user profile
Sign in
Sort by
Latest activityRecently createdMost viewedMost voted
Filters
Date/timeAll TimePast dayPast weekPast monthPast 3 monthsPast yearDate Range
Quick filters
Discussions
Categories
Tags

Browse discussions

user profile

Amazonプライムデーの開催に向けて事前準備は出来ていますか?

広告主様からは、「スポンサー広告の3つのプロダクトを活用するのが難しい」、「入札額の調整など部分的に話を聞いても、戦略の中で最適化をどのように行えばよいのかわからない」といった声をいただいております。

このようなご意見にお応えするため新しく作成したマニュアルをご紹介します。

スポンサー広告キャンペーン作成マニュアル 新規顧客拡大編

本マニュアルでは、以下のポイントに注目しています:

  • 3種類のスポンサー広告(スポンサープロダクト、スポンサーブランド、スポンサーディスプレイ)を戦略別に使い分け、活用する方法
  • ターゲティングや入札額などを調整し、最適化するための判断となる材料
  • 動画や静止画を活用する際のポイント

Amazonプライムデー開催準備の仕上げに向けて、本マニュアルをぜひお役立てください。

[Amazon Ads 公式YouTube]

過去のウェビナー動画やご利用いただいている広告主様の事例など、広告戦略に役立つ情報がご確認いただけます。ぜひチャンネル登録をしてご活用ください。

0 votes
1 vote
9 views
0 replies
Latest activity 
user profile

まもなくプライムデーが開催されます。プライムデーの期間中は、商品の閲覧や購入など、お客様のトラフィックの増加が多く見込まれます。

下記リンクからセール前、セール中、セール後の段階における各種ガイドを確認し、セール期間に活用すべきブランド機能や、売上の拡大に貢献するスポンサー広告の活用方法について学び、プライムデーの売上最大化にぜひお役立てください。

Amazonビッグセールの成功への道のり:Amazon完全準備ガイド

本ガイドには以下のようなコンテンツが掲載されています:

  • ビッグセールに向けたスポンサー広告の活用方法
  • FBAを活用したビッグセールの売上最大化
  • 2024年 ビッグセールに向けたプロモーションの準備
  • ビッグセール期に向けた広告予算の確保の考え方、入札額調整の具体的な施策について
  • 【ブランド所有者様向け】ビッグセール期間前に設定できる機能のおすすめ活用方法

[Amazon Ads 公式YouTube]

過去のウェビナー動画やご利用いただいている広告主様の事例など、広告戦略に役立つ情報がご確認いただけます。ぜひチャンネル登録してご活用ください。

0 votes
2 votes
19 views
0 replies
Latest activity 
user profile

2024年7月28日に、マーケットプレイス全体のさまざまな商品タイプの属性の使用方法と列挙値が更新されます。このような調整は出品エクスペリエンスの向上に不可欠です。Amazonでは、重複する属性を排除し、対応する商品タイプに関連した属性と列挙値のみを厳選するように努めています。

影響を受ける商品タイプと変更の詳細なリストについては、2024年7月のListings Items API商品タイプの変更を参照してください。

影響を受けるマーケットプレイス

この変更は以下のマーケットプレイスに適用されます。

  • カナダ(CA)
  • 米国(US)
  • メキシコ(MX)
  • ブラジル(BR)
  • スペイン(ES)
  • 英国(UK)
  • フランス(FR)
  • オランダ(NL)
  • ドイツ(DE)
  • イタリア(IT)
  • スウェーデン(SE)
  • ポーランド(PL)
  • エジプト(EG)
  • トルコ(TR)
  • サウジアラビア(SA)
  • アラブ首長国連邦(UAE)
  • インド(IN)
  • シンガポール(SG)
  • 日本(JP)
  • オーストラリア(AU)

影響を受ける人

Listings Items API v2021-08-01やJSON_LISTINGS_FEEDフィードタイプを使用して商品情報の作成や編集をしているプライベート開発者とパブリック開発者がこの変更の影響を受けます。商品のみの出品情報、XSDフィードのアップロード、XMLフィードのアップロードの場合、この変更の影響はありません。

必要なアクション

この変更は、出品情報の作成または編集時に影響します。この変更では、使用することが必須の新しく追加された属性で、値の提供が求められます。使用することがオプションの属性については、値を提供することもできます。新しい列挙子が販売商品と関連性が高い場合、属性のドロップダウン値に新しいリストの列挙子を使用することもできます。

0 votes
0 votes
11 views
0 replies
Latest activity 
user profile
修正: データキオスクのロール要件
by Seller_kJVfaLvTw4Zix

2024年6月19日に、データキオスクの一般公開をお知らせしました。

最初のお知らせには、すべてのデータセットにブランド分析のロールが必要であると記載されていました。これは間違いです。ベンダー分析データセットと売上・トラフィックデータセットにブランド分析の役割が必要で、エコノミクスデータセットには販売パートナーのインサイトのロール必要です。

0 votes
0 votes
6 views
0 replies
Latest activity 
user profile

2024年7月3日から、新しいコミュニケーション手段が導入されました。これについては、データ保護ポリシー(DPP)と適正利用規約(AUP)に概要が記載されています。

  • DPP: 開発者向けのすべてのポリシーに関連するインシデントレポートは、security@amazon.comに直接送信する必要があると規定されています。以前の宛先のインシデントレポートメール(3p-security@amazon.com)は確認されません。
  • AUP: お客様の組織で、情報のニーズや使用方法に影響を与えるイベントや変更があった場合は、変更後30日以内にAmazon SP-API開発者サポートに知らせる必要があると規定されています。

0 votes
0 votes
11 views
0 replies
Latest activity 
user profile

ブランド割引の新しいASIN除外機能では、ブランドカタログ全体に設定する割引から最大100個の親ASINを除外することができます。これにより、販売やプロモーション戦略をより細かく管理できるようになりました。この機会にブランド割引をぜひご活用ください。

注意:すでに実施中/予定されている割引からASINを除外することはできません。

割引からASINを除外する方法:


  1. 割引を設定したいブランドと対象を選択します。
  2. 商品を選択するページでは、「すべての商品を登録」を選択してブランドカタログ全体を選択するか、「特定の商品を除外する」チェックボックスを選択して最大100個のASINを除外することができます。除外するASINに親ASINを入力すると、関連するすべての子ASINが割引から除外されます。少数の子ASINのみを除外したい場合は、個別に除外することができます。
  3. 除外されたASINを確認し、割引を送信する前に、予算、割引、開始日、終了日などの割引の詳細を入力します。

この新機能の利用方法の詳細については、セラーセントラルのブランド割引ヘルプページ をご覧ください。

1 vote
1 vote
10 views
0 replies
Latest activity 
user profile
廃止のリマインダー - 2024年6月
by Seller_kJVfaLvTw4Zix

廃止されたSP-APIリソースの開発は継続されません。廃止されたSP-APIリソースの呼び出しは、削除日まで引き続き可能です。削除日を過ぎると、呼び出しができません。SP-APIの廃止日について詳しくは、廃止の一覧表をご覧ください。

API

  • Feeds API v2020-09-04は2021年7月21日に廃止され、2024年6月27日に削除されます。
  • Reports API v2020-09-04は2021年7月21日に廃止され、2024年6月27日に削除されます。
  • 以下のFulfillment Inbound API v0オペレーションは、 2024年3月27日に廃止され、2024年12月20日に削除される予定です。
  • o createInboundShipmentPlan
  • o updateInboundShipment
  • o createInboundShipment
  • o getPreorderInfo
  • o confirmPreorder
  • o getTransportDetails
  • o putTransportDetails
  • o voidTransport
  • o estimateTransport
  • o confirmTransport

フィード

以下のフィードタイプ値は、2024年3月18日に廃止され、2025年3月31日に削除される予定です。

  • POST_PRODUCT_DATA
  • POST_INVENTORY_AVAILABILITY_DATA
  • POST_PRODUCT_OVERRIDES_DATA
  • POST_PRODUCT_PRICING_DATA
  • POST_PRODUCT_IMAGE_DATA
  • POST_PRODUCT_RELATIONSHIP_DATA
  • POST_FLAT_FILE_INVLOADER_DATA
  • POST_FLAT_FILE_LISTINGS_DATA
  • POST_FLAT_FILE_BOOKLOADER_DATA
  • POST_FLAT_FILE_CONVERGENCE_LISTINGS_DATA
  • POST_FLAT_FILE_LISTINGS_DATA
  • POST_FLAT_FILE_PRICEANDQUANTITYONLY_UPDATE_DATA
  • POST_UIEE_BOOKLOADER_DATA

通知

• LISTING_ITEM_ISSUES_CHANGEペイロードバージョン1.0は2024年2月28日に廃止され、2024年9月25日に削除される予定です。

0 votes
0 votes
9 views
0 replies
Latest activity 
user profile

Fulfillment Inbound API v2024-03-20の一般公開についてお知らせします。この新しいAPIを使用すると、以下のことが可能になります。

  • 複数の納品先指定サービスオプションから選択
  • Amazon施設への荷物の到着に利用可能な配達時間帯を表示して選択
  • 「Send to Amazon」とフルフィルメント納品APIを使用した納品へのアクセスと編集
  • 最大1,500のSKUに対応した大規模な納品プランの作成
  • 納品情報の取得(Amazon参照番号や納品ステータスなど)
  • 納品のSKUラベルの印刷

Fulfillment Inbound API v0では10件のオペレーションが廃止されました。削除日は2024年12月20日です。

  • createInboundShipmentPlan
  • updateInboundShipment
  • createInboundShipment
  • getPreorderInfo
  • confirmPreorder
  • getTransportDetails
  • putTransportDetails
  • voidTransport
  • estimateTransport
  • confirmTransport

Fulfillment Inbound API v0の以下のオペレーションは廃止されませんのでご確認ください。

これらのオペレーションは、Fulfillment Inbound API v2024-03-20で導入された新しいオペレーションと共に引き続き使用できます。

影響を受けるマーケットプレイス

新しいFulfillment Inbound API v2024-03-20を使用して、以下のストアで納品を作成できます。

  • カナダ
  • 米国
  • スペイン
  • 英国
  • フランス
  • オランダ
  • ドイツ
  • イタリア
  • スウェーデン
  • シンガポール
  • オーストラリア
  • 日本

以下のストアでは利用可能になり次第、サポートをお知らせします。

  • メキシコ
  • ブラジル
  • ポーランド
  • エジプト
  • トルコ
  • サウジアラビア
  • アラブ首長国連邦
  • インド

必要なアクション

Fulfillment Inbound API v0を使用する場合は、Fulfillment Inbound API v2024-03-20に移行する必要があります。これに関するヘルプは以下を参照してください:

詳細

さらにサポートが必要な場合は、開発者サポートまでお問い合わせください。

一般公開の開始でサポートされる機能の詳細については、Fulfillment Inbound APIに関するFAQを参照してください。

0 votes
0 votes
5 views
0 replies
Latest activity 
user profile

Fulfillment By Amazon (FBA) Inventory API と Fulfillment Outbound APIのドメイン間のコード統合をテストできるようになりました。この2つの動的サンドボックス環境を使用して、Amazonの本番対応のような注文フルフィルメントと在庫移動をシミュレートできます。

FBA Inventory サンドボックスで以下が可能になります。

  • SellerSkuやproductNameなどのサンドボックスコントロールAPIを使用して、サンドボックス商品の作成や削除ができます。
  • サンドボックス商品に仮想在庫を追加できます。
  • getInventorySummariesをクエリして、開発者が作成した商品の在庫情報を表示できます。在庫情報には、SellerSku、fnsku、asin、productName、fulfillableQuantity、reservedQuantity、totalQuantityが含まれます。
  • getInventorySummariesFBA Fulfillment Outbound 動的サンドボックスと組み合わせて使用し、Amazon以外の仮想注文を作成および管理して、在庫の移動と消費を確認できます。

詳しくは、Fulfillment Outbound 動的サンドボックスガイドFBA Inventory 動的サンドボックスガイドをご覧ください。

0 votes
0 votes
8 views
0 replies
Latest activity 
user profile

FBAマルチチャネルサービス(MCF)の出品者は、新しいdeliveryOffersのAPIオペレーションを使用して新機能のダイナミックデリバリーサービスにアクセスできるようになりました。

ダイナミックデリバリーサービスでは、米国の郵便番号または米国のIPアドレス内のすべての購入可能な商品について、標準のクリックツーデリバリーサービスを利用できます。ダイナミックデリバリーサービスでは、標準のクリックツーデリバリーと同じ商品お届け日が使用されるため、購入者の購入手続き率の向上が見込まれます。deliveryOffersは米国(US)のマーケットプレイスのみで使用できます。

詳しくは、ダイナミックデリバリーサービス取得のチュートリアルをご覧ください。

また、GetFulfillmentOrderCreateFulfillmentOrderの2つのAPIオペレーションに新しいオプションフィールドが追加されました。GetFulfillmentOrderレスポンスにlockerDetailsフィールドを表示できるようになりました。CreateFulfillmentOrderリクエストでdeliveryPreferencesフィールドを表示できるようになりました。これらのフィールドは日本(JP)のマーケットプレイスでのみ使用できます

0 votes
0 votes
1 view
0 replies
Latest activity 
View more discussions