サステナビリティ : Amazonは再生可能エネルギーへの投資を継続します


#1

2020年以降、Amazonは世界最大の再生可能エネルギーの購入企業となっています。Amazonは引き続き再生可能エネルギーの投資を拡大し、先日、全世界で新たに37件のプロジェクトを加えることを発表しました。

この新たなプロジェクトにより、再生可能エネルギーの発電容量は12.2ギガワット(GW)から15.7GWに30%近く増加します。Amazonでは現在、世界19か国で134の風力発電と太陽光発電、176の屋上太陽光発電を含む、合計310件の再生可能エネルギープロジェクトを推進しています。

この310件すべてのプロジェクトが稼働すると、合計で年間4万2,000ギガワット時(GWh)の発電量が見込まれます。これらのプロジェクトにより生み出されるカーボンフリーのエネルギーは、米国内で毎年370万台以上の自動車から排出される炭素量に相当する年間1,730万トンの炭素排出を削減します。

Amazon CEOのアンディ・ジャシーは次のように語りました。 「この地球を守り、環境への負荷を抑えるという私たちのコミットメントによって、Amazonは2020年と2021年に、世界最大の再生可能エネルギーの購入企業となりました。私たちの事業の成長とAmazonのすべての事業を再生可能エネルギーで運営するというミッションを踏まえると、私たちが再生可能エネルギーへの投資を緩めることはありません」

Amazonの再生可能エネルギープロジェクトについて詳しくは、Amazonの ブログ をご覧ください。


"Forumアナウンス" 2022年5月分 まとめ
#2

再生エネルギー云々以前に過剰梱包による無駄な資源の浪費をどうにかして欲しい。

約651cmの小さな品物が、今日も80サイズの段ボールで届きました。


#3

そんなくだらないことに投資できるのになぜ出品者には次々にルールを強要するのか
まずはそれを説明してからいろいろやるべきだろ


#4

今FBA納品準備をしているのだが、またページの仕様変更が行われています。
頻繁にページレイアウトを変えて、仕事しているアピールするのをやめてください。
使いにくくて困ります。


#5

一側面ばかりアピールするのもいかがなものかと。
配送のサービスプロバイダの環境負荷などもきちんと公表するべきでしょう。