新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

サプリメント

注: Amazon.co.jpで販売される食品は全て食品衛生法を初めとする関連法規制・ガイドライン等で要求されている製造、規格、表示および包装等に関連する基準に適合している必要があります。

本ポリシーの対象となるサプリメント

本ポリシーでは、食事による栄養成分の摂取を補うことなどの目的で摂取される、パウダー、錠剤、液体ドロップ、口腔スプレーなどの形態の食品をサプリメントと定義しています。ビタミン、ミネラル、ハーブ、植物由来の物質、動物由来の物質、濃縮物、抽出物、これらの組み合わせを含んだ製品のことですが、これらだけには限りません。

サプリメントを出品する際の要件

日本では、サプリメントの製造、梱包、保管、ラベル表示、成分検査方法等について、食品衛生法、健康増進法、食品表示法、指定成分等含有食品の製造又は加工の基準などで規制されています。Amazon.co.jpでサプリメントを販売する場合、その商品はHACCP 認証工場で製造され、かつ、GMP認証工場で製造されている必要があります。また、サプリメントのすべての製造業者および販売業者は、サプリメントに含まれる審査対象成分が商品ラベルに記載されている内容と整合していることを確認する必要があります。なお、本ポリシーでは、サプリメントに含まれる成分のうち、当該サプリメントの主要な成分(以下「審査対象成分」といいます)の含有量および表示を主な審査の対象としています。

Amazonでは、サプリメントを販売する際、以下の情報を事前に提出する必要があります。

  • HACCP(危害分析重要管理点)認証書(日本国内で製造の場合)、および、製造工場が取得しているGMP(適正製造規範)認証書
  • サプリメントの分析証明書(CoA)とパッケージの成分表示情報

注: 販売予定のサプリメントごとに、分析証明書(Certificate of Analysis, 以下CoA)とパッケージの成分表示情報を提出してください。
  1. 分析証明書(CoA)には以下の情報が含まれている必要があります。
    1. 商品名
    2. 試験済みの完成品サンプルのバッチ/ロット番号または日付コード
    3. 認定試験機関の名称と住所
    4. 製品パッケージに表示されている審査対象成分の量を裏付ける、試験機関の分析結果
    5. 実施された試験方法が各レポート結果に記載されていること
    6. 商品パッケージに表示された審査対象成分が、分析証明書(CoA)に記載されている成分名と一致していること
  2. 追加の分析証明書(CoA)要件
    1. Amazonに提出する分析証明書(CoA)は、1年以内に検査をしたものでなければなりません
    2. 賞味期限が切れた検体での試験結果は受理されません
    3. 分析証明書(CoA)はポータブル文書形式(.pdf)でなければなりません
注: このプログラムに関する文書提出やご質問は下記連絡先までお願いします。
注: 必ずAmazonに登録した出品者アドレスから送信してください。登録外のアドレスから送信した場合、返信できません。
注: この連絡先では、Amazon.co.jpでのサプリメントの販売に関する文書提出や質問を受け付けていますが、サプリメントに関する法令・規制・ガイドラインや要求事項全般についてはAmazonがお答えすることはできません。厚生労働省または消費者庁は、栄養補助食品に関する規制や要件を公表しています。詳しくは厚生労働省又は消費者庁のウェブページを参照してください。

厚生労働省 HACCP

厚生労働省 健康食品製造におけるHACCP導入手引書

厚生労働省 健康食品

消費者庁 表示関連

Amazonはこれらの情報を情報提供の目的のみに提示しています。これらの法令・規制・ガイドラインに関するご質問等は、ご自身の法律担当にお問い合わせください。

関連ヘルプページ

サプリメントに関するよくある質問

「審査対象成分」とは?

Amazonでは、サプリメントの容器包装に表示されている成分のうち、栄養成分表示の基本5項目(熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量)以外の成分を審査対象成分と定義し、本ポリシーに基づく主な審査の対象としています。審査対象成分には以下のような成分が含まれますが、以下に限りません。

例:マカ、シトルリン、アルギニン、亜鉛、マムシ、スッポン、NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)、桑の葉イミノシュガー、キトサン、サポニン、ヒドロキシクエン酸(HCA)、カルニチン、ブラックジンジャー由来ポリメトキシフラボン、葛の花由来イソフラボン、酵素、乳酸菌、コエンザイムQ10、ガルシニアエキス、プランタゴ、オバタ種皮末、など

CoAの試験機関はどこでもよいですか?

Amazonでは、厚生労働大臣の指定する検査機関(登録検査機関)又は、ISO/IEC 17025認定分析機関での試験結果を必要とします。試験および測定を行うために十分な適性がある試験機関での試験結果であることが必要とされます。

CoAは商品全体を検査したものでなく、原材料だけを検査した結果でもよいですか?

検査をおこなう検体は最終製品でおこない、その結果を提出する必要があります。しかし、科学的に有効な試験方法がないために最終商品での試験ができない場合は、原材料それぞれの検査結果を提出してください。

製品に含まれる審査対象成分量が、ラベルに適正に表示されていることを証明する検査結果を提出する必要がありますか? または、個々の成分ごとに検査結果を提出する必要がありますか?

CoAには商品に表示されている審査対象成分全ての検査結果が記載されている必要があります。ただし、科学的に有効な試験方法がないために、まとめて検査をおこなえない場合には、上記の条件に従って、試験結果を提出することが出来ます。

商品はハーブサプリメントです。CoAが必要ですか?

審査対象成分が下記の場合、各成分について試験機関によるCoAが必要です。

  1. 一次代謝産物(糖類、アミノ酸、タンパク質、脂質など)
  2. 二次代謝産物(アルカロイド、テルペノイド、サポニン、フェノール化合物、フラボノイド、タンニンなど)
  3. 植物全体、または根や葉などの植物の一部を乾燥させている(粉末など)ものや、そのエキスなどが審査対象成分の場合、CoAの検体名には植物名の記載が必要です。
  4. 動物全体、または組織や器官の一部を乾燥させている(粉末など)ものや、そのエキスなどが審査対象成分の場合、CoAの検体名には動物名の記載が必要です。

自社で製造している商品ではないのですが、HACCP又はGMPの認証書の提出は必要ですか。

取引先に直接、又は取引先を経由して、サプリメントの製造工場がHACCP(日本国内で製造の場合)およびGMPの認証を取得しているかどうかを確認し、製造工場が取得している認証書の写しを取得して提出してください。

出品停止についての通知が届いており、 通知内ではASIN××××のみの記載であったが、そのほかの出品中の商品についても出品停止が必要ですか?

基本的には不要です。複数の商品を出品している場合、全ての商品が出品停止の対象になるとは限りません。ただし、類似した商品を複数出品しているにもかかわらず、その一部の商品しか記載されていないメールを受信した場合は、お手数ですがその情報を含む内容を返信してください。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates