新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: 日本

税制改定(2019年10月1日)における消費税の取り扱いについて – よくある質問

1.2019年10月1日から消費税についてどのような取り扱いになるのですか?

大きく3つの変更があります。

  1. 通常税率が8%から10%に変更されます。
  2. 軽減税率制度が導入され、食品とノンアルコール飲料の消費税率は8%のままとなります。
  3. 領収書や請求書に関する法律に変更があり、領収書や請求書に軽減税率対象商品である旨の記載と、税率ごとの合計金額を記載する必要があります。
詳しくは、日本の国税庁のウェブサイトをご覧ください。 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/01-1.htm

2.10月1日の税制改正に向けてどのようなアクションを取る必要がありますか?

出品者の状況 必要なアクション
軽減税率対象商品(食品・ノンアルコール飲料等)を販売している場合 軽減税率対象商品に、商品タックスコード(product_tax_code)を利用して、税率を設定してください。商品タックスコードの設定の方法はヘルプページをご確認ください 。
セラーセントラル上、 消費税の設定 消費税の設定で日本での消費税の納税義務について「いいえ」を選択しており、注文関連レポート/決済関連レポート/注文API/ファイナンシャルAPIを利用している場合 注文関連レポート/決済関連レポート/注文API/ファイナンシャルAPIの仕様が変更されます。これまで、税込価格のみが表示されていた決済関連のレポート/API出力が、税抜価格と税額の表記へ、また、これまで税込価格のみが表示されていた注文レポート/API出力が、税込価格と税額の表記へと変更されます。自社システムまたは開発業者のパッケージ等を使ってシステム連携をしている出品者様については、システムの改修が必要になる場合があります。その場合はツール提供業者までご確認いただくか、出品者様ご自身で適宜対応をお願いします。対応の必要性の有無の確認、またシステム改修のためのガイドラインは こちら こちらをご確認下さい。(セラーセントラルへのログインが必要になります。) この件に関するよくある質問はヘルプページをご確認ください。
日本において消費税の納税義務がある場合 必要に応じて、出品する各商品の価格について、新税率(通常税率 10%、軽減税率 8%)を考慮した価格への更新をお願いします。価格の更新のタイミングについては、出品者様ご自身でご判断をお願いします。出品者の税制改正期間の価格更新をサポートするために、Amazonでは「価格更新予約ファイル」と「消費税専用の価格更新ファイル」の提供を行っておりましたが、2019年10月16日をもちましてこちらのファイルの提供を終了させていただきます。今後の価格更新には、これまで通り価格と数量変更ファイル在庫ファイル等をご利用ください。

3.10月1日の税制改正は日本で納税義務がない海外出品者に影響がありますか?

はい、あります。出品者様の日本における消費税の納税義務に関わらず、日本国内で行われた取引(売買)には日本の税法が適用されます。そのため、出品者様は日本の税法に従い、販売する商品に税率を設定する必要があります。

4.2019年10月1日の消費税増税後の価格表示は税込・税抜のどちらになりますか?

2019年10月1日の消費税増税に伴うAmazon.co.jpにおける価格表示についても、従来どおり、消費税込の総額表示を採用します。Amazon Businessにおいても、従来どおり、税抜価格と税込価格の両方の価格表示を採用します。

5.税込表示から税抜表示にしたいのですが、どのようにすれば良いですか?

Amazon.co.jpにおける価格表示については、税抜の表示は採用しておりません。2019年10月1日の消費税増税に伴う価格表示も、従来どおり、消費税込の表示を採用します。

6.製品価格+消費税という表示方法はできるのでしょうか?

Amazon.co.jpにおける価格表示については、製品価格+消費税という税抜の表示は採用しておりません。2019年10月1日の消費税増税に伴う価格表示も、従来どおり、消費税込の表示を採用します。

7.注文価格が消費税8%込の価格で注文が入ってしまいました。価格を消費税10%の税込価格に変更したいのですが、どのようにすれば良いですか?

Amazon.co.jpでは注文確定時点で金額が決定し、この金額を変更することはできません。注文が入った時点での注文価格で、出荷する必要があります。万が一、出品をキャンセルされる場合は、予め購入者に連絡し、了承を得たうえでキャンセルするようにしてください。

8.既に2019年10月以降に販売する商品の予約受付を行っています。今からでも10%税込価格に表示できますか?

2019年10月以降に発売予定日が設定されている商品の予約注文を受け付けている場合には、新税率(通常税率 10%、軽減税率 8%)を考慮した価格に更新することも可能です。なお、価格の決定及び更新は出品者様ご自身で行う必要があります。

9.販売価格へ新税率が適用されるのはいつでしょうか?

出品者出荷にて、販売価格にAmazonのシステム上で、新税率(通常税率 10%、軽減税率 8%)が反映されるのは、2019年10月1日0:00以降に保留中から未出荷に切り替わった注文からとなります。保留中の注文について詳しくは、こちらの ヘルプページ をご覧ください 。また、FBAでは、2019年10月1日0:00以降にAmazon倉庫にて出荷準備が始まった注文からとなります。注文確定済みの商品の販売価格の変更はできませんので、特に以下のケースにおいては、価格変更のタイミングには十分ご注意ください。なお、Amazonでは出品者様に税込価格の登録をお願いしており、Amazonが出品者様にかわって、価格の更新を行うことはありませんので、予めご了承ください。

  1. 発売予定日が2019年10月1日0:00以降の予約商品

    予約商品においては、販売開始日より出品者様の出荷までのリードタイムを引いたタイミングで保留中から未出荷に切り替わります。

  2. 増税(2019 年 10 月 1 日)前にコンビニ決済で入った注文

    購入者は、注文から6日以内にコンビニ決済注文の支払いをする必要があります。商品は、6日間保留中のステータスとなります。コンビニ決済について詳しくは ヘルプページ をご覧ください。

  3. 増税直前(9月29日~30日)に入った注文

    出品者出荷では、購入者から注文が入ってから、その注文が保留中から未出荷に切り替わるまでには時間差が生じることがあります。また、FBA出荷では、購入者の支払い完了から出荷準備まで最大48時間かかることがあります。

10.2019年9月30日に注文が確定し、10月1日以降に出荷する場合に適用される税率はどうなりますか?

Amazon.co.jpでは、注文が保留中から未出荷に切り替わったタイミングで税率が確定するため、 2019年10月1日0:00以降に保留中から未出荷に切り替わった注文から、新税率(通常税率 10%、軽減税率 8%)が適用されます。ただし、注文金額は注文確定時(購入者が注文を入れた時点)で固定され、変更できない点に注意してください。また保留中の注文について詳しくはヘルプページをご参照ください。

11.消費増税に伴い、手数料に変更はありますか?

2019年10月以降の手数料には、新しい税率(10%)が適用されます。

  1. Amazon出品サービス関連手数料(税抜表示)に適用される税率が10月1日以降、8%から10%に変更となります。Amazon出品サービス関連手数料について詳しくはヘルプページをご確認ください。
  2. FBA関連手数料(税込表示)に含まれる税率が、8%から10%に変更となります。
  3. 小口出品者様の配送料(税込表示)に含まれる税率が、8%から10%に変更となります。詳細は こちら をご確認ください。
  4. 代金引換決済手数料(税込表示)に含まれる税率が、8%から10%に変更となります。(現行324円から330円に変更)

12.消費税増税後も、税込価格に対して出品手数料が課されるのでしょうか。 税込価格の2%増加分に対しても出品手数料が課されることになり、実質的な値上げになるのではないでしょうか?

出品手数料に関する計算方法に変更はありません。出品手数料も役務の対価として消費税率引上げの対象となりますので、予めご了承ください。なお、消費税率の2%増加分に係る出品手数料については、あくまでもお預かりする消費税分が増えることとなるため、Amazonによる値上げではないことをご理解下さい。

13.価格の更新は必ず行う必要がありますか?

いいえ、ありません。新税率(通常税率 10%、軽減税率 8%)を考慮した価格の更新を行うかどうかは、出品者で判断となります。

14.増税に伴い、Amazon.co.jpが価格の一括変更を行いますか?

Amazon.co.jpが価格の一括変更を行う予定はありません。そのため出品者様自身で、出品する各商品の価格について、新税率(通常税率 10%、軽減税率 8%)を考慮した価格への更新をお願いしており、また価格の更新時期についても、判断をお願いしております。

15.出品価格を一括で変更する方法はありますか?

出品者の税制改正期間の価格更新をサポートするために、Amazonでは「価格更新予約ファイル」と「消費税専用の価格更新ファイル」の提供を行っておりましたが、2019年10月16日をもちましてこちらのファイルの提供を終了させていただきます。今後の価格更新には、これまで通り価格と数量変更ファイル在庫ファイル等をご利用ください。

16.価格の更新はいつ行えばいいでしょうか?

価格の更新の時期については、出品者様ご自身の判断となりますが、2019年10月1日付近には多くの出品者様による価格更新が見込まれます。そのため、価格の更新の反映に遅れが生じる可能性があることをご理解の上、価格更新のタイミングを決めていただけますと幸いです。また、価格の更新の反映を可能な限りタイムリーに行うために、大口出品者様には、価格更新予約ファイルの利用を推奨します。こちらのファイルを利用することで、事前に価格の更新を予約することが可能になるだけでなく、価格更新当日のシステムへの負荷を減らすことができます。ファイルの詳細は8月頃に案内させていただく予定をしております。

17.軽減税率対象となる商品を販売していますが、どのように税率を設定するのでしょうか?

軽減税率の設定は「商品タックスコード(product tax code)」を「A_GEN_REDUCED」に設定いただくことで、商品単位で設定が可能です。商品タックスコード(product tax code)について詳しくはヘルプページ商品タックスコード(product tax code)の設定をご確認ください。

18.商品タックスコード(product tax code)とは何でしょうか?

商品単位で、税率を設定するために利用され、セラーセントラル上の在庫タブ>在庫管理>詳細の編集、また在庫ファイルを利用して設定できます。商品タックスコードには、 「A_GEN_STANDARD」「A_GEN_NOTAX」「A_GEN_REDUCED」があり、すでに設定が可能です。設定しておくことで、10月1日以降、 「A_GEN_STANDARD」で10%、「A_GEN_NOTAX」で0%、「A_GEN_REDUCED」で8%の税率が適用されます。商品タックスコード(product tax code)について詳しくはヘルプページ商品タックスコード(product tax code)の設定をご確認ください。

19.商品タックスコード(product tax code)を2019年10月1日より前に設定しておくことは可能でしょうか?

はい、可能です。商品タックスコードに、「A_GEN_STANDARD」か「A_GEN_REDUCED」を9月30日以前に設定すると、それらの商品に対して、9月30日までは、8%の税率が適用され、10月1日になったタイミングで、自動的に「A_GEN_STANDARD」と設定されている商品のみ、10%の税率が適用されます。(「A_GEN_REDUCED」と設定されている商品に関しては、10月1日以降も引き続き8%の税率が適用されます。) また、「A_GEN_NOTAX」と設定されている商品に関しては、10月1日以前以後ともに、0%の税率が適用されます。商品タックスコード(product tax code)について詳しくはヘルプページ商品タックスコード(product tax code)の設定をご確認ください。

20.商品タックスコードを設定しない場合の税率はどうなりますか。

商品タックスコードを商品に設定しない場合、自動的に通常税率(現在は8%、2019年10月1日以降は10%)が適用されます。

21.軽減税率対象商品の配送料の税率はどうなりますか?

配送料は対象商品に関わらず一律で10%が適用されます。

22.軽減税率対象商品の配送代行手数料の税率はどうなりますか?

配送代行手数料は対象商品に関わらず一律で10%が適用されます。

23.軽減税率対象商品のギフト包装料金の税率はどうなりますか?

ギフト包装料金は対象商品に関わらず一律で10%が適用されます。

24.軽減税率対象商品とそうでない商品を見分ける方法ありますか?

Amazon.co.jpにおける販売責任者は出品者となりますため、お取り扱いの商品が軽減税率対象商品かどうかの判断が曖昧な場合は、国税庁にお問い合わせください。

消費税の軽減税率制度について(国税庁)[参考(外部リンク)]

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/index.htm

消費税軽減税率電話相談センター(軽減コールセンター)

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/04-1.htm

25.セット商品を販売しており、セット内に食品も含まれているのですが、税率はどうなりますか?

食品とセットになっているものを一体資産といいます。 一体資産は単価が税抜1万円以下であり、その内食品が占める部分が2/3以上のものが軽減税率の対象となります。詳細は、国税庁のホームページをご確認下さい。

26.商品に現在かけられている税率を在庫管理画面などで確認することはできますか?

商品タックスコード(product tax code)を確認することで可能です。しかし、商品タックスコードを変更するのは出品者であり、Amazonでは商品に合わせて商品タックスコードの変更は行いません。

27.ペイメント画面や在庫管理画面の価格表示はどう変更になりますか?

変更の予定はありません。

28.ペイメント関連レポートならびに注文関連レポートに表示される税額はどうなりますか?

ペイメント関連レポート及び注文関連レポートに表示される税額は、出品者が設定する「税込み価格」と、「商品タックスコード」を利用して設定した税率によって計算されます。

29.税制改正に伴い、各種レポートに変更はありますか?

現在「消費税の設定」を「いいえ」にされている出品者については、決済/注文関連レポートの仕様が変更になります。(消費税の設定は、こちらよりご確認下さい。)これまで、税込価格のみが表示されていた決済関連のレポート/API出力が、税抜価格と税額の表記へ、また、これまで税込価格のみが表示されていた注文レポート/API出力が、税込価格と税額の表記へと変更されます。自社システムまたは開発業者のパッケージ等を使ってシステム連携をしている出品者様については、システムの改修が必要になる場合があります。その場合はツール提供業者までご確認いただくか、出品者様ご自身で適宜対応をお願いします。対応の必要性の有無の確認、またシステム改修のためのガイドラインは こちら .(セラーセントラルへのログインが必要になります。) この件に関するよくある質問はヘルプページをご確認下さい。

30.注文レポートや決済レポートに税率を表示してほしいのですが、対応予定はありますか?

Amazonのシステム上、注文レポートや決済レポートへの税率の表示はできません。

31.広告を利用しており、1日の予算を設定していますが、これは税抜で計算されていますか? 例えば予算の上限使い切った場合、その金額+税額が請求されるということになりますか?

はい。1日の予算は税抜きで計算されています。そのため、その金額+税で請求書が発行されます。

32. 10月以前に出荷した注文が10月以降に返品された場合、返品手数料にかかる税率はどうなりますか?

新税率10%が適用されます。

参考資料

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates