新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

梱包要件

商品は納品時の梱包形態を以って、そのまま消費者へ販売されます。必ず販売できる梱包形態での納品をお願いいたします。

重要: 梱包要件、安全上の要件、FBA禁止商品の要件を順守していない状態で着荷した場合や、納品時に不備が発見された場合は、Amazonフルフィルメントセンターにて受領拒否、着払いにて返送、出品者負担による廃棄、新規納品作成機能の一時停止、追加の梱包にかかった手数料の請求等が発生する場合がありますのであらかじめご了承ください。納品時の要件を配送業者やベンダーと共有し、出品者同様に順守いただけるようご協力をお願いします。
  • 同一のSKUアイテムはひとつの梱包にまとめて納品してください(複数冊で1セットとなっている書籍を含む)。Amazonでは、フルフィルメントセンター側で組立作業が発生する商品は受領できません(たとえば、二輪車のハンドルとタイヤが別々の輸送箱に梱包されているケースなど)。
  • セットになっている商品は、パッケージ上の目立つ場所にセットであることを表記する必要があります。誤って開梱されることを防ぐため、セット商品である旨の表示/ラベルは、目立つ位置に貼付してください。(例:箱梱包の場合は天面) 開封厳禁シールのテンプレートは、こちらからダウンロードできます。
  • 単品商品をまとめている場合は、複数の商品を含むカートンの外側にスキャン可能なバーコードをすべて取り除くか覆い隠す必要があります。外箱に読み取り可能なバーコードがある場合は、白いテープを貼って隠す、またはバーコードに線を入れて無効化してください(横ではなく、縦線を入れてください)。梱包の中の個々の商品にのみスキャン可能なバーコードが付いている状態にします。商品本体以外に読み取り可能なバーコードがあることは禁止されています。
  • 運送中の損傷を避けるため、輸送箱の中はなるべく隙間を作らないようにしてください。サイズが小さな商品や少数の商品のみを納品する必要があり、どうしても輸送箱の中に隙間ができてしまう場合には、緩衝剤を入れるなどの対策をしてください。その上で、輸送箱の外面にも商品サイズや数量、隙間の有無などの詳細な情報を明記してください。
  • Amazonの許可を得ていないマーケティング資料(メッセージカード、パンフレット、価格が表示されたタグ、Amazonのもの以外のステッカー)の同梱は禁止されています。
  • 大型商品について、複数個口で1セットとなる商品はお取り扱いできません。(例:テレビのディスプレイとスピーカーなど)
  • 下記条件に該当する商品の場合、Amazon箱で梱包されず商品外装箱のまま購入者様へ発送される場合がございますのでご了承ください。
    • 直方または立方体で、かつ六面が段ボールで覆われた商品
    • クッション性のある保護材がついた封筒に梱包されている商品
    • 寸法が230mm×150mm×2mm以上、660mm×520mm×380mm以下
    • 割れ物(ガラス、陶器、瀬戸物、焼き物、珪藻土)の場合、外装箱に「割れ物注意」「ガラス」などのケアマークがついている
    • 箱に商品をディスプレイするための窓がない
    • 箱に取っ手(外に突き出す持ち手、吊り下げフック)がない
    • 段ボール箱の上から、さらにビニール、ラップ、フィルム、紙が巻かれていない
    • 「保証書(本文)」が外装に貼付されていない(例:封筒貼付、シール貼付)
    • ギフトボックスデザイン(例:お中元、お歳暮、父の日/母の日ギフト等)やコレクターボックス(例:コレクション、コレクターズと記載のある箱)ではない

梱包一覧:基本的な梱包ガイドラインの概要を説明するダウンロード可能な文書です。この文書を印刷し、FBAへの商品の納品準備の際にご覧ください。

洋服はハンガー納品が可能となります。詳しくは、シューズ/バッグ/ファッション商品のFBA納品(日本語)をご覧ください。

梱包の要件

個口配送の要件はこちらをご覧ください。

梱包要件は以下をご覧ください。

  • 配送ラベルには、必ずFBA商品であること、PO/納品番号を明記してください。配送ラベルには、必ずFBA商品であること、PO/納品番号を明記してください。
  • 輸送箱には「配送ラベル」を貼付してください。規定の配送ラベルが貼付されていない場合、Amazon フルフィルメントセンターで受領拒否、着払いにて返送、または手数料を請求する場合がありますのであらかじめご了承ください。
  • 輸送中およびAmazon フルフィルメントセンターでの入荷受付時に中身が十分保護されるよう、輸送に耐える標準的な梱包をしてください。
  • 使用できる緩衝材は、クッション、エアキャップ、紙に限ります。
  • バラ状発泡スチロール、シュレッダー済みペーパーなどは、いかなるときも使用しないでください。
  • 輸送箱への異物混入(例:カッター、はさみ、書類など)は作業者や購入者様の安全に関わるため、梱包の際に必ず確認してください。
  • 商品ラベルは、不用となった際に剥がすことができる剥離タイプのものをおすすめします。特に書籍など、商品本体に直接ラベルを貼付する場合は、剥離タイプの使用が望ましいとされています。(例:コクヨKPC-HH124-20(66.0 mm x 35.0 mm)など)剥離タイプのラベルを使用しない場合は、商品本体をシュリンクラップやその他の材料で個別に包装した上からラベルを貼付することをおすすめします。シュリンクラップを使用して商品を梱包する際は、それぞれのシュリンクラップを、商品に密着させてしっかり包み、空気が入らないようにしてください。

受領不可商品の例

箱がつぶれている 色あせ 袋から商品が出ている 袋が破れている
通常、検品はおこないませんが、明らかなダメージの場合は販売不可在庫となります。

おもちゃやフィギュアなど、観賞用商品の新品は箱のダメージが返品につながります。

外装箱に破れ・汚れ・潰れがないこと

化粧箱で輸送する場合は、剥離タイプの商品ラベルを推奨

以下はダメージ品として取り扱います。
  • 商品詳細ページのメイン画像、サブ画像の色と相違が明らかな場合
  • 商品名に色の名称が入っており、実際の商品の色と異なる場合
汚れ、しみ、その他の破損から商品を保護するために、出荷前に商品をしっかりと完全に梱包する必要があります。

ぬいぐるみや布製品など、袋詰めが無い、または袋から商品が出ている場合は、むき出しとみなされ、納品することができません。商品を汚れから守るため、必ず袋詰めをして納品してください。

輸送中及び作業中の商品抜け落ちを防ぐため、強度の弱いビニール袋やスーパーマーケットの買い物袋、紙袋などを商品の外装袋として使用しないでください。袋が破れ、輸送中や出荷処理中に、商品が袋から抜け落ちる場合があります。

商品を袋に梱包する際は、袋の口が開かないように必ずテープで留めてください。

箱が潰れている 商品名に「黒」とあるが商品はグレー 商品が袋から出ている ビニール袋の強度が弱く、穴が開いている




輸送時のルール

1 ASINが複数梱包で分離されている商品は納品できません。1 ASINは必ずまとめで納品してください。

例1:複数の納品(PO)を1つの輸送箱で納品することはできません。

悪い例:複数のPOを1つの輸送箱に含めることはできません。


例2:コミックセットの場合

コミックセットの場合は、「全10巻揃い」「1巻~5巻」などタイトル表記と合わせ、梱包を1 ASINでまとめて納品してください。巻数が多いコミック本のセット商品は、商品名に表記されている全巻を強度のある輸送箱にまとめ、商品ラベルを貼付して納品する必要があります。輸送箱にBOX商品であることを示すラベル「BOX商品開梱厳禁」の貼付をおすすめします。

コミックセットの梱包の悪い例:複数のASINが1つの箱にまとめて梱包されています。



コミックセットの梱包の良い例:印刷可能な警告マーク「BOX商品開梱厳禁」は、こちらからダウンロードできます。




例3:家電などパーツごとに梱包が分かれている場合

誤って開梱されることを防ぐため、セット商品である旨の表示/ラベルは、目立つ位置に貼付してください。商品が輸送箱に梱包されている場合は、箱の外側上面の目立つ場所にラベルを貼付してください。(例:箱梱包の場合は天面)

悪い例: 大型商品で複数個口で1セットとなる商品はお取り扱いできません。必ずセット商品は1つの箱の中にまとめてください。また、複数の箱をバンドやテープ等でまとめて1個口としている場合もお取り扱いできません。


例4:剥離タイプのラベルを推奨

剥離タイプのラベルシールの使用をおすすめします(例:KOKUYO KPC-HH124-20、ラベルサイズ:66mm x 35mm)。Amazonではラベルが剥がれそうになっている場合やラベルが完全に貼付されていないパッケージは受領できません。

悪い例:1つ目の画像の例では、ラベルがシールではなく、ラベルの一部分のみテープで貼られています(写真左)。2つ目の画像の例では、エアパッキンの凹凸面にラベルが貼られているため、接地面が少なく剥がれやすい状態です(写真左から2枚目)。 3つ目の画像の例では、塩化ビニール、ポリエチレン、ポリプロピレンにラベルが貼られている場合、倉庫内でラベルがはがれることが多発しております。4つ目の画像の例のように、ラベルがざらざらした面、繊維素材、革製品に貼られている場合、倉庫内でラベルがはがれやすくなっております。

例5:必要のあるラベル及びバーコード以外は隠す

単品商品をまとめている箱に読み取り可能なバーコードがある場合は必ず隠してください。

良い例:白いバーコードを貼って隠す、またはバーコードに線を入れて読み取り不可にしてください(線を入れる場合は横ではなく縦線を入れてください)。


悪い例:複数の単品商品がまとめて入っている外装箱に単品用のJANが読み取り可能な状態の場合、複数数量が1点として受領されてしまいます。(写真:6点入っている商品が1点として受領されてしまいます。外装箱のバーコードを隠し、中の単品商品にバーコード、またはラベルが一つ一つ存在していることを確認してください。)外箱のスキャン可能なバーコードを除外または覆い隠し、輸送箱の中にあるすべての商品にスキャン可能なバーコードがあることを確認してください。


サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates