【重要】日本の出品者の追跡可能率の計測対象変更について (Amazon.co.jp)


#42

そりゃ、無理じゃないかな。
amazonの荷物だけでその規模のロジ網が維持できないでしょう。
日本だけ見ても、その昔ヤマトが全県カバーするまでの過程をみても、ラストワンマイルというか最後に届けてくれる人や会社をどうやって物量をコミットしながら組織するか?
自分でゼロから作るのは気が遠くなる話なので、地域会社をまとめて網を構築する?
amazonデリバリープロバイダで皆さん懲りていないか?

大手運送会社を買収するとか資本参加するとかいっても、個人宅への配送の弱い西濃や福山のようなところじゃどうにもならないでしょう。
買収、資本参加も組んでメリットのある会社は限られている。

某社が「amazonとの取引をやめたらうちの荷物は全部オタクに預けて良いよ」と某運送会社に言ったらしいが、その話を持ち掛けられるようなサイズの会社は、amazonの物量が多くなる前から網を維持できるだけの物量を扱っていたし、利益も出していた。
amazonの場合、既存流通網に対して価格交渉し、本来営業所単位の小口の客であったセラーにもamazon価格を適用させるとか「amazonに依存すると売上額は増えるが利益は」とamazon傘下に入るメリットも薄いのではと思う。

楽天と日本郵便の関係はハガキ、手紙など郵便の総量が右肩下がりで減少していくなか、全国の配送網を維持しなければいけない日本郵便に楽天の物量をコミットするということで、短期的にも両社にメリットがありそう。
ヤマトが一部地域で日本郵便に荷物を再委託しているように、国策でつくった配送網は、経済原理でつくった配送網よりも地理的カバレッジが広い。
ドコモと楽天モバイルのの地理的カバレッジの差のようなもの。

昔はFBAを使わず自社出荷していたセラーにとって、持っている宅配便のレート自体が他のセラーに対する競争力でもあったと思う。
弊社の倉庫なども同じで、倉庫としてもっている宅配便の価格が面積当たりの保管料や庫内業務のコストと同様に大きな競争力だった。

それがいまでは「マーケットプレイス配送サービス」とかも用意され、それなりの量を販売してきた物流に強いセラーのアドバンテージは消され、出品大学も読まず「ヤマトの集荷ってどうやるんですか?」とかいうセラーと同じ配送料で戦わなければいけないケースも増えてきた。

追跡番号の件は、購入者にとっては新たなセラーの識別子になるのではないかなと思うのだが。
デメリットばかりではないような気もするのですが。

数日前に、amazonから規約改正の案内のメールもあったような気がするが見つからない。
転売ヤーの足かせになりそうな話だが、一部ギフトにも影響がありそうで、あとから読もうと思っていたのだが、無くしてしまった。
それと合わせて、メルカリ感覚のセラーや他のセラーにヒッチハイクしている転売ヤーへの対策なのかなと受けったのですが、、、


#43

普通郵便で配送してる方は
商品が届かないという問い合わせが入った場合はどう対応されるのでしょうか?
追跡可能なクリックポストですら100件に1件は紛失になります。
(配送完了になっていても届いていない事があります)
普通郵便の場合、追跡ができないので届いた、届いていないは自己申告ですよね、、、


#44

当店は全商品追跡ありで発送してるので正直支障ないですが、
追跡ありを義務化するなら、送料に対する手数料の廃止と「届いていない」という返品依頼やマケプレ保証の際に追跡情報を有利にしてほしいです。


#45

本やDVDなどメディア商品のカテゴリ成約料は撤廃すべきと考えています。
【経緯】
<送料固定時の販売手数料>
●本
販売手数料:商品価格×15% + カテゴリー成約料60円
●CD/DVD
販売手数料:商品価格×15% + カテゴリー成約料140円

<送料自由化 後の販売手数料 2017年10月>
●本
(商品価格+送料)×15% + カテゴリー成約料80円
●CD/DVD
(商品価格+送料)×15% + カテゴリー成約料140円
※ この時点で手数料の実質大幅値上げ

これにより、ただでさえ利益率が減少したのに、更に追い打ちで今回の改定(1000円以上は追跡必須)は納得がいきません。

BMVDの送料が自由化発表の時点でAmazon営業担当者に
「BMVDカテゴリ成約料は撤廃し、他の商品のように最低手数料ありの15%ロイヤリティのみにすべきではないでしょうか?」
と意見しても、なしのつぶて でした。

Amazon社には今一度 BMVDカテゴリ成約料の見直しをご検討いただきたいものです。


#46

公益事業並みの採算度外視、ムフッ!
各国の各物流会社と深く提携し、アマゾン窓口を開き、アマゾンスタンダードでの宅配サービスを実現する。
できっこないのは分かっているのでここで一石を投じたくて。数値データのやり取りに過ぎないはずの国際金融にしても専門のサービス企業を設けなければ実質は困難なのだし。今回はこのゲートを封鎖したのでいきなりロシアへのお金の出し入れが凍結されて。

どうしてこうも今のamazonは低い方へ低い方へと流れなくては気が済まないのか。


#47

送料にも販売手数料・・・・これもですよね

法外な送料対策はわかりますし
(他サイトでは対策済みなので、ama様も出来ないようになっているかは未確認ですが)
¥1販売対策もあり、せめてメリットは全額返金の手数料無しくらいでしょうか?
(¥1でも一部返金にカテゴリ成約料徴収されるのは・・・・もうこれ以上・・・・)

送料無料品は送料無料選択や表示のメリットあるでしょうから
セラーの自由でしょう

しかし、今回最安方向であろうクリポ(約¥200)だとして8.8~16.5%
そこまで・・・ぼっぼっ僕らは従順なamaセラー♪ 鯔ないでほしいです

なんですかぁ~♪なんですかぁ~♪世界のアマゾンが~♪


#48

弊社の場合はざっくりですが、発送の手間増加と送料増で20%程度の粗利が削られると予想しています。セラーの人件費はゼロとでも思っているのでしょうかね?


#49

薄いものが多いので、チラシの間に挟まっていないかと確認すると大抵は出てきます。
返金は返品がないとできないのでマケプレ補償をしてくれと案内して終わりです。


#50

私の場合は不着の連絡を頂いた時点で再送付をしてます。
それで何の問題も無かったですけど・・・・・。
ヘンテコリンな面倒くさい事をするよりはアガリが多ければそれでよし、でした。
それが成り立つものだけをそうすれば良いだけの話ですね。
本当はそれが出来ない方や出来ない商品に対し追跡を掛ければ良いだけの話ですね。
ジャリンチョの校則みたいなのは好きじゃぁないけど決まりならばしょうがないからやってはいますが・・・・・・。


#52

(触っていたら削除してしまいましたので再投稿)

この、前提部分について「問い合わせが多いから追跡率を上げる」という思考の繋がりが良くわかりません。出品していてわかりますが、当社100%の追跡でき、遅延ない場合でも、発送日の問い合わせが一番多いです。
日時問い合わせが多い理由として、同じカートに出品者が複数あるため、他社の日付と間違えた。
また、顧客を逃さないためでしょうが「レジでの注文確定の確定時」に「注文を確定」ボタンが一番目立つところにある。諸注意・配送日がずっと下に表示されることにもあるのではないでしょうか。
あと、ユーザーとしてはいつ来るんだという商品は、主にお隣国の発送品かと。

他社を巻き込む仕様変更も手ですが、まずは自社でできるユーザビリティの改善やおかしな日本語などを修正されるのが「お買い物体験の向上」には有効ではないでしょうか。


#53

「お買い物体験の向上を目指す取り組み」と出品者出荷資格停止がなぜかつながってしまうAmazonさん。

ちょっと冗談ですが、次なるは「365日14時までは当日発送。達成しなければ出品者出荷資格停止」とかでしょうか。


#54

購入者の不着の主張を全て受け入れ速やかに全額返金するつもりで「追跡番号無し」を利用しています。日本郵便の配達能力は素晴らしいので、当方が上記のような連絡を受けるのは1000件に1件以下です。


#55

年間1万件以上ゆうメールを出してますが不着で返金するのは年に1度あるかないかです。

それぐらいの確立なのでわざわざ出品者の利益を削る必要全くないと思います。
もしこの制度を強行するのであればバカ高い手数料を改定して出品者の負担を減らすべき
もともとこの出品料が高いためにゆうメールを使うことになったのに

運営は購入者が・購入者がというが出品者の話は聞いたことあるのか?
少なくとも自分の意見は聞き入れられたことは一度もない アダルトのリコールで評価が下がらなくなったぐらいか


#56

84円の送料を198円に変更したら
「タカスギマス」言われたから
84円に戻して、クレーム上げたら
「ジョウシンシマス」の定型反応。

施行までに解決し…ないだろうな~w


#57

1000円以上の注文には配送料+80円ほど請求することができれば便利なんだがなぁ~


#58

せめて追跡必須の価格のものには手数料を減らしてくれないと厳しすぎますねこれは


#59

今回の件を、経産省のデジタルプラットフォーム取引相談窓口に相談した所、
独占禁止法にあたる可能性があります、との事でした。
(経産省、公正取引委員会には必ず、連絡するとの事でした。)

相談の声が多い程、対応もとりやすい事でしたので、思うところがある方は
デジタルプラットフォーム取引相談窓口に、相談してみるのも良いかもしれません。
(電話での対応でしたが、凄いソフトな対応で驚きました。)


#60

ご対応ありがとうございます。私も相談してみます。


#61

私も相談してみます。
諦めないでみんな動きましょう。


#62

>Amazonに寄せられた購入者様からのお問い合わせの中で、配送状況に関するものが最多であることを踏まえ、

結局のところ、理由はこれです。
購入者様への対応が面倒くさい、こういうことです。
カスタマーセンターへの問合せを少しでも減らす為に、
セラーと購入者様に泣いてもらおうということです。