【再通知】年末の返品期間延長に関するお知らせ Amazon.co.jp


#1

このたびAmazon.co.jpでは、2021年の年末期間中(11月1日~12月31日)に購入されたAmazon直販およびFBA商品について、通常商品到着から30日以内としている返品可能期間を、翌年1月31日までに延長させていただく予定です。お客様によりよい購入体験をご提供し集客を強化することで、出品者様の中長期的な事業成長をサポートすることを目指す取り組みとなります。

出品者様に設定変更などの作業を行っていただく必要はございませんが、 ご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。

なお、年末期間の返品期間延長を実施している海外のAmazonの例では返品量の増加や返品時期の遅れといった影響は無いかごく僅かとなっておりますが、出品者様のご心配を考慮して、該当期間中に30日の期間を超えて返品された注文については返金手数料を免除させていただきます。

出品者様がご自身で出荷する商品については、返品期間の延長は出品者様の任意となります。

返品期間延長の対象商品:

Amazon直販またはFBA商品で、「返品・交換の条件」に基づき、通常商品到着から30日以内に返品することができる商品。

返品期間延長の内容:

2021年11月1日~12月31日の間に購入された対象商品は、一律で2022年1月31日まで返品が可能になります。開封や使用の有無に基づく返金条件など、返品期間以外のルールは通常と変更ございません。

返品管理 および 返品ポリシーの詳細については、セラーセントラルのヘルプページをご覧ください。

返品期間の延長に関するご質問は、テクニカルサポートまでお寄せください。


#2

購入を体験と称していること自体おかしなことだと思わないのか?
出品者からしたら実験で商品を買われたらたまったものではない!


#3

購入体験を お試し購入って 思えない事も無いですね。

ただ 購入体験と続けて訳してるので 購入経験の事ではないのかと思います。

Experienceという事なら 経験と訳す事も出来ますから
Amazonの日本語訳が 毎度の事ながら おかしいですね。勘違いする訳が多いです。


#4

わかりましたー。
60日間経って返されたら困るものはアマでは売らない。
Yでバンバン売るからいいですよ。
これからPP祭りだし。
どこに何を出品するかはこちらの自由ですし。

商売をやりやすいところに力を入れるのは当然のこと。

当店はもう高価なもの、大事なものは引っ込めました。
悪質な注文者が比較的多くトラブルの多いアマではそういうものは出せません。
ありきたりなものを置いてます(そしてそれがメインで売れるアマの客層)
大事なものは他にプラットフォームがあるのでそちらで売ります。

あまりセラーに負荷をかけすぎるとそのうちそっぽ向かれますよ。
陳列しているものが貧相になればさすがに注文者も別プラットフォームへ移動します。
残るのはアマ以外では活躍できない悪質な注文者のみ。

セラー、注文者、どちらにもよい方法を考える
バランスがモールは大事ですね。

そんなわけで、
たいしたものは出品しませんが今後ともよろしくお願いします、アマゾン様。


#5

言い方にはいろいろありますが、アマゾン様の条件に合う範囲で出品をし合わない条件のものはアマゾン様には出品が出来ない。
以上の事は当たり前な話ですね。
全部をアマゾン様にお願いしてのメリットがだんだん薄くなってきたような気はします。


#6

「購入体験」っていう言葉そのものはAmazonでは結構見かけます。
平成時代なら「人生初めてのインターネットショッピングはAmazonで」という意味合いが想像できますが、
インターネットショッピングが主流になりつつある令和では

と感じるのも頷けます。


#7

メーカー保証が90日無い商品が、保証期間を超えて返品されたら
事実上のセラー負担になってしまいます。
手数料が免除されるとはいえ、FBAの場合さらに返送/放棄手数料がかかってしまいます。
いくら損するかは2月になってみないと分からないというところでしょうか。


#8

対象期間中、期間限定で需要が高まる商品が沢山有りますね。

クリスマス関連(ツリーやイルミネーション、サンタの衣装や帽子・・・)
正月関連(おせちのお重、門松、しめ飾り・・・)

使用後に、商品画像と違ったとか座りが悪くてすぐ倒れたとか何かしら商品の不具合を訴えれば全て返金されてしまうのでしょうね。
どれだけの量の返品があるのか、想像したら恐ろしいです。

悪意のある購入者からすればAmazon天国!

いい加減にお客様の購入体験がどうのこうのではなく、フェアな取引がきちんと出来るような施策に注力してほしいです。

もし、本当にすばらしい購入体験を提供したいと考えているのであれば、それって返品受付期間の延長なんですか?
通販での購入体験で購入者が重要だと考えているのは一体どんな事だろう?
Amazonさんは本気でこの事を考えているのかなぁ?

個人的な意見ですが、注文した商品が約束した期日に届く事、当たり前ですが重要です。

弊社、FBAを利用していますが、最近の返金理由で非常に多いのが「配送予定期間内の配送不可」だったりします。
運送会社がヤマトや日本郵便から次第にAmazon配送の割合が増えてきていますが、その割合が増す程に配送品質が悪化しているように思います。
購入体験の質が落ちてる・・・

セラセントップに毎日登場するアンケートも何が聞きたい?って感じですし
購入者とも出品者とも感覚が何か違うんだよなぁ・・・って事がどんどん増えてませんか?


#9

的を射たご指摘ですね。

その感覚こそが大事なんですが、市販品ではその違いを強調することが難しくなってますね。


#10

中学英語の”Experience”を体験と訳しているだけで、そんなにおかしいかな?
皆さんの大多数がセラセンにアクセスするために使用しているパソコンのOSやブラウザやOfficeも
ユーザーエクスペリエンスとか言ってると思うよ。

まだ購入したことが無い人には購入を「体験」してもらう、購入したことがあるのは「経験」、どちらも”Experience”なので良いのでは。

これまでにamazonを使ったことが無い方、一度amazonを使ってみてくださいの、「一度使ってみてください」を何という言葉に置き換えるか?

初回は安くするわけでもないので「試し買い」でもないだろうし、キャバクラの看板とか「体験入店」とか書いてあって、体験入店でも労働対価は払ってもらえるだろうから、「購入体験しませんか」はそれと同じじゃないかな。
はじめてamazonを使ったら「amazon初体験」。

購入体験の「体験」に「実験」”experiment”とか"experiment trial"とかtestというニュアンスを感じるかどうかだなぁ、、、

確かに翻訳がおかしいのはamazonのマーケ関係には多いが、


#11

これも本当に。

購入者としてアマゾンを使う場合、
それを感じます。
きちんとお届けしてお客様が箱を開けるまで1つのサービスですよ。

あと、お客様から当店へ電話でいただいたアマゾンへの意見ですが
アマゾンのCSに外国の方が多いので相談しても解決しない。
外国の方が多いのは(しりませんでしたが)
別にいいと思うのですが語学を理解し内容をきちんとサポートできる人でないと。
こういう事も積もり積もって一部のお客様は別のモールに流れていくのでは。
そのお客様ももうアマゾンでは買わないと。

同様にセラー向けのアナウンスでも翻訳機を使った理解ができないアナウンスも・・・・理解しないとならない大事なことですよね?

マニュアルではなく臨機応変に考えねばならない大事な部分は適材適所できちんとした人を置いて何でもAIに頼るのをやめるべき。

あと、マケプレで関東から九州のはてまで1日で届けるようにと
ムチャな事を言っているわりに
自分のところのFBAからの出荷が2日後のお届け日だったりする。

カタログを見ると当店の商品Aは当店からマケプレで出荷の場合関東地方は翌日お届けになっているが、商品BはFBA出荷鳥栖から関東、お届け日が2日後になっていたり・・・・
アマゾンでも鳥栖から1日で届くようにしたら?
マケプレセラーには「1日で届くように」って言ってるんだから。
ホントおかしい、言ってることが。

話がそれてしまいましたが、
購入者とも出品者ともアマゾンの思考は感覚が違うと感じます。

あと、押し付けてばかりいないでセラーの意見聞け。
Yは時々きちんとアンケートに沿ってシステム変えている。
カタログ作るのも不便がたくさんある。


#12

「amazonに出品するのは安物だけ。高価なものは出品しない」
セラーは今一度この大原則を肝に銘じるべきです。


#13

「お客様によりよい購入体験をご提供」とあるが、それを支えているのが店舗であることを忘れている運営に嫌気がさします。