【重要】日本の出品者の追跡可能率の計測対象変更について (Amazon.co.jp)


#1

Amazonでは2021年、該当の商品カテゴリにおける出品者出荷商品の出品資格維持のための指標として、「追跡可能率」(配送状況が追跡可能な注文の割合)を導入いたしました。Amazonに寄せられた購入者様からのお問い合わせの中で、配送状況に関するものが最多であることを踏まえ、追跡可能な注文の拡大によってお買い物体験の向上を目指す取り組みです。また出品者にとっては、購入者からのお問い合わせ件数の削減とともに、購入者からの評価の改善や購買意欲の向上が期待できます。

追跡可能率の導入後、対象となった梱包ごとの合計金額が2,000円以上の出品者出荷商品については、追跡可能な注文が増加し、配送状況に関するお問い合わせ数の約12%(推定)の減少につながりました。一方で、それ以外の出品者出荷商品については引き続き多くのお問い合わせをいただいております。

これによりAmazonでは、日本の出品者の注文を対象に、お届け予定日が2022年8月23日の注文から、追跡可能率の計測対象を以下の通り変更させていただきます。対象の注文については、Amazon上で追跡可能な配送会社をご利用のうえ、出荷通知時にお問い合わせ伝票番号などを入力いただけますようお願いいたします。

追跡可能率の計測対象(変更前)

日本の出品者の場合、梱包(*)ごとの注文金額が2,000円以上(消費税抜き・配送料込み)。

追跡可能率の計測対象(変更後)

日本の出品者の場合、梱包(*)ごとの注文金額が1,000円以上(消費税抜き・配送料込み)。

※梱包とは、セラーセントラルの「出荷通知を送信」画面で入力する単位を指します。1つの梱包あたり、1つのお問い合わせ伝票番号が付与されます。

※2022年8月23日お届け予定日分から、アカウント健全性ダッシュボードにもこの変更が反映されます。

なお、出品者出荷商品の配送を特別運賃でご利用いただけるマーケットプレイス配送サービスでは、有効なお問い合わせ伝票番号が自動的に入力され、出荷通知の送信も配送会社の荷受けと連動するようになります。さらに2022年5月26日~12月31日には、ヤマト運輸のネコポスを対象とした割引プロモーションも実施しますので、ご利用をご検討ください(詳細はこちら)。

追跡可能率の詳細につきましては、以下のヘルプページおよび出品大学をご覧ください。

  1. ヘルプページ: 追跡可能率(計算方法等はこちら)
  2. ヘルプページ: 追跡可能率に関するよくある質問
  3. Amazon出品大学: 追跡可能率を維持する方法

"Forumアナウンス" 2022年5月分 まとめ
#2

いつかは 金額が変わるものと思ってました。
さすがに 1000円以下の低額品の場合は 困る事がセラーさんがいると思うので
1000円以上は 妥当な金額だと思います。

未来、全商品対象になったら ブーイングが起こりそうです。
もし全商品対象になったら 低額品は Amazonから姿を消すかもしれない。


#3

あるいは、低額商品セラー向けに、AMAZONが独自の格安追跡有発送方法を用意するかでしょうか。


#4

手間が倍になり、利益が2割減かな。
軽いがサイズが60or80になるので普通郵便の規格外or宅急便しか利用できない。
1000円のものに宅急便なんて利用できないので、普通郵便規格外で特定記録をつけることになるが手間がかかる。こちらというか郵便局での窓口で。
問い合わせが減れば他が不便になってもOKなんですね。


#5

こういう変更はわかりますが、安価で追跡可能な配送サービスをアマゾンが用意する必要があると思います。
現状追跡無の発送方法というと特約ゆうメールがほとんどだと思われますが、単純にこのまま行くと発送コストが+100円くらいとなります。
当店は80%前後の出品が1000-2000円にあたり、非常に営業的に厳しくなります。

もしくはアマゾンから店舗へ支払っている配送料を350円から400円にするなど、アマゾン側も努力をしてほしいです。
全てを店舗側に負担させるのは如何なものなのでしょうか?
運送コストも年々上がっているのに、システム利用料などは増えるのに何故配送料は増えないのでしょうか?


#6

こんなことをして一体誰が得をするというのか。
セラー虐めも大概にしてもらいたい。


#7

う~~~ん
基準の話ですのでアマゾンが決めればその基準で採算や段取りが合うかどうかの検討をセラーがして、合うモノだけをアマゾンの出品となるんでしょうね。
ポストからの出荷ではアレヤコレヤで行き違いや手続き上のズレが出たりはしますね。(今は無理やりこちらが合わせてます)
いきなりイエローカードなのかどうかもハッキリはしませんが・・・・・。

ブーイングや泣き言や要望等は有っても無くても変わらんのでしょうね。
暗に「嫌なら止めろ!」でも良いのは良いんですがね。
代替の販売網の準備の確立を私はしましたが、出来れば本命で行きたいもんですね。
これによりアマゾンがどうなっていくのかの見通しは立たないですね。


#8

アマゾンでなら高く売れそうな一部商品を除いて他所へ移行だな。


#9

Amazonの直販にも 低額品があったと思います。
今年 接着剤とミシン糸を直販から買ったんですが 低額品でしたので
低額品を発送できるシステムがありそうです。

低額品が消えて困るのは Amazonだと思うので
低額品を販売するセラーも、救済するべきだと思います。

送料のプロモーションが無くなったら やめるかもしれないけど 今は
マケプレ配送を利用する事で 発送通知をしなくてもよくなり 送料も契約より安いし
私はとても助かっています。


#10

売れ筋の商品が1000円前後です。
2000円以上の追跡義務化で2点まとめ買いが大幅に減っており、更に売上が減るのは必至でしょう。
5000円前後の直送品は全く売れなくなりました。
この改定で売上がさらに減るのであれば、出店していても意味がないですね。
余談ですが、Amazonでの売り上げは減っているのですが、普通郵便で送っても良い他モールでは逆に売上が増えています。
商材にもよるのでしょうが、どこを見て決めているのでしょう。


#11

>なお、出品者出荷商品の配送を特別運賃でご利用いただけるマーケットプレイス配送サービスでは、有効なお問い合わせ伝票番号が自動的に入力され、出荷通知の送信も配送会社の荷受けと連動するようになります。

果たして何年持ちますかね?
こんなもんが来年の今頃まで存続してるかどうか、
そこからしてまず疑わしい。
予算がなくなればその時点でサービス終了。
郵便局やヤマトその他と契約してる人は様子見が賢明でしょう。
せっかくの契約なんで、解除するには慎重であったほうがいいと思いますよ。
なお、私、楽天何とかのサービスは大抵利用してます。
楽天市場以外にも、クレカとか旅行とか保険とか銀行とか証券とかネットスーパーとか音楽とか、便利に利用させてもらってます。
逆にアマゾン何とかはマケプレ以外何も使ってません。
アマゾンカードももちろん持っておりません。
アマゾン何とかには何かしらの罠が必ず仕掛けられておりますので、恐ろしくてとても使えません。


#12

的確なご指摘ですね。

単なる基準の変更ではありますが、セラー側からすれば販売価格から始まり、送料、FBA、ポイント、公告、アマゾンブランドの取得と連動するカタログやパッケージ等々の事を連動して検討すべき事柄になる訳ですね。
そのあたりを見越しているのかどうかは解りませんね。
アマゾン様に教えてあげられるのは言葉ではないですね、実態が動けば解って頂けるのかも知れませんね。

アマゾン様内で成果と給料が連動しているのかどうかもよく解らん世界ではあります。


#13

前々から「出品資格停止方針ではなく、指標を満たした出品者にタグ表示(よりAmazonの仕組みを活かすならばブランド所有者には検索順位、相乗り出品者にはカート獲得率アップ)を行い有利に働くようにすれば良いのでは」と提案しているのですが、残念ながら採用していただけません。


#14

FBAの、特約ゆうーメールですね。これは、追跡可になります。

当社、3月初めで、定形外郵便での発送をやめました。あまりにクレームが多発したためです。ほとんど、3/2発送分。まるで、アマかヤマトが、配送サービスへの移行を促すかのような、クレームの多さでした。

全部、ヤマトの配送サービスか、佐川へ移行したために、日本郵便への支払いがなくなりました。長い付き合いの、郵便局の営業担当から、慌てて電話がきました。種々、アマゾン配送サービスの条件を言って、それに合わせるなら、戻すと言ったら、即答で、無理でした。

売上も、あがりましたが、配送番号の打ち込み要らないのは、とても便利です。

それと、クレームが全くと言っていいほど、無くなりました


#15

個人的には購入者から届いてないと嘘を言われても嫌ですので、追跡番号が付く発送でしか送ってないです。

宅急便でも既に家族が受け取っていて、それを知らずに届いてない!と連絡してくる人も居ました。

ネコポスまたは宅急便送料を乗せて価格が合わない物は、アマゾンでの販売は控えるか、割高で販売するかのどちらかにならざるを得ないとは思ってます。


#16

顧客を甘やかすから、「まだ届かない」という問い合わせが頻発するのだと思います。Yahooショッピングで購入のお客様は、そんなこと言って来ませんし、郵送でも「早く着いて、うれしい」というコメントを多数いただいております。
翌日着いて当たり前となっていますが、本当にそんなに急いで必要なものばかりではないと思います。なので急ぐモノは別途料金が掛かるとするのが妥当性があると思います。アマゾンの顧客の一部は言いたい放題に言っている感じがしています。速さが正義だった時代は確かにありましたが、今は少しそういう自分の都合だけ言う感覚はダサいという雰囲気はあると思います。


#17

甘やかすというより、

Amazonネイティブ、宅急便ネイティブ の顧客が増えているため、「翌日配送当たり前」「追跡番号当たり前」の世界が広がっています。

Amazonセール時、特に、小型軽量の荷物がよく遅れます。FBAが遅れるので、当方にクレームがきますが、カスタマサービスに誘導して終わりにします


#18

軽薄短小品を84円で送っています。主力商品ですので利益率の激減に直結します。
Amazonには誠意ある対応を求めたい。具体的にはもちろん手数料減額による補填です。
店子に圧力をかけるなら、Amazonも身銭を切れと言いたい。


#19

皆様が言われている通りかと

例えばCDやDVD¥1100(送料&税込み)販売
販売手数料16.5%→¥182
カテゴリ成約料→¥154
小計¥336

番号付き最低送料→クリポ¥198-1(クレカ1%バック)=¥197
小計2¥533

梱包材料¥〇〇
クリポインク代¥〇
作業賃の分給¥〇〇✕〇分
預かり消費税¥100(納付できるかなぁ~?)

強制ではないが1%以上のポイント付与
あれ?セール参加の付与だと・・・・

仕入代・・・・・え~っ、あれ?計算違い?、そろばん計算尺で再計算・・・
売れば売るだけ赤字??・・・・天下のama販売そんなことがあるわけない

よ~し仕入値¥10で取次店にお願いしよう・・・10万枚単位ならいけるかな?(着払いは嫌だな)
あれ?売れば売るだけ赤字??・・・こんなんでましたけど~


いつも観覧だけでした、今回はかなりの打撃の為、意見をお聞きしたい思います。
#20

こうなることはわかっていました。おそらく全ての商品に対して近い将来追跡番号必須になるでしょう。更に手数料も上がり手元に残るのは雀の涙。アマゾン様に手数料を払うために商売をしているのはありません。私は大口→小口→撤退準備。今この段階です。私のような零細にアマゾン様は優しくなく、もうフリマのほうに軸足を移行しております。