相次ぐモバイルバッテリーの容量偽装問題について


#1

相次ぐモバイルバッテリーの容量偽装問題について

アマゾンマーケットプレイスにおいてモバイルバッテリーは需要のある大きな1つのカテゴリだと存じます。
しかしながら、多くの出品者さまが容量を偽装して出品が行われている実態がございます。内臓電池よりも容量増しに表記し、またモバイルバッテリー製品の裏面にも偽装容量をプリントしています。しかし、中身をあけてみると、表記容量と一致しないリチウム電池がてできます。これは消費者が安易に中身をあけてチェックできないことをついた悪質な仕業です。レビューでは、思っていたより充電ができないなどお客様の体感上での感想でしか述べられていることが多く(中身を空けると壊れるので)消費者は実際の搭載電池に関しては確認できません。

ANKERやCheeroなどは非常に品質が良く、もちろん偽装もございません。

価格相場が安価で販売されている無名メーカーとなってくると、容量偽装問題、電池の2次流通使用、MSDS流用などのたくさんの問題がございます。

製品のほとんどがリチウムで構成されているモバイルバッテリーは、リチウムがコストの割合が高いため、他社との価格差を大きくすることはできません。

そのお買い得をお求め(コスパ)お買い求めになられるお客様はそういった景品表示法の不正製品を購入されることが多いと推測します。

実際にモバイルバッテリーランキングをみてもトップ20位で不正疑惑のある製品は4つございます。
わたしは長年、リチウム関係の仕事をしておりますが、この製品形状寸法にて、表示している容量の搭載はかなり厳しいのですが、お客様は大きい容量なのに薄くて軽い!といった魅力に惹かれた購入されるのかと思います。実際は、容量偽装の可能性が非常に高いのですが。

B0756BVVDD
B01LW20AN8
B0756C9S5G
B0756D49T1

また、ワイヤレス充電対応のモバイルバッテリーの検索キーワード「Qi モバイルバッテリー」のSEO順、上位6つ中、3件が容量偽装、疑惑1件が発見されております。またこちらも非常に売れ筋の良い3件となっております。表記容量に対して安すぎる価格で販売しています。

容量偽装の製品一覧

B0785HFJDB (10000mAh ⇒ 実際7000mAh)
B0785H3MMT (12000mAh ⇒ 実際10000mAh)
B0799GYXVF (20000mAh ⇒ 実際14000mAh)

レビューにて画像つきの詳細を掲載させていただいております。
上記製品はやらせレビューも行っており、こういったレビュー☆1の投稿が埋もれてしまい、またやらせ―レビュー件数も多いため製品レビュー評価がつりあげれられております。

関係事業者としましては、やらせレビュー+容量偽装のダブルパンチでもううんざりです。
また、アマゾンにも通報させていただきましたが、対応はされていないみたいです。
こういった容量偽装問題についてほかの意見をお聞かせいただけると幸いです。


(老婆心) #2

以前中国の激安モバイルバッテリー製造工場に
製品の容量表示より実際のバッテリー容量が少ないのはなぜか聞いてみたら、
大容量表示のほうが売れ行きがいいとのことです。

「安くて大容量の偽装表示はよく売れる」
と解釈しました。

商品品質やモラルに対する関心は低いと感じました。

一部の製造業者と販売業者だと思いますが、
ランキング上位に現れるとどうして国柄を悪い方向に染めてしまいます。

自国もともかく他国に偽造品で横行されてほしくないので、
アマゾンに迅速に対策を取ってほしいです。


(メディア工房) #3

Amazonは自社の利益を脅かすような問題でなければ優先的には動いてくれません。
Amazon側の不利益となる根拠や理由をつけて何度も報告していくか、消費者庁など公の機関に報告していくしかないと思います。


(CCCP) #4

こんにちは。

私もモバイルバッテリーは好きで、販売はしないのですが営業活動のノベルティ配布用に輸入したりしています。
メーカーさんと打ち合わせや検品を繰り返しているうちにわかったのは、
・電池メーカ(又はサプライヤ)での容量詐称
・組み立て工場(モバイルバッテリ工場)での容量詐称
のどちらかまたはその両方があり、実際の容量は納品物を抜き取り計測しないとわからないのが現状です。
また、内部の電圧変換回路の効率も製品によってばらつきがあり、低いもので効率が50%台からで、実効容量はもっと少なくなります。(実装部品のばらつきもひどいです。コイルの巻きが荒いと数%単位で効率が変わります。)

内蔵されている電池に表記のメーカーや機種名もよく偽装されています。
中古セルの再パッケージ品は電池の内部抵抗と解放電圧を何本か計測すれば比較的わかりやすいのですが、新品の粗悪バッテリーをメーカー品に偽装したようなものだと品質自体は安定しているので、さらにわかりづらくなります。

かといって、信頼できそうなサプライヤさんと打ち合わせをしていると、日本で買ったほうが安そうな見積もりが届きます。

大手100円均一でも300円ほどで18650単セルのモバイルバッテリーを販売しています。
表記の容量は1700mAhでしたが、実際は1200~1270mAhしか取り出せない性能の電池でした。

私のイメージでは、
・あまり詳しくない(自主検査しない)販売者
・悪意を持った販売者
が多く、良いものをやすく手に入れることが本当にむつかしい商品だと思います。
また、最初のロットは指定の仕様で納品してくれるのですが、2度目3度目の納品時に勝手に内部の構成を変更してしまう工場もあり、品質の管理が非常にむつかしい商品です。

今までPSEの対象外でしたが、来年1月31日には経過措置も終了し少しは良い状況になればいいなと思っています。
(規制の対象は、400wh/lというエネルギー密度を超えるものなので、今までとは逆の偽装も起きるのではないかと思います。)
Amazonが対応するのは、それ以降か何かメディアで騒がれたときなのではないでしょうか。


(信楽狸) #5

最初に渡されるロットは基準値をクリアしているものがほとんどです。
極端な場合、まともな性能の他メーカーのパーツで構成されていたりしますし。

問題は二度目からですね。彼らはあれをコストダウンだと信じていますから。再生プラスチックでも平気で使いますし。指定された仕様で作れと怒鳴りつけても、どうして売れた後のことまで気を使うのかと、開いた口がふさがらない返事がもらえます。
額面の性能を出せるもの「しか」出荷しない日本の感覚とはかけ離れています。ごく一部の例外を含みますが。

かつてはMade in Japanといえば粗製濫造の代名詞でしたから。日本のものは何でもワンダラーで買えると。ここから国際競争力というものを腹に据えてかかったのが日本ですから、彼らも試されている現状ではないかと。
ただしこちらもビジネスである以上、甘い顔はしませんが。


(cozy) #6

モバイルバッテリーの容量詐称は頻繁に発生しているのは事実ですが
中には容量の計算方法を間違えて詐称じゃないかとおっしゃっている方も見受けられます。
例えば3.6V1000mahの表示のあるモバイルバッテリーをUSBチェッカーで計測した場合5Vでの電流に成りますので1000mah*3.6V/5Vとなり 5V720mahと成ります。
ワットアワー(電力)で表示すると紛らわしくないのですがね。


(Taka) #7

この問題は、グローバル視点から見ると昔からあり、当然として受け止めています。
日本人業者がカスタマイズしていない場合は、不正な値が表示されていると考えた方が良いかもしれません。

バッテリーを作るOEM工場は、世界中からの注文を受けます。
欧州、米国、日本の業者は、これは公正取引に対する違法に抵触するため、正しい表記を行います。
それ以外の国は、この意識が低いため、表記を改ざんして販売します。

グローバル的に言うと80%は不正表示品の方が、圧倒的に多いです。
当方もモバイルバッテリーを販売しておりますが、工場側に表示を正当値にカスタマイズし、ロット生産をして頂き、販売しております。 BOMもチェックしております。また、工場側も正規表示が望ましいとして、協力していただいております。 正規表示でないと、バッテリー容量に現れ、例としてEfficiency Rateが92%でも、82%にするとか、違う値を弄る必要が出ます。 Efficiency Rateが低いバッテリーは粗悪品に見られるので、百害ありという見解です。
(本来であれば、不正値がカスタマイズなのですが、反対の作業になる程、増加しています。)

今まで、日本業者が不正表示の国内輸入を瀬戸際で止めておりました。
急速に海外セラーが増加した事で、これらが一斉に日本に入ってきております。

昔は、10%-20%程度の値で、5000mAhを6000mAhにする程度でした。
最近は激化しており、5000mAhを10,000mAhに不正表記が出てしまいました。


(Taka) #8

当方もモバイルバッテリーを扱っております。(ちなみに、部品からカスタムしてます。)

アマゾンでは、長い間程壊滅的で、製品か価格が悪いのかな?と悩みアマゾンからの脱出とたところ、そこではランクインしました。
:rage:殺され続けていたとも言えます。:rage:

このスレが目に入り、モバイルバッテリー上位の調査を開始するとともに、広告テストも開始しました。
:smiling_imp::smiling_imp::smiling_imp::smiling_imp: 酷い状態です。 ::smiling_imp::smiling_imp::smiling_imp::smiling_imp:

どっから手をつければいいのかって思うほど、魑魅魍魎の世界ですね。
他カテゴリーなら、悪さを仕掛けている業者の絞り込みは簡単なのですが、サァ、どこから手をつけましょう。

ひとまず、製品を減らす運動をしませんか?

米国の新ガイドラインが使えるなら、以下の方法はどうでしょうか?

ターゲット: スポンサー広告を使用している不正・悪質業者に絞り込む

(1) 複数に散らばっている同製品に対して、統合申請をお願いする。
期待できる効果; 露出効果とスポンサー効果が改善される。
→ 表示件数が減れば、製品が露出する機会が増えます。
→アマゾンの仕組みは、相乗りされると、スポンサー広告がかけれなくなります。
(他社のために広告算出はできないため。)
→ 以下の規約を使用する。
”Duplicate product detail pages: Creating a product detail page for a product already in the Amazon catalog is prohibited.”と”Separate listings: Sellers may not create separate listings for identical copies of the same product. ”

(2) 不正リビューの調査
期待できる効果:アマゾンの信頼性が取り戻せ、顧客も戻ってくる。
同一製品を一括になると、それに伴い不正リビューも集まります。
”Misuse of ratings, feedback, or reviews”の調査依頼という形はどうでしょう。

慌てて表示を変えてきた場合は、不当表示となり、詐欺・違法となり、さらに厳しい出品停止です。
相手が慌てるほど、撲滅運動には都合がよくなるかも。

https://sellercentral.amazon.com/gp/help/external/G200386250

上記戦術を行う場合の注意点:
統合を行うアカウントスペシャリストの地域: 国外の場合は、100%の証拠で通報しても、なかった事にされます。
対処方法:掲示板管理者が公正な判断を行うとし、掲示板での公開と同時進行をします。
注意点:良質な出店者に被害を与えないように、100%の証拠が重要。。。

以上の戦術はどうでしょうか? 皆様のご意見により、改善や追加により、アマゾンジャパンの信頼性回復、お客様の保護、そしてセラー間の公正競争につながればと願います。


(Don Pishari) #9

>容量偽装の製品一覧
>B0785HFJDB (10000mAh ⇒ 実際7000mAh)
>B0785H3MMT (12000mAh ⇒ 実際10000mAh)
>B0799GYXVF (20000mAh ⇒ 実際14000mAh)

これを「偽装」と騒ぐのは呆れる人も少なくないのでは?
日本国内のケイタイショップや家電店で入手可能なモバイルバッテリーも、
このレベルだろうに(すでにこちらのコメント欄で説明があるように。
電力ロス・変換効率の問題がある)
表示容量の6割7割ぐらいが目安だし、親切に二重表記している市販品もある。

悪質出品者を淘汰しづらいヤフオクとかでは、
20000mAh以上を謳って、その十分の一ですら怪しい粗悪品ごろごろ


(Taka) #10

追記:現段階での当方のEfficiency Rateの目安は、直差しの場合は92%. Qiの場合は72%(5V) 82% (12V) と考えてます。(劣化がない場合)

分解し、内部の製造会社とモデル番号から、バッテリーの仕様書と照らし合わせるのが、もっとも簡単でしょう。

今まで、中国からの輸入問題は、無視していた方が多いのでは?しかし、最近のように、無視できない程度まで、不正情報とリビューで荒らすなら、開発まで関わるプロはそろそろ動くかも。。。

悪質な上位10を皆さんで分担して、分解すれば、2000円−3000円で証拠が作れ、消費者庁へ通報すれば、低コストで沈静化が可能かも。 我々が協力できるかどうかが、第一関門ですが。。


(にこにこくん) #11

先ず中国で品物を仕入れ売れたなら間違いなく中国の仕入先は他の方にも販売、卸をします
中国では同じ金型を使いまわしし、同じ型番で平気で商品を増産します

金型で外ケースを製造した工場は中国国内の何百社もあるありとあらゆる組み立て工場へ同じ外ケースを販売するわけです
その何百社とある組立工場は良い品質の工場もあれば悪い品質の工場もあります
悪い品質の工場であれば価格も良い品質の品物より安くAmazonなどの販売をしている会社へ卸をするわけです。

品質の悪い工場は、平気で容量より低い品物を製造しますし売れている商品と同じ型番、同じパッケージで製造し
平気で他社が取得したPSE番号をつけたりPSE番号を取得していないにも関わらずPSEの刻印、シルク印刷を施します

同じ型番、同じパッケージで相乗りされたら価格も相手の方が安く販売出来、販売しているうちに商品に不具合が出て
レビューなどで商品の評判が下がり、商品が売れなくなります。そうするとその業者は別の商品に鞍替えするわけです
イナゴのようなやり方ですね。

特にイナゴのようなやり方をする中国製造雑貨業者は日本在住の中国人の方が多いのが現実です。
私の知り合いの中国人の輸入販売会社の社長も同様な販売をされている方も居れば、被害を受けている方もおられます。

残念ながら中国から輸入して商品を売られる場合、売れ始めた物、売れ筋の物は必ず別の中国業者に食い物にされます
御社様が中国から仕入れている際、現地、若しくは中国人のコーディネーターを使っている場合、
その人間が貴方の商品が売れているよと、情報を流していることも経験上大いに御座いますので御注意ください。

私も中国から輸入する雑貨や周辺機器の販売を辞め、自社製品や、他社に出来ないものを販売し始めた事由もそこにあります。

あまり悩まずに将来的に少しづつ商売をシフトしていくことも視野に入れる事も必要だと思います。


(system) closed #12

このトピックは最後の返信から180日が経過したので自動的にクローズされました。新たに返信することはできません。