新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

親子関係について

商品間に親子関係(バリエーション)を設定すると、購入者にとって、閲覧中の商品に複数のオプションがあることがわかりやすくなります。たとえば、Tシャツに複数のサイズと色がある場合、親商品はTシャツ(半袖、コットン、クルーネック)で子商品は親商品のバリエーション(ピンクのTシャツ、XXXLサイズのTシャツ)になります。詳しくは、バリエーション関係をご覧ください。

また、ファイルのチェック機能を利用すると、在庫ファイル内のバリエーションの組み合わせを自動的に検出できます。

親子関係とはどのようなものですか?

たとえば、購入者がAmazonでTシャツを検索したところ、10点の商品が見つかったとします。それぞれのTシャツに3つのサイズと2種類の色があった場合、1つのTシャツにサイズと色の異なる6種類の商品が存在することになります。つまり、10点の商品全体としては、検索条件に一致する商品は60種類(6x10)あることになります。そこで、Amazonでは60種類の商品すべてを検索結果に表示する代わりに、親子関係を使用して同じような商品をグループにまとめて表示します。そのため、カタログの検索結果に表示される商品は「Tシャツ」の1点のみとなり、商品のバリエーション(サイズおよび色)は商品詳細ページに表示されることになります。

親商品には、バリエーションテーマがありませんが、画像に親商品や、特定のサイズや色の情報を含めることができます。親子関係の要素のヘルプトピックでは、親商品に、赤のMサイズのTシャツの写真を使用しています。購入者が検索しやすいよう、商品の一般的な画像を使用することをお勧めします。

商品の親子関係を使う場合

すべてのカテゴリーで親子関係を設定できるわけではありませんが、出品商品に適切なバリエーションテーマがある場合は、親子関係を必ず設定してください。

注: 親子関係を設定できるカテゴリーついては、各カテゴリーの在庫ファイルテンプレートをご覧ください。

ビューティーカテゴリーで口紅とハンドローションを販売するとします。テンプレートを見ると、ビューティーカテゴリーには色のバリエーションを設定することができますが、香りのバリエーションを設定することはできません。口紅は色のバリエーションがあるため、親子関係を設定する必要があります。一方、ローションはさまざまな香りの商品がありますが、該当するバリエーションテーマがないため、この場合は親子関係を設定できません。

すべての商品に有効なバリエーションを設定できるとは限りません。商品に有効なバリエーションを設定できるかどうかは、次を参考に判断してください。

  • 商品は本質的に同じものか
  • 違うのはある特定の部分のみか
  • 購入者が、商品詳細ページだけですべての商品を一度に確認したいと思っているか
  • 該当する複数の商品に同一の商品名を使うことができるか
注: バリエーションテーマを規定どおり正しく使用していない場合、Amazonはその商品を削除する場合があります。

親/子関係の設定にXMLフィードを使う場合

商品の関係を設定する際、在庫ファイルではなく、XMLを使うこともできます。

XMLを使った在庫管理について詳しくは、データ交換の概要をご覧ください。

親/子関係の削除

商品の親/子関係の削除については、在庫ファイルの変更:注意事項をご覧ください。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates