

  • 電池および電池駆動製品。 商品パッケージ、製品マニュアル、電池本体を確認し、ワット時定格量と電圧に関する情報を確認します。詳しくは、リチウム電池本体またはリチウム電池を含む商品に対する要求事項を参照してください。
  • 有害化学薬品を含まない製品。 商品のパッケージや商品自体を確認し、原材料、ラベル、警告文などの具体的な情報を確認します。

次に、危険物の分類を管理するに移動し、以下の手順に従って適切な適用除外シートをダウンロードします。


  1. ページの右側で、適用除外シートで使用する言語を選択します。
  2. 電池および電池駆動製品に関する適用除外シート、または有害化学薬品を含まない製品の適用除外シートのいずれかをクリックします。
  3. テンプレートをダウンロードしたら、赤でハイライトされたセルすべてを入力します。回答によっては、他のセルが赤くなることがあります。これらのセルにも入力します。
  4. コンピューターに文書を保存します。
    注: 情報が不完全または矛盾する情報がある文書は保存できません。エラーがある場合は、修正してから文書を保存します。
  5. 文書をアップロードします。
サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates