新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

繊維タイプの出品情報に関するよくある質問

よくある質問

商品詳細ページに有効な素材情報を掲載すると、閲覧数が増加し、購入転換率の大幅な向上につながります。

Amazonでは、服&ファッション小物、シューズ&バッグ商品の出品を簡略化し、素材構成を提出するためのガイダンスを有効にするため、既存の2つの項目、「material_composition」と「fabric_type」を統合します。

2022年1月20日以降(2021年11月1日より変更)、出品方法に以下の2つの変更が実施されます。

  1. カスタム/カテゴリーテンプレートでの表示が「素材構成」、1点ずつの商品登録での表示が「Fabric Type」、XSD/XMLでの表示が「FabricType」となる「fabric_type」項目が必須になります
  2. カスタム/カテゴリーテンプレートと商品登録で「素材構成」として表示される「material composition」項目が削除されます。

1.この変更により、出品者の出品方法にはどのような影響がありますか?

変更前は、material_compositionは必須項目で、fabric_typeは任意項目でした。どちらの項目も自由テキスト項目です(列挙型なし)。

素材構成を送信する際の項目を「fabric_type」のみとすることで、出品方法が簡略化されます。「fabric_type」は、必須項目になります。この変更に伴い、出品者は「fabric_type」を使用して素材構成を提出するよう求められます。「fabric_type」の項目は自由テキスト入力です。

この変更は、以下の出品方法に適用されます。 商品登録(1点ずつの商品登録)、カスタム/カテゴリーテンプレート、XSD/XMLフィード。

2.Amazonではなぜこれらの変更を行うのですか?

購入者は、素材情報を使用して、服&ファッション小物、シューズ&バッグ商品を見つけ、評価します。有効な繊維の素材情報を記載することで、検索結果の関連性が高くなり、商品詳細ページで購入者に情報が表示されやすくなります。また、2022年には、絞り込み検索に素材または繊維タイプを使用する機能を導入する予定です。服&ファッション小物、シューズ&バッグ商品に有効な繊維の素材情報を掲載すると、閲覧数が増加し、購入転換率が向上します。

3.「fabric_type」の推奨値は何ですか?

国別の有効な形式と値について詳しくは、以下をご覧ください。

日本: 日本語英語

4.変更はいつ行われますか ?

この変更は、2022年1月20日(2021年11月1日より変更)から有効になります。これらの変更に適切に対応できる合理的な時間を出品者に提供するため、90日以上前に変更についてお知らせいたします。

5.本変更が適用された後、既存のASINはどうなりますか?

2022年1月20日より前に作成されたASINについては、「fabric_type」が空欄の場合、「material_composition」から「fabric_type」に値が自動的にコピーされます。「material_composition」の項目はAmazonカタログに残りますが、変更が適用された後は出品に使用できません。

6.この変更によって影響を受けるのは、どのような商品タイプですか?

影響を受けるのは、以下の商品タイプです(出品者の所在国で利用できる場合):シャツ、ドレス、パンツ、コート、セーター、アンダーパンツ、水着、クルタ、パジャマ、ローブ、ソックス、帽子、ブラジャー、サルワールスーツ、ショートパンツ、スーツ、スカート、ブレザー、スウェットシャツ、チュニック、トラックスーツ、スリップ、キャミソール、コルセット、ベスト、タイツ、オーバーオール、下着、上着、靴下、着物、甚平、浴衣、ちゃんちゃんこ、寝間着、サリー。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates