今年に入ってカート獲得率のアルゴリズムが変わりましたか?


(BodyLike) #1

ある商品によっては0%だったり
ある商品によっては100%になってたり
今年に入って急にアルゴリズムが変わったように感じたのですが皆さんはどうですか?

突然カート獲得率が0%の商品が出てきて
FBAの在庫がサバけなくなってしまい困っています。
その他モールでも販売はしていますがアマゾンほど数がサバけず…
一時的なものかと思ったらもう1週間は経過しているのでとてつもない不安に襲われています。


(バッグ専門店) #2

確かに変わりました。FBA出荷、同じ最低価格を設定してもカートボックスの獲得率0の商品があります。とてもおかしいです。どんな規律になっているか全くわかりません。テクニカルにお問い合わせしても教えてくれませんでした。


(123456789) #3

私も 何かカート基準を弄っている途中のバグの様な物かなと思っています。

20%近く下げて取れないなら、値下げする業者は逆に減ると思うので
私も諦めて上げましたし、、、


(RST SHOP) #4

明らかに出品者に不利な状況(アルゴリズム)になっていますね。
弊店ではFBAのみ利用で、メディアを主力商品として取り扱っております。
以前は出品商品全体(500~1000アイテム)の60%近くはカート獲得出来ていたのですが、
今では25%以下まで落ち込んでいます。
(ビジネスレポート内カートボックス獲得率1%以上を集計した結果。)

他の方も指摘していらっしゃる通り、
弊店でも売れ筋だった商品の8割程はAmazonリテールがカートを独占しています。
結果、売上に急ブレーキがかかってしまい例年の6割以下にまで落ちてしまっています。
撤退とまでは行かずとも、主力を別に移さねばならない危機的状況です。
amazonでの販売に本腰を入れ始めていただけに残念な事です。

本件をテクニカルサポートへ問合せましたが、システム的なエラーは無いとの事。
ですが、テクニカルサポートの方とお話をさせて頂いて、
双方共に『何かおかしい、今までと違う』という部分では認識を共有していました。
(アカウントヘルス、価格、在庫、等々を確認しあった上での事)

また、弊店なりに原因の解明に努める為、
システム障害が起きカート獲得のアルゴリズムに異常(変化)が起こり始めたと思われる7日以降から現在までの間、
定点テスト(特定の商品のカート取得状況確認)を行っていたのですが、
極一部商品についてはamazonリテールではなく、特定のFBA出品者のみがカートを独占している状況も見られます。
この部分については全く意味がわからないと行った感じです。

おおよその所、システム部門及び経営・販売部門のみでこの仕様へ移行する判断を下して変更を加えており、
情報をサポート部門へとは落とし込みしていないのでしょう。
あまり批判的な事を書くと後が怖いですが、この状況は変わらないのではないでしょうか。
少しでも状況を変える事が出来る可能性がある方法は、
疑問に思った皆さん全員がテクニカルサポートへ諦めずに連絡(苦情)を入れる事ではないかと思います。

2016/01/17 3:17にRST SHOPによって編集されました


(BodyLike) #5

私ももしかしたらそうじゃないか?と考えました。

私は以前健康食品のメーカーで働いていたことがあり
そこからも卸売りをさせて頂いているのですが

もしかしたらこれはメーカーがカートを独占してるんじゃないか!?と思い
直接メーカーの仲の良かった先輩に尋ねたら、
メーカー側も0%になってると言っていました。

これはセラー仲間で密に情報を共有して早急にアルゴリズムと対処法を見つけないと
たくさんのセラーが過剰在庫を持ってしまう事に…
(私もです。)


(happyeee) #6

当方も、1月8日くらいから、一部の商品ASINにて、カートが変わらない現象が起きています。
10日間もの間、同じFBA出品者が、カート表示を独占しているASINもあります。汗

テクニカルサポートの方にも、連絡するも、「仕様」との返答で。。。
でも、繰り返し、カートの説明と、証拠画像を送って、現在、担当部署に、報告してくれているみたいです。(3日間放置ですが。。。)

ここ5年間くらいFBAを利用していますが、今回のようなことは、初めてです。

この現象が、全商品では、ないので、アルゴリズムの変更ではなく、バグだと思っていますが、
なかなか、対応してもらえないので、困ったものです。

このバグと思われる現象が、全商品になったら?と思うと、怖いです。

テクニカルサポートは、毎度のことですが、
問い合わせが少ないと、なかなか対応してもらえないので、
思い当たる出品者の方は、とにかくテクニカルサポートに、問い合わせて、
問い合わせ件数を増やすことが、対応を促す最良の方法かもしれませんね。


(BodyLike) #7

健康食品です。
サプリメントです。

一人で運営していますが、先月は月商600万にあと少し届かないくらいでした。
出店後半年経ちましたが

この件に関して答えられるのなら
少しはそんなディスったコメントはわかるんですけど
何の商材かを聞いて、
わかったところで答えられなかったらかっこ悪いですよ^^

挑発に乗りやすいタイプですいませんね^^

2016/01/19 13:15にBodyLikeによって編集されました


(バッグ専門店) #8

しかし、一番おかしいのは、二つの商品、
商品a 商品b

同じカテゴリー、同じライバル、同じFBA出品、同じ価格を設定しています、のに

商品aは50%程取れています。商品bは0%で全く取れません。

意味わからないですね。

システム障害じゃないかなと思っております。

テクニカルに聞いたら、カートボックスの獲得率については、いろんな条件を考えてシステム自動で分配するっていうことで、この以外の答えがございません。


(BodyLike) #9

もしかしたらそれがアマゾンの狙いなのかとか疑ってしまいますね!

こうやって獲得率を0%か100%の二極化してしまえば
みんな値段下げして価格競争になりますし
アマゾン的にはどのみち売れれば儲かるわけですし
他モールより安い商品がアマゾンにあるってなれば他モールで買わずアマゾンに買いにきますしね…
なんていやらしい

2016/01/16 10:26にBodyLikeによって編集されました


(BodyLike) #10

理由がわからないから対策取ろうにも取れないですよね!

というか自分だけじゃないみたいでなんかホッとしました!
そんなに値を落としてもカートが取れないんですね!

年末連休をとるために大量に在庫を入れてしまったので
ひとまずそれをなんとかしないと・・・
本当に一時的なものであってほしいです。

頑張っていきましょう!!!


(asylum) #11

私の場合は1/9からカートボックス獲得率にして、平均12%程度下落しています。商材はメデイアですが、気になって取引先をリサーチしたら、詳細は伏せますが活発ににリテールが動いているようです。そう考えると一時的な現象ではないような気がしてなりません。人気のある商材は特にリテール優位なカートボックス獲得が続いています。このスレッドを拝見した所、恐らくメディアだけの現象ではない事がわかりました。推測ですがサイト全体として、カートボックス獲得がリテール優位にシステム変更されているのかと考えます。その中でもメディア商材はリテール(=ベンダーセントラル、e託セントラル)がマーケットプレイス(=セラーセントラル)に対して、昨年来非常に対抗意識を持っている事が確認できているので猶更です。貴重なスレッドありがとうございました。


(アクセル) #12

恐れながら、このコメントについて言及させていただきたいと思います。

当方ではかなりの数においてテクニカルサポートに相談した経歴があります。

そこで分かったことなのですが、テクニカルサポートはカートボックス獲得に関しては本当に無知です。

ヘルプページ上にある「在庫数や販売価格によって決められる」というものしか教育を受けていないようで、それ以上の回答は望めません。

というか、ヘルプページに記載されてあることしか教育を受けないのでしょう。

そしてもう1つ、ここが肝心なのですが、Amazon内部は超縦割り社会です。

部署間連携なんてものはありません。
連携は、転送しかしません。

ですから、いくらテクニカルサポートに相談しても、肝心の担当部署に渡った時点で全く違った認識で伝わり、もみ消されます。

私はあるカートアルゴリズムの件で昨年9月頃から毎月連絡していることがあります。

テクニカルサポートの担当は本件を伝えると必ず「出品者様のおっしゃる通りです。担当部署に連絡して対応を急がせます」と必ず言われるのですが、肝心の転送がかかった時点でもみ消されるようで、4ヶ月も経過した現在でも私が指摘した問題は変更されていません。

なお、本件については、テクニカルサポート内でもシステムとの連携を取り仕切る部署と思われるテクニカルサポートエグゼクティブセラーリレーションズというところから、9月の時点でシステム部署と調整の上解決を図るとお約束いただいてます。

そのことを毎月電話やメールでお伝えして、お約束いただいたのに変わってないと指摘しても、必ず担当部署に行ったが最後もみ消されてしまうのです。

その他にも、アカウントスペシャリストに対しても同等です。

当方が規約違反と言われたことがありまして、同様の行為を行っている他出品者が大量にいることをテクニカルサポートに連絡しても、同様に「おっしゃる通り」と言われ、転送がかかるのですが、肝心のアカウントスペシャリストでもみ消されて、いつまで経っても同様の行為を行っている他出品者に制裁が降りません。

この話をテクニカルサポートにしたら「Amazon内は部署間連携ができにくくなっている。各部署間で電話連絡はできなくなっているし、進捗確認も社内ルールでできなくなっている。該当部署が実は同じオフィスになく、どこにあるのかもわからない。結果、他部署が関わる案件については転送するしかないという形になっている」と言われます。

なお、この話は一般社員ではなく、テクニカルサポートを取り仕切っていると思われる「上席」というポジションの方からも聞いています。

「上席の役職権限を使って他部署連携を強めて交渉できないのか」と聞いたりもしましたが、それもできないと必ず言われます。

以上がAmazonが超縦割りだと言える所以です。

参考になりましたら幸いです。

2016/01/17 13:59にアクセルによって編集されました

2016/01/17 14:00にアクセルによって編集されました


(123456789) #13

私も不思議に思っていました。
20%程度、安くしてもカートが取れないので諦めて値上げしました

ライバルはFBAです
なんだろう???

--------------追記

計算したら 18.4%ですね

2016/01/15 18:54に123456789によって編集されました


(クラスナヤズベズダ) #14

商材が何なのか、女の腐ったのみたいにウジウジお茶に濁した言い方してないで、ハッキリ明言してもらわないと、質問があいまい過ぎて答えようがありません。
国内新品CD、DVDなのか、国内中古CD、DVDなのか、
国内新品書籍なのか、国内中古書籍なのか、
国内新品家電なのか、国内中古家電なのか、
ビンテージ輸入家電、雑貨なのか、
欧米輸入雑貨なのか、中国輸入雑貨なのか。

まあ、マケプレ=負けプア と良く言われる通り、相乗りする事しか考えていないと、常に新しい商品を市場に新規登録するフロンティアパイオニアチャレンジャーには永久に勝てません。

2016/01/19 8:43にクラスナヤズベズダによって編集されました


(まんだん) #15

すごくリタイムリーな話題でした。
皆さんのお話し、非常に参考になります。

私は月商400万程度のFBAセラーです。
本件について私も先日、サポートセンターへ連絡したところです。
(回答としては「複数の条件で自動決定されているため、回答できかねる」というもの)

私の場合、1/10あたりを境に、カート取得率が0%になったり
100%近くまであがったりした商品が複数あります。

FBA出品で最安値、価格、ライバルセラーさん数の変動なし状態で
突然、カート取得率がかわりました。

また、カート取得率100%だった商品が
ある日を境に0%になることもでてきました。
※価格、ライバルセラー変動なし

ライバルセラーさんの在庫数もチェックしていますが
全く売れなくなった方、メチャクチャ売れるようになった方が混ざっています。

売れるようになったセラーになればいいだけかと思っていましたが
突然100→0%になる場合もあるので、仕入れの数を予測することが出来ず
不良在庫の山になる事もあると思います。

これだと販売予測ができないので、アマゾン撤退か、挑戦して大儲けか
不良在庫かかえて首くくるか、みたいな博打になりますね。

ただ、私の場合は、取得率0%になった商品の価格を
他のセラーよりも3%以上下げたところ、カートが取得できました。
→ つまり、カートが絶対に取得できないわけではない
→ 価格さえ、他より下げれば取得できる

このことから、現在の状態から起こることを予想すると
1. 同条件で出しても、非常に売れるセラーA、売れないセラーB、にクッキリ別れる
2. 売れないセラーBは在庫を処分しないといけないので、価格を下げる
3. セラーAは売れなくなるので、追随して、価格を下げる
4. 1.に戻り、価格競争が発生して、どちらかが赤字撤退するまでループ

以前のように100個を50個ずつ2つのセラーで売るのではなく
100個売るセラー、0個売るセラーに分けられるようなシステムでしょうか。
→ 1個でも売りたければ、他よりも価格を下げないといけないアルゴリズム

とにかく販売予測が出来ないのが非常にきついですね。
Amazon側からの回答が欲しいです。。。


(BodyLike) #16

6割以下っていうのは尋常じゃない下がり方ですね!
私も主力商品がさばけなくなり困っています。

そして急に100%になった商品はどんどん在庫を入れないといけないですし
逆に今は100%だったのに、
大量に在庫を入れた後に急に0%にされたらたまったもんじゃない!
と思ってしまい
気持ちよく大量に在庫を持つことができません。
本当に在庫管理がやりにくくなりました。

私もアマゾンに本腰を入れようとしていたところです。
この一件で脱落者はたくさん出てくると思います。
粘りずよく頑張ったらまた売れるようになるかもしれませんし
このまま頑張ってもどんどん状況は悪化していくかもしれませんね。
本当に本当に一時的な現象であってほしいものです。

私もテクニカルサポートへ問い合わせしてみます!!


(セレクトショップ) #17

最近は新規参入者が増え値下げ合戦でとうとう赤字商品まで出始めヤバイ状況です。
カート獲得率もさることながら自作のカタログなのに検索にすらかからない商品も増えていちいち
確認しないといけなくなり余計な作業が増えました。
カート獲得率も大事ですがPCとアプリでは検索の見え方が
違うので各それぞれのブラウザで確認した方がいいですよ
PCでは見つかるのにアプリでは一覧すら出ない
逆もありどうなっているのか不明です。
全般では出ないカテゴリから設定してやらないと見つからない商品も多々あります。
タグを入れたりタイトルにスペース入れたりしても
無駄なケースは一度カタログ消して作り直ししたり工夫するしかなさそうです。

因みにカート獲得率は後から相乗り
小口であろう新規出品者にも負けまくりです。
評価も数千もあり98~100%保っているのに
体感的にカート獲得率20%以下です(泣)
試しに1品をかなり安く設定してもカート獲得にはならなかったので
評価と金額だけの関係ではなさそうです。
もっと悲惨なのは自作のカタログなのに『出品者からお求めいただけます。』となり
1人だけの出品なのにカートすら無い場合もたまにあります。
下の方にある『この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています』には
金額すら表示されなくなりましたのでサムネをクリックしないと確認できません
今年に入ってからの改悪で売り上げが酷いです。

2016/01/18 3:56に超低所得者によって編集されました


(二葉亭4迷) #18

大変参考になりました。

というよりああやっぱりと腑に落ちました。

何を言っても何回掛け合ってもどれほど時間をかけようが一切改善されないわけがよくわかりました。
転送された時点で無意味なんですから当たり前ですね。
得られる情報から推察する限りこのシステムを構築したのはかなり上層部でシステム面を熟知した上で故意にこのシステムを運用してますね。
責任逃れを兼ね組織下部に情報を与えずヘイトを末端で止めるようにしてますし完全に悪意でやってます。
おまけに改善意思なし。現場がおかしいと思っても改善できないようにしてあるのが本当に陰湿ですね。
企業らしいと言えば企業らしい極めて真っ当なブラックですが。

カート獲得率も元は一円差でのカート獲得対策で始めた物かと思っていましたができるのものと出来ない物の差が不明な上、ここで出ている意見が本当であると仮定しても再現できないもしくは確認できない物も多々ありカテゴリーによってどころか商品単位で適応ルールが違う可能性すらあるように感じます。

カテゴリーごとの詳細が出ればもう少し判断材料になりますが各人自分が販売しているカテゴリーに関して他人が有利になる情報出すわけないですし言わない人の方がまだ誠実ですね。
ここの発言に何の責任もないことをいいことに営業妨害目的で嘘ついているのも相当数いるでしょうしamazonに不都合な内容なだけに常々amazonから何らかの利益供与を条件に好意的に書いている人間が指示されて嘘も混ぜるしまあ玉石混合。
自分で試して自分で判断するほかありませんね。

特定の人間しか取れないという記載が目立ちますし値下げではとれないというのも目立ちますしルールとは別にamazon側で選別した人間が優先もしくは取れないようにしたのでは?

ヤフオクの手数料値上げも相まり程度の低い新規流入対策としてamazon自身の信用低下を防ぐために導入したのではという面もあるかもしれませんが、要はamazon側の選別で従順で利益になる奴隷優先して利益追求になったという事のような気がします。

元々大手の規約違反なんかは黙認している所がありましたし十分な販売者は確保したとみて今後は量より販売者の質重視に移行したと見る方がいいかもしれません。近年ヨドバシに顧客満足度で差つけられその対策と考えれば一致します。

選別もとい差別で輪から外れたなら独自の生き残りの策が必要になりますね。


(123456789) #19

>ここの発言に何の責任もないことをいいことに営業妨害目的で嘘ついているのも相当数いるでしょう

本当に無知ですね

>近年ヨドバシに顧客満足度で差つけられその対策と考えれば一致します

これに関しては 確かに可能性あり と思いましたけどね


(sellerA) #20

既に出ている内容の重複になりますが、
カート取得が一部の出品者に偏っている現象が顕著なように感じます。

最安値FBAで5,6人いる商品において、
自分の商品がカートを半日以上売り切れるまで独占し続けている現象もありました。
その商品においてはラッキーですが、商売全体的なことを考えると少し不気味です。

カート取得のアルゴリズムが非公開である以上、明確な問題とされるまでに
時間がかかると思いますが、非常に気になるトピックです。
地道に皆様異変を感じるセラーから声をテクサポに上げていくよりないと感じます。